Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2007-09

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2007/09/01(土)

[ Gourmet ]

サワラの味噌漬け

 だらだらしている内に9月になってしまった。まだまだ残暑だが,気分は今日から秋。

   写真:鰆の味噌漬け@竹宗

 今日の晩酌は我孫子の「
炭火焼処 竹宗」で焼き魚。好物の「鰆の味噌漬け」。結構大きくてビックリ。味噌の香りはほとんどせず,ほんのりと甘い。とりあえずのビール「サッポロクラシック」の後,土佐の司牡丹の「船中八策」を冷やで2杯。今日は途中で酔っ払ってしまった。ほんと酒に弱くなったなぁ。

 飲みながら読んでいた週刊マンガ雑誌「モーニング」の今週号。「Ns’あおい」に最悪なDV男が登場。政治家の息子で秘書という役柄。なんか昔,首相をやっていたDV男「コイズミ某」を思い出した。まあ,元首相・コイズミ某は,DVで嫁さんに逃げられる以前から,さんざんの悪事を働いていたらしいが。学生時代にはレイプで逮捕されたが,元防衛庁長官の父親に留学と称して海外に逃げさせて貰ったとか。代議士になってからの再犯もあるとか。ネットで探せばもっと色々な悪事が暴露されている。最低の人間のクズだね,コイズミ某。

2007/09/02(日)

[ Gourmet ]

今日は天ざるでちょっと一杯

 昨日一昨日と飲み過ぎて日記をサボってしまった。で,31・1・2日と3日分まとめて書く。

   写真:天ざる@妙幸庵 写真:天ざる@妙幸庵

 って,最近は「今日何食べたか」日記になってるなぁ。というわけで,今日の晩酌は「天ざる」でちょっと一杯。いつもの蕎麦屋「
妙幸庵」でいただく。ここの天ぷらは塩でいただくのだが,確かに衣がほろっと揚がっていて,天つゆでは崩れてしまうだろうなぁ,という感じ。大葉・海苔・海老2尾をアテに,菊正宗の「生貯蔵酒」をいただく。海老天が旨い。で,最後にザルソバで〆る。

2007/09/03(月)

[ Gourmet ]

ぼたん海老を5尾

 今日も残暑が厳しい。が,気分は秋,だよなぁ。少なくとも食べ物は旬をいただきたい。と,今日はスズキあたりを食べようかと,いつもの「竹宗」へ出かける。

   写真:ぼたん海老@竹宗

 顔を見るなり竹宗が,「メニューに載せていないけど,ぼたん海老があるよ」と。冷凍物だけど,いけるので安くしておくよ,と誘惑される。で,ぼたん海老5尾をいただく。握りを2貫で,あとは刺身。結構甘い。活ほどではないが,酒(土佐の司牡丹の「船中八策」)が進む。ちょっとピッチが速くていい加減に酔っ払ったみたいだ。

2007/09/04(火)

[ Gourmet ]

パリパリチキンスープカレー@ココイチ

 
カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)が,11月末までの期間限定で,またスープカレーを始めた(以前の記事→2006/04/012006/06/272006/12/02)。ホームページを見てみると,今回は単なるスープカレーではなく,「パリパリチキン」「イカ」「ソーセージ」と種類がある。で,駅前のココイチまで食べに出かける。
 テーブルに座ってメニューを見てみると,ホームページの3種類は例で,ベースとなるスープカレーがあって,様々な普段のカレーのトッピングも入れられるらしい。で,ベースのスープカレー600円に「パリパリチキン」250円のトッピングを加える。これがメニューの表紙になっていてオススメらしい。「パリパリチキンスープカレー」(931kcal)850円。辛さとご飯の量は標準でいく。

   写真:パリパリチキンスープカレー@ココイチ 写真:パリパリチキンスープカレー@ココイチ

 ご飯の量は少なく感じる。スープカレーの標準は200gで,他のカレーの標準300gより少ない。が,食べてみると,スープカレーにボリュームがあるのでまあ適当というところ。箸がついてきたが,使わなかった。茶碗を持って,おかずをつまむ様にも食べれると言うことか。
 まずはスープを飲む。辛くはない。あとで「とび辛スパイス」を多めに入れたらほどよい辛さになった。ココイチの「1辛」「2辛」というのは,油で練ったこの「とび辛スパイス」を定量追加するだけだそうだ。スープカレーなら,この「とび辛スパイス」を入れてからかき混ぜることができるので,わざわざ有料の「?辛」にする必要もない。
 「パリパリチキン」をご飯のおかずに食べてみる。表面固めだが,たいした食感でもない。以前のスープカレーに入っていたチキンとは確かに別物だが,味的に旨くなったということもない。まあそれなりにいけるけど。
 スープカレーの具は,じゃがいも・人参・なす・オクラにゆで卵が半分。他に玉ねぎも入っているそうだが,カレーの常として溶け込んでいる。まあほどよく野菜が摂れていいかなぁ。それぞれそんなに悪い味ではない。が,チキンが「トッピング」になって量多めな分,他の具は以前のスープカレーより心持ち控えめな感じ。
 ココイチのスープカレーなんだから,専門店と比べるのもせん無いこと。「とび辛スパイス」を適度に入れていただくと,それなりに美味しくいただける。パリパリチキンが追加トッピングなので量的に多めなのもいいか。11月まで,また機会があれば食べてみようと思う。

2007/09/05(水)

[ Gourmet ]

おまかせ海鮮丼/ブリトー

 昼に時間があったので,外出ランチ。竹宗で「おまかせ海鮮丼」をいただく。味噌汁・小鉢・香の物に食後のドリンクがついて1000円。

   写真:おまかせ海鮮丼@竹宗 写真:おまかせ海鮮丼@竹宗

 今日の刺身は,よこわ・いか・いくら・しめ鯖・あじ・鳥貝・その他。よこわが,適度な脂で柔らかく,中トロみたいで旨かった。アジも良かったなぁ。独特の後味が口に残って,また食べたくなる。

 昼間の残暑がこたえたのか,夕食時になってもどうも食欲がわかない。昼間はがっつり刺身を食べたしいいか,とビールとセブンイレブンのスナックですませる。

   写真:ブリトー(ハムチーズ)@セブンイレブン

 ブリトー(ハムチーズ)@セブンイレブン(210円)。「ブリトー」(または,ブリート)というのは,トルティーヤで具を巻いたメキシコ料理。レンジでチンして,サンドイッチ代わりにときどき食べる。この「ハムチーズ」は,お気に入りなのだが,ちょっとあっさりし過ぎて物足りないところがある。チリソースなどでいただけばもっと美味しいかも。

2007/09/06(木)

[ Gourmet ]

ねぎ焼き

 東の方には台風が来ているらしいが,大阪はたいした影響なし。風もフツーだし,午後に通り雨があった程度。通り雨の後は,涼しくなってしのぎやすくなった。
 さて木曜日ということで,恒例の「粉もんの日」。大阪人としては時々「粉もん」(お好み焼き・タコヤキなどの小麦粉料理)を食べないと無性に口が寂しい。本屋に寄って週刊漫画誌「モーニング」を買ってから,あびこ駅南口のお好み焼き屋「七つの壁」(
ぐるなび)へ行く。

   写真:ねぎ焼き(焼き始め)@七つの壁 写真:ねぎ焼き(出来上がり)@七つの壁

 今日はビールに良く合うメニュー,ねぎ焼き(820円)。スタッフが,クレープ状に焼いた生地の上に葱たっぷりの具を乗っける。具は「ねぎ・コンニャク・すじ・しめじ・キャベツ」。適度に火が通ったところで,追加の生地をかけてひっくり返す。で,しばらく焼いて出来上がり。「ポン酢・醤油・ソース」から選べる味付けは,「ポン酢」を選ぶ。
 追加のポン酢を少しかけながら,いただく。適度な粉もん感と,火の通った葱の軽い苦味とで,ビールが進む。

2007/09/07(金)

[ Gourmet ]

「ジンギスカンふらの」でタン塩

 ツレが「ジンギスカンが食べたい!」と言う。で,去年行った心斎橋は三津寺(みってら)の「ジンギスカンふらの」(
ぐるなび)へ行く(06/03/14)。旭川ラーメン「山頭火」の系列らしい。
 席について,とりあえずドリンクは「生」とウーロン茶。で,グランドメニューとは別に手書きのメニューがあった。タン塩とかユッケとか(もちろん羊)。で,オーダーは,「タン塩」「生ラム(野菜付)」「漬け込み熟成(野菜付)」。まあ足りなければ後で追加ということで。

   写真:ジンギスカン鍋@ジンギスカンふらの 写真:タン塩@ジンギスカンふらの

 テーブルの上に七輪に乗ったジンギスカン鍋が運ばれてくる。すでに野菜がセットされている(上の写真左)。今日はあまり忙しくなかったようで,スタッフが何回も脂や野菜の面倒を見てくれた。で,最初に運ばれてきたのは「タン塩」(写真右)。スタッフが「タン塩は初めてですか?」と確認して,一枚見本に焼いてくれる。軽く両面を炙るだけ。生ラムのタン塩なぞ初めてだが,こりこりとしている。見かけホルモン風だが,味わいが深い。羊の舌だから牛よりだいぶ小ぶり。絞ったレモンでいただく。

   写真:生ラム@ジンギスカンふらの 写真:漬け込み熟成@ジンギスカンふらの

 「タン塩」を食べ終わったのを確認して,「生ラム」(写真左)と「漬け込み熟成」(写真右)が運ばれてくる。「生ラム」は去年より厚切りのような気がする。これも両面を軽く炙ってレアでいただく。タレが「ベル食品のジンギスカンだれ」のように濃くて,なかなかよろしい。「漬け込み熟成」は,またちょっと味わいが違ってこれもいい。
 連れがメニューを見て,「ラムネ」が飲みたいと言う。ちょっと小ぶりの瓶だったが,確かにラムネの味。私のほうは生ビールを追加。

   写真:あと麺@ジンギスカンふらの 写真:あと麺@ジンギスカンふらの

 〆に「あと麺」。「山頭火」の系列だからとちょっと期待する。テーブルを片付けて運ばれてきた。「すぐ伸びるので手早く食べて下さい」とのこと。ジンギスカンのタレを麺の茹で汁で割ってくれる。で,つけ麺のようにいただく。うーん,固い。いけますねぇ。バリ固の縮れ麺とジンギスカンのタレが良く合う。中国人のツレは「固い麺がにがて」と言うので,残りを片付けて満足。
 勘定は,「ぐるなび」のクーポンで10%オフになって,二人で4,185円。

2007/09/08(土)

[ Gourmet ]

茶卵(茶蛋)

   写真:茶卵(茶蛋)

 中国人のツレのお母さんが作ってくれた「茶卵」。中国・台湾ではわりとポピュラーなモノらしい。ゆで卵にヒビを入れて漬け込むものらしい。卵臭さが減って,ほんのりお茶の香りがする。塩をつけなくても食べられた。酒の肴にいただく。

 火曜日のプイプイ(毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」)の「どないなん?」のコーナーでロザンが紹介していたネタ。岐阜県の各務原市が,今キムチで町おこしをやっているそうだ。で,「各務原」の読み方。学生時代にバイトで岐阜大農学部へ行ったことがあるが,当時からずっと「かがみはら」だと思っていた。が,番組では「かかみがはら」と読むとのこと。へぇ,とWikipediaで見てみた。市役所は「かかみがはら」を正式名称としているとのこと。が,地元では「かがみはら」「かかみはら」「かがみがはら」のいずれも使われているそうだ。「日本」の読みが「にほん」「にっぽん」で統一されていないのと一緒か? そういえば番組でも,ロザン・宇治原が「かがみがはら」と言っているのに,地元の人は「かがみはら」と言っているように聞こえた。

 もう一つ「プイプイ」ネタ。昨日金曜日の「☆印」で,一人飯の話。宗右衛門町に博多ラーメン「
一蘭」道頓堀店が出来たとのこと。カウンターが一人ずつ区切ってあってラーメンに集中できるようになっているそうだ。西靖アナが食べに行っていたが,クセのない豚骨スープでなかなかいけるらしい。食券制で基本はラーメン一種類のみ。オーダー用紙に麺の固さなど希望に丸印をつけて注文していた。ドンキホーテの東・太左衛門橋よりで,道頓堀川側に入り口があるそうだ。

2007/09/09(日)

[ Gourmet ]

すずきの味噌漬け

 夜遅くになって降り出す。大阪市域は「雷注意報」が出ているよう。

   写真:すずきの味噌漬け

 今晩の晩酌のアテは「すずきの味噌漬け」。焼き魚。ほっくりとした身,ほのかな甘みがある。皮がなかなか美味しい。

 阪神タイガースは,10連勝で首位固め。巨人3たて。最下位12ゲーム差からの「メークドラマ」だね。それにしてもいつものことなのだが,「讀賣テレビ」。なにしてんの? とってとられてのいいゲームを途中でぶちぎる。神戸のサンテレビなら最後まで中継するよ。よう中継せんのなら,他局に放映権を渡しなさい。「讀賣」と名のつくところは,どこもかしこもどうしようもないクズだねぇ。

2007/09/10(月)

[ Gourmet ]

おまかせ海鮮丼・ししゃも

 前線が南東へと通り過ぎる。大阪は,北側の気団に入ったようで,涼しい一日。重陽の節句を過ぎて,やっと秋めいてくる。

   写真:おまかせ海鮮丼@竹宗 写真:おまかせ海鮮丼@竹宗

 今日の外出ランチ。「竹宗」の「おまかせ海鮮丼」。味噌汁・小鉢・香の物に食後のドリンクが付いて1000円。今日の刺身は,さより・はも・サーモン・ひらめ・いくら・いか・ネギトロ。なかなかに食べ応えあり。小鉢は,ゴーヤのおひたし。ちょっと苦いなぁ。

 ランチを食べていると,今日は本物のシシャモを仕入れるからと竹宗が言う。で,晩酌に食べに行きました。

   写真:突き出し@竹宗 写真:ししゃも@竹宗

 とりあえずの突き出しは「松茸+豆腐」。松茸はこの秋,初めてだなぁ。
 で,「ししゃも」。北海道は広尾町産。最近は「樺太ししゃも」が「キャペリン」とか呼ばれて「偽シシャモ」として差別されているけれど,アレはアレで美味しい。でも,本物の北海道産のシシャモと言われると,やっぱり食べてみたくなる。で,いただきました。うーん,キャペリンより小ぶりかなぁ。味は柔らかい。子持ちだが,卵にえぐみもない。これが本来のシシャモなんだね。

2007/09/11(火)

[ Gourmet ]

牡蠣鍋

 秋雨前線が南海上から戻ってきたようで,夜から雨。結構強く降る。
 傘を差して晩酌に出かける。昨日「ビッグコミック」を途中までしか読めなかったので,竹宗で飲みながら続きを読む。竹宗が「かき鍋」を勧める。まだちょっと早いんじゃないかなぁと思うが,竹宗が勧めるので,まあSeptemberなら「R」が付く月だしと,今夜のアテは牡蠣鍋。

   写真:牡蠣鍋@竹宗 写真:牡蠣鍋@竹宗

 野菜たっぷりの味噌だし。牡蠣はまだプリプリとまではいかない。能登産だそうだ。一人鍋。電気保温プレートの上に乗っけられて,鍋がいつまでも温かい。味噌だしが旨い。春雨(マロニー?)も,もっちりとして旨かった。

   写真:牡蠣鍋@竹宗 写真:牡蠣鍋@竹宗

 〆に,残ったダシにうどんを入れて貰う。牡蠣風味の味噌煮込み卵とじうどんと相成る。今日は「サッポロクラシック」に「船中八策」1合と健康的に切り上げた。

2007/09/12(水)

[ News ]

稀代の無責任男

 あの「おぼっちゃま」アベシンゾーが辞任するとか。天気予報を見ようと,「ちちんぷいぷい」の録画を再生した途端,あの験の悪い顔が画面一杯に。何事かと思ったよ。死相のただよう顔。ちょうど2時から記者会見したんだよね。
 報道では,国会を召集して,所信表明もやった直後というタイミングは考えれないと,さんざんに叩かれている。いわく「オザワさんがいじめるから,ボクちゃんやめるもん」だそうだ。TVでは「国会議員という前に,人間として失格」なんてご意見も。
 いやぁ,私的には,アベシンゾーには辞めて欲しくないですね。首相のまま,追い詰められて国会解散→総選挙惨敗で,「自民党をぶっつぶす」のを期待していたんですが。
 ところで,第一報を聞いて,てっきりスキャンダルが報道されると言う情報が入ったので観念したのかと反射的に思った。そうするとTVでこんな情報が。どうも週刊誌が,アベシンゾーの相続税の脱税疑惑を追っかけていたとか。辞任てことは「脱税」は本当なの?って思ってしまう。
 このニュースで,久しぶりに「ニュース23」を見た。見ると,三澤肇キャスター,メインを張っているじゃないの。いいねぇ。「三澤肇のNews23」。的確な番組運びで安心して見ていられる。信頼感もある。このまま三澤さんメインでやって下さい。

 またシンドラーかよ。って,堺の方でまたシンドラーのエレベータが事故を起こしたとかいうニュース。落下事故だが,今回は幸い死者は出なかったそうだ。安かろう悪かろう,のシンドラー製エレベータ。嘘ばっかりで作られた映画「シンドラーのリスト」のオスカー・シンドラーも,真実の姿はナチスに追われたユダヤ人を弱みに付け込んでこき使うという悪辣な男だったが,そのシンドラーの親戚が作ったという「シンドラー社」も,儲かりさえすれば人の命なんかどうでもいいという,ほんと最悪な会社だねぇ。

   写真:から揚げ定食@妙幸庵 写真:から揚げ@妙幸庵

 今日の夕食は,近所の蕎麦屋「妙幸庵」で,「から揚げ定食」800円。ミニ蕎麦付き。柔らかくてもっちりした歯応えの鶏のから揚げに,レモンを絞り,塩をつけていただく。白ご飯が進む。がっつり食べたいときに選ぶメニュー。

2007/09/13(木)

[ Gourmet ]

照焼チキンエッグサンド/豚そば・でかでか

 夕方,暗くなるのがだんだん早くなって来た。まだまだ暑いが,真夏を考えればだいぶマシになって来ている。秋だなぁ。
 毎日,朝食はコンビニのサンドイッチと伊藤園の「充実野菜」のセットで済ませている。が,食べてみたところ,どうもセブンイレブンよりローソンの方が,サンドイッチは旨い。コンビニ弁当は地元の業者が作っていて,地域ごとに品揃えが違うらしいが,サンドイッチも地域ごとの商品か?

   写真:照焼チキンエッグサンド@ローソン

 で,最近お気に入りのローソンのサンドイッチ「照焼チキンエッグサンド」265円。あまり照焼チキンの味は強くないが,卵を食べるときのソース代わりにはなる。ローソンのサンドイッチは,パンがもっちりしていて旨い。このサンドでは,それが具とちょうどいい具合に合っている。

   写真:豚そば・でかでか@七つの壁

 木曜日なので,例によって週刊漫画誌「モーニング」を買って,駅南口のお好み焼き屋「七つの壁」へ出かける。生ビールを飲みながらマンガを読む。今日は「麺」な気分だったので,「豚そば・でかでか」(豚入り焼きそば大盛り)900円。花かつおと好物の青海苔をかけていただく。麺を頬張ると食欲を満たされる充実感あり。

2007/09/14(金)

[ Gourmet ]

ネパール料理2度目

 ツレが風邪気味で食欲がないと言う。で,この前(
8月14日)美味しかった心斎橋のネパール料理の店「ヤク&イエティ」(グルメウォーカー)へ行く。
 小さなお店だが,半分埋まっていた。私たちの後からもお客さん。結構流行っている。とりあえずドリンクを注文してから,メニューをじっくり見る。カタカナのネパール名の下にそれぞれ説明がある。この前はコースを頼んだが,今日はツレがそんなに食べられそうにないので,無難にこの前美味しかったメニューをアラカルトで頼む。

   写真:エベレストビール@ヤク&イエティ 写真:モモ@ヤク&イエティ

 上の写真左は「エベレストビール」。この前は品切れだったが今日は飲めた。癖のない味。ツレはいつものウーロン茶。で,写真右「モモ」。これが美味しい。ネパールの餃子ということだが,スープが少し入っているので,カレー味の小籠包と言った感じ。単品で頼むとコースより2個多い。真ん中のソースはヨーグルトかなぁ? 辛味はない。

   写真:チキンチリ@ヤク&イエティ 写真:チャン@ヤク&イエティ

 写真左は「チキンチリ」。ちょっとピリ辛。ツレは「辛くない」と言う。ピーマンとか玉ねぎが入っているので野菜が取れる。ウーロン茶のなくなったツレが「カシスオレンジ」と言うので,私は「チャン」を追加(写真右)。どぶろく風の白い酒。あっさりと飲みやすい。ネットで調べると米の酒らしい。

   写真:パラックパニールコタルカリ@ヤク&イエティ 写真:ガーリックナン@ヤク&イエティ

 で,カレーは「ホウレン草とカッテージチーズのカレー」。入っているお肉がとろとろで美味しい。ナンは「ガーリックナン」を選んだ。焼きたてあつあつでもっちり系。
 勘定は,グルメウォーカーのクーポンで10%オフになって,二人で4,819円。

2007/09/15(土)

[ Gourmet ]

目玉焼き/ししゃも

 ネットで見かけた話題。目玉焼きには,醤油をかけるか,ソースをかけるか,はたまた塩か,などという議論があるらしい。うーん,自分はどうなのかなぁ。朝食が和定食なら醤油をかけるような気がする。ハンバーグの付け合わせならソースをかける。塩や胡椒やケチャップ,マヨネーズなんてのは記憶にないなぁ。特にこだわりはない。っていうか,目玉焼きよりもスクランブルエッグの方がだんぜん好きだし。

 宵も更けて晩酌に出かける。今夜は遅くになっても蒸し暑い。

   写真:ししゃも(北海道・広尾町産)@竹宗

 晩酌のアテは,ししゃも。北海道・広尾産の本物。竹宗の定番メニューではないので,いつ「本日のメニュー」からなくなるか分からない。で,食べられるときに食べておく。あっさりとしてほのかな甘み。旨い。

2007/09/16(日)

[ Gourmet ]

よこわの刺身

 例によって日が暮れて遅くに飲みに出かける。今晩は昨晩ほど蒸し暑くない。

   写真:自家製鶏ハム@竹宗 写真:ヨコワの刺身@竹宗

 竹宗で,突き出しは「自家製鶏ハム」。これは好物。で,アテは「ヨコワ(クロマグロの幼魚)」の刺身。竹宗が「背の方がいいか?腹の方がいいか?」と聞くので,脂の乗った腹の方を捌いて貰う。かすかに独特の臭みがあるが,柔らかく,まんべんなく脂の乗った身。とりあえずのビール「サッポロクラシック」の後,土佐の司牡丹の酒「船中八策」に切り替えていただく。冷酒2杯といつものペースだが,一杯目辺りでもう酔いがまわってきた。ちょっと連日続けて飲み過ぎたか。

 昨日から休日だが,夕方まで寝ていて出かけるのも面倒。で,VAIOのHDDに溜まった「ちちんぷいぷい」(毎日放送の情報番組)の録画を見て過ごす。
 で,月曜日の「ぷいぷい物産」。毎日放送の美人アナウンサー(新婚)の八木早希アナが,京都は舞鶴まで焼肉を食べに行っていた。「八島丹山(やしまにやま)」というお店。秘伝のタレでいただく焼肉が絶品とのこと。京都の釣鐘屋に作らせたというジンギスカン鍋のような特注の鍋で焼く。で,メインは最後の〆の「ホルモンうどん」。焼きうどん風で旨そう。お取り寄せできるとのことだが,やはり現地で食べたいなぁ。(→
今日の問い合わせ先
 続けて火曜日の同じく「ぶいぷい物産」。河田アナが京都の錦市場の「新店舗」を巡っていた。豆腐のフルコースやら和風メイドカフェやらお米屋さんのお結びやら。こちらも行ってみたい気にさせる。(→今日の問合せ先

2007/09/17(月)

[ Gourmet ]

ちく玉天ぶっかけうどん@セブンイレブン

 今日の夜食。セブンイレブンの「ちく玉天ぶっかけうどん」395円。

   写真:ちく玉天ぶっかけうどん@セブンイレブン

 「ちく玉天ぶっかけ」といえば,大阪讃岐うどんの定番らしい。名前だけは聞くので一度食べてみたかった。

   写真:ちく玉天ぶっかけうどん@セブンイレブン 写真:ちく玉天ぶっかけうどん@セブンイレブン

 冷たいうどん。麺の上にスープをかけてから麺をほぐす。で,ちくわ天・玉子天と具材を乗せて,大根おろし・青ネギと薬味をかけて,最後に「すだち」を絞る。で,いただく。
 麺は,コンビニのうどんとしてはまあまあ。それなりの腰もある。が,ちくわ天は,衣も中の竹輪もぼそぼそ。いただけないなぁ。玉子天の方は,中の卵は半熟でいい感じなのだが,衣が固くてもそもそしている。うーん,全体として平均点以下かなぁ。
    *
 先週火曜日のプイプイ(毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」)。番組の最後に韓国のアイドルグループ「SS501(ダブルエスゴーマルイチ)」が生ゲストで登場。確か去年,同じく生ゲストで来たときは,「501」を朝鮮語読みで「オーゴンイル」と紹介していたが,今回は日本語読みで「ゴーマルイチ」。5人のメンバーも日本語を勉強したようで,通訳が一応付いていたが,それは無視して,日本語で会話が成立していた。大阪弁も勉強したよう。好感度UPだね。

2007/09/18(火)

[ Misc ]

脚気

 この前,ツレ(中国人)が,武田の「アリナミンA」の説明書きを読んでいて,いきなり3番を見ろと言う。見ると効能の3番目に「脚気」(かっけ)とある。確かアリナミンはもともと脚気の特効薬として開発されたはずだから,何の不思議もないよなぁ。ところが,ツレは「これは水虫(みずむし)に効くのか?」と聞く。中国語では「脚気」は「水虫(みずむし)」のことだと言う。そのときは,膝の下を叩いて,「脚気(かっけ)」だよと説明したら納得していた。
 で,後でネットで調べてみた。中国語の「脚気」には,「水虫(みずむし)」と「脚気(かっけ)」の二つの意味があるらしい。「水虫(みずむし)」は,日本語では「足白癬」というのが正式名称らしいが,中国語では「足癬」「脚癬」「脚気」「香港脚」というらしい。で,「脚気(かっけ)」は,中国語では「脚気病」だとか。
 日本語と中国語のよく使う漢字(熟語)で,意味が違うと言うのは結構あるらしいので,注意しなければならないなぁ。
    *
 残暑がぶり返したのか,暑い。最近低くなっていた職場の室内温度が34度まで上がる。

   写真:から揚げ定食@妙幸庵

 さて夕飯。なんか麺も食べたい。米の飯も食べたい。で,近所の蕎麦処「妙幸庵」で,「から揚げ定食」800円,ミニ蕎麦付き。先週も食べたばかりだなぁ。まあ好物。先にワカメ入りの蕎麦をいただく。で,から揚げでご飯。鶏肉がジューシーで旨い。ここは揚げ物には「塩」が付いてくるのだが,かすかに旨みがある。「食塩」ではないよう。

2007/09/19(水)

[ Gourmet ]

おまかせ海鮮丼/血糖値

 今日も今日とて大阪は暑い。彼岸に空気が入れ替わるまではこのままとの天気予報。
 昼間,時間があったので「竹宗」へランチに出かける。

   写真:おまかせ海鮮丼@竹宗 写真:おまかせ海鮮丼@竹宗

 おまかせ海鮮丼。味噌汁・小鉢・香の物に食後のドリンクが付いて1000円。今日の刺身は,まぐろ・サーモン・ひらめ・イカ・タコ・イクラ・はまち・ねぎとろ。なんか,ボリュームがあって,お刺身でお腹一杯になる。

 この前の集団検診で,血糖値が高いと出た。で,肩こりの持病でかかりつけのいつものお医者さんで精密検査して貰った。今日,検査の結果が出たが,ドクターいわく「普通の人より数値が低い。これで糖尿病であるはずがない」との事。

 まあ,検診の結果がOKということで,安心して飲みに出かける。

   写真:ししゃも@竹宗

 いつもの「竹宗」で,いつもの晩酌。今日のアテも,北海道は広尾産の「ししゃも」。これが美味しいんだよね。

2007/09/20(木)

[ Gourmet ]

また豚モダン

 東日本ではもう涼しくなっているそうだが,大阪は真夏と変わらない暑さ(と天気予報で言っていた)。太平洋高気圧がどっしりと日本上空を覆っているそうだ。もう彼岸の入りだよねぇ。
 いつもの木曜日の習慣で,本屋へ寄って週刊漫画誌「モーニング」を買ってから,「粉もん」を食べに駅南口の「七つの壁」へ行く。

   写真:豚モダン(焼き始め)@七つの壁 写真:豚モダン(出来上がり)@七つの壁

 で,今日は「豚モダン」(豚肉・ソバ入りお好み焼き)。結構好物で時々食べたくなる。辛子・マヨネーズ・ソースを塗った上に,花カツオと青海苔をかけていただく。モダン焼きは食べでがある。が,満腹になって眠くなるのが欠点か。

2007/09/21(金)

[ Gourmet ]

懐石料理

 歓送迎会を兼ねた職場の宴会。市内某所にて懐石料理をいただく。

   写真:先付け@懐石料理 写真:椀@懐石料理
   写真:八寸@懐石料理 写真:焼肴@懐石料理

 さすが日本料理らしく,見た目にも気を使っているね。最初の写真は「先付け」だが,季節らしく「月見」をかたどっている。海老でウサギなど芸が細かい。久しぶりの懐石で,珍しい味や普段食べないものを食べれた。たまにはいいなぁ。

2007/09/22(土)

[ Gourmet ]

トルコ料理「ナザール」

 ツレが「お肉が食べたい」というので,ケバブ目当てにトルコ料理を食べに行く。トルコ料理店「
NazaR(ナザール)」(ぐるなび)。心斎橋筋から周防町筋を東に1ブロック半。歩道の上にトルコ国旗がはためいている。狭い階段を上ってビルの2階。住所で言うと「大阪市中央区東心斎橋1-16-13 マツムラビル2F」。
 土曜日の7時過ぎで,結構流行っていた。客に外人さんの比率高し。1年半のひさしぶりだが,メニューが変わっていた。キレイで見やすい。料理にはそれぞれローマ字のトルコ語とカタカナ読み,それに日本語の解説が付いている。分かりやすい。

   写真:辛い野菜の料理@ナザール 写真:挽肉と卵のピザ@ナザール

 上の写真左は,料理名は忘れたが,辛い野菜の料理。ペースト状になっている。写真右は「挽肉と卵のピザ」。形が独特。トルコのピザは,チーズを使っていないが,結構食べやすい。私はピザにはいつもタバスコをかけて食べるのだが,「辛い野菜」を乗っけて食べると合う。

   写真:エフェスビール生@ナザール 写真:ケバブの盛り合わせ@ナザール

 トルコビールの「エフェス」は「生」になっていた。で,メインの「ケバブの盛り合わせ」。羊と鶏のシークケバブが一串ずつ。あとドネルケバブと野菜など。ツレが羊が美味しいと喜ぶ。ケバブには,ご飯が少し付いていたんだが,これが旨い。こしひかり? 日本米だと思うんだが,表面が滑らかでちょっと変わった炊き方をしているよう。
 二人でドリンクを二杯ずつ飲んで,「ぐるなび」のクーポンで10%オフになって,勘定は二人で5,220円。

2007/09/23(日)

[ Gourmet ]

戻り鰹の刺身

 暑い。東日本ではもう涼しくなり,北日本は肌寒いぐらいだというのに,大阪は「猛暑日」の記録を更新し続けている。地球温暖化?と言いたくなる。まあ,温暖化はこんなミクロなスケールでは進まないらしいが。それにしても暑い。さすがに夜は少しはしのぎやすくなってきているが。

   写真:戻り鰹の刺身@竹宗

 今日の晩酌。竹宗が勧めるので「戻り鰹」の刺身。もうそんな季節か。食べるものだけは確実に進んで秋。まったりとした鰹を刺身でいただく。山葵と土生姜と交互にいただいたが,けっこう土生姜が合うなぁ。

2007/09/24(月)

[ Gourmet ]

豚足

 雨。明日午前中には上がるらしい。この雨でやっと涼しくなるのかどうか。天気予報によると,あまり期待できそうにないらしい。「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言うが,今年は「真夏」が9月一杯まで続きそうな勢いだ。うんざり。

   写真:豚足

 中国人のツレのお母さんが作ってくれた「豚足(とんそく)」。八角の香りがして本場中国家庭料理。ちょっとピリ辛の味付け。「暖めずに冷たいまま食べるように」との伝言なので,そのままかぶりつく。豚足と一緒に煮込んだ卵が付いていた。

2007/09/25(火)

[ Gourmet ]

剣先いか

 雨が通り過ぎて,少ししのぎやすくなる。暑さに麻痺した身体には,涼しくなったなぁと感じるが,実際には室内温度30度。まだ夏日だよ。
 と,日が暮れるとまあマシな温度。晩酌に出かける。

   写真:突き出し@竹宗

 とりあえずの突き出しは,鱧の酢味噌。グラスといい,これは完全に「夏モード」だね。

   写真:剣先いかの刺身@竹宗

 で,あっさりと「剣イカ」の刺身をいただく。身が甘い。これもやっぱり「夏メニュー」だなぁ。

2007/09/26(水)

[ Gourmet ]

本マグロの中トロ

 今日は空気が乾燥して(湿度30%)過ごしやすい一日だった。でも気温は30度まで上がる。今出さんの天気予報によると「10月も30度」ってことで,当分気温は下がりそうにない。大阪のこの9月は,観測史上の記録に残りそうな残暑だそうだ。

   写真:仲秋の名月

 昨晩は「中秋節」。「中秋の名月」だった。で,昨晩遅くに撮った写真。肉眼ではウサギの餅つきまで,はっきり見えていたが,バカチョンのデジカメで,オートで撮ったので飛んでしまっている。

   写真:本マグロの中トロ@竹宗

 今日の晩酌のアテ。本マグロの中トロ。竹宗が,今日はマグロのいいのが入ったよ,というので,握り2貫にちょっと刺身でいただく。大トロほどではもちろんないが,脂の品がよい。なかなか旨いマグロだった。

2007/09/27(木)

[ Gourmet ]

今日は豚そば・でかでか

 さすがにしのぎやすくなったと感じるが,温度計は30度。もう9月も終わりなのだが。

   写真:豚そば・でかでか@七つの壁

 いつものように木曜日は「粉もんの日」。本屋によって週刊漫画誌「モーニング」を買って,駅南口のお好み焼き屋「七つの壁」へ行く。がっつり食べたいなぁ,という気分で,「豚そば・でかでか(豚肉入り焼きそば・大盛り)」。これを食べるとお腹がくちくなって眠くなるのが難点。今日も食後,録画の「ちちんぷいぷい」を見ているうちにソファーでうとうとしてしまった。

 で,その「プイプイ」ネタ。火曜日の放送で,中国は西安の料理を出す中華料理屋が島之内にあるという。「腰帯麺」というのが紹介されていた。手で引き伸ばしたいわゆる拉麺。太さも長さも尋常じゃない。「腰帯」というぐらいでベルトほどの太さの平べったい麺が4m近くあるらしい。地図を見ると八幡筋をずっと東へ,島之内の「スーパー玉出」の西隣あたりのようだ。(→
今日の問い合わせ先
 もう一つ「プイプイ」ネタ。水曜日の放送の「こなもんや三度笠」のコーナー。新世界のタコ焼き屋「すーちゃん」という店で,奥さんがタイ人なので,「パッタイ」というタイの焼きそばが食べられるそうだ。(→今日の問い合わせ先
 いろいろ情報を仕入れるのだが,生来の出不精でなかなか食べにいけない。涼しくなったら出かけてみるか。

2007/09/28(金)

[ Gourmet ]

島之内で羊肉串

 ツレが「羊肉串が食べたい!」と言うので,島之内の「故郷羊肉串店」という店に行く。以前にネットで見つけた店だが,この前ツレが友達と食べに行って美味しかったと言う。延辺料理らしい。延辺と言うのは,満洲のいちばん朝鮮寄り。朝鮮族の多い地方らしい。
 宗右衛門町をどんどん東へ歩いて,堺筋を越えてから2・3分。「原田病院」を過ぎてもう少し歩いたら,右側にピカピカ光る看板が見えた。店の名刺に拠ると,住所は「大阪市中央区島之内2-17-23」で,「地下鉄・近鉄日本橋駅6番出口 道頓堀橋渡って最初の信号右折 200メートル右側 駅から5分」となる。名刺には「定休日:毎月第三週の水曜日」とある。ネットで調べた住所と少し違っているが,近所へ引っ越したようだ。電話は「06-6214-5548」と変わっていない。
 店に入ると結構清潔な店内。引越ししてキレイになったようだ。二人がけのテーブルに案内されたが,ゆったりとしている。狭苦しい店は嫌いなので,これは嬉しい。落ち着く。

   写真:テーブルの上@故郷羊肉串店

 上の写真のようにテーブルの真ん中で炭火が熾っている。とりあえずのドリンクは,私が青島ビール500円。ツレがウーロン茶200円。ウーロン茶はビールの中ジョッキに入って出てきた。
 メニューは,文字のみのモノと,写真入りとがある。品名は中国語簡体字だが,ちゃんと日本語が付いている。オーダーは中国人のツレに任せる。北京語で店の小姐(シャオジェ/女の子)にてきぱきと注文していた。野菜系の突き出しが3皿出てきた。

   写真:羊肉(マトン)串@故郷羊肉串店 写真:羊排骨・鶏手羽先@故郷羊肉串店

 串と一品料理とを頼んだらしい。上の写真左は今回のメインの「羊肉(マトン)」。写真右は,内側が「羊排骨」という骨付き肉。外側は鶏の手羽先。他に「羊筋」の串も食べた。
 で,焼き方だが,店員に全ておまかせ。四六時中テーブルにやって来ては,焼け具合を見て串をひっくり返す。で,焼けると,上の方に置けるようになっているので,遠火で保温しながら,さあ食べろという具合。小皿に盛られた,ほとんど辛くないスパイスを付けて食べる。このスパイスはクミンシードらしい。炉の端に小さな切り欠きがあるので,そこで串をしごいて,肉を串の先っぽに寄せると食べやすい。
 で,味の方だが,旨い。もともと味を付けてあるのか,そのままでもマトンの臭みなどまったくなくて,どんどん食べれる。5本10本はすぐ。

   写真:アサリの料理@故郷羊肉串店

 串の合間に3品取った一品料理をいただく。上の写真はツレの好物のアサリ。酒蒸しなどは良く食べるが,こういう甘辛い中華風は初めて。ツレが身だけを取り分けてくれる。

   写真:羊のホルモンの料理@故郷羊肉串店

 羊のホルモンの料理。辛目の味付け。牛のホルモンは,固くていつまでも口に残って嫌いなのだが,これは柔らかくて食べやすい。これならいくらでもいける。

   写真:はるさめ?の料理@故郷羊肉串店

 上の写真は「はるさめ」かなぁ。きしめんほどの太い平麺。もっちりとした食感。ツレの選んだ3品の一品料理はどれも旨かった。

   写真:メニューの一部@故郷羊肉串店 写真:メニューの一部@故郷羊肉串店

 メニューのごく一部。朝鮮族の料理なのか,犬肉もある。盛り合わせが3000円とちょっと高め。雑炊・火鍋などもメニューにあった。怖いもの見たさで,食べてみたい気もするが,精神的に無理だろうなぁ。
 今回食べた料理は,みんな美味しかった。スタッフもてきぱきと動いていて,料理もすぐ出てくるし,気持ちよく食事ができた。お客さんの中国人度は高いようだ。青島ビールを途中でお代わりして,勘定は二人で8,850円。

2007/09/29(土)

[ Gourmet ]

帆立の刺身

 寒冷前線が北から南へ上空を通過。雨が降って涼しくなった。夕べはやっとエアコンをつけずに寝る。ただ,来週はまた最高気温30度の日があるとの週間予報。うんざりだなぁ。

   写真:帆立の刺身@竹宗

 今日の晩酌のアテは帆立。メニューには載っていなかったが,事前に竹宗が携帯に伝言を入れてオススメしていた。とりあえずのビール「サッポロクラシック」の後,土佐の司牡丹の「船中八策」を冷やで2杯いただく。が,最近酒に弱くなったのか,2杯目の途中で酔ってしまった。歳とともに酒量が減ってきている。

 飲みながら読んでいた,ビッグコミックの「総務部総務課 山口六平太」。今号の話は「できちゃった結婚」。今や4組のうちの1組が「出来ちゃった結婚」だそうだ。って,ちゃんと避妊していない,コンドームを使っていないってことだよねぇ。今の人はなりゆきまかせ? エイズも蔓延するだろうに。

 犬食の話。たとえ犬を食べたって,それは食文化の一つなんだから,とやかく言う気はない。っていうか,エスニック料理って結構好きなので,美味しいんなら食べてみたい気もする。が,韓国人。犬をなぶり殺しにするそうだ。ネットで見かけた話題なので,真偽のほどは分からないが,「苦しんで死んだ犬はアドレナリンが出て美味しくなる」とか「精力が付く」とか言って,犬が出来るだけ苦しむような殺し方をするそうだ。うーん,それはちょっとなあ。中国人のツレに聞いたら,中国で実際に犬を殺すところを見たそうだが(満洲には朝鮮族が多い),鼻の頭を棒で殴って即死させたそうだ。犬をなぶり殺しにするのは,韓国人だけ?

2007/09/30(日)

[ Gourmet ]

秋雨・炒飯・焼餃子

 9月最終日。大阪は,雨はあがったが,引き続き涼しい。こんな風にときどきは雨も降ったが,今年は「秋霖(秋の長雨)」がなかったような気がする。昨日通過したのは寒冷前線だったし,「秋雨前線」なんて言葉もそんなに聞かなかった。まあ残暑が余りに長かったせいかもしれない。「太平洋高気圧」という言葉を散々聞いた9月だった。

   写真:炒飯@迎日楽 写真:焼餃子@迎日楽

 ひさしぶりに近所の「迎日楽えいにちらく」(
ぐるなび)で夕食。炒飯に焼餃子と軽く済ませる。炒飯には卵とトウモロコシのスープが付いてくる。

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2007, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama