Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2007-05

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2007/05/01(火)

[ Gourmet ]

鰆の味噌漬け

 インフルエンザからの完全復活,というわけで飲みに出かける。大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子駅前の「
炭火焼処 竹宗」。
 とりあえずのお通しは「蓮根のキンピラ」。

   写真:蓮根のキンピラ@竹宗 写真:鰆の味噌漬け@竹宗

 で,メニューを見ていると,「鰆(さわら)の味噌漬け」というのが目に留まったので頼んでみる。「鰆」と言えば今が旬の魚だ。このメニューは,要するに焼き魚だそうだ。味噌は焦げやすいので,遠火で焼くということで,しばし待つ。出てきたのは結構大きな切り身。醤油をかけて大根おろしと一緒に皮ごと一口いただいてみる。ほっこりとして甘い。この甘さは「味噌漬け」だからかな。皮も美味しいし,これは焼き魚としてはヒットだね。この旨さは「味噌漬け」という下処理がいいのか。飲んでいるうちに冷めても味が落ちないのもいい。

2007/05/02(水)

[ Gourmet ]

エビモダン

 相変わらず微熱がある。が,まあいつものこと。風邪をひいた後,1・2ヶ月微熱が続くこともあるし,そういう体質なんだろう。
 さて,明日からGW後半4連休(うちの職場はカレンダーどおりの休日)。酒でも飲もうかと飲み屋をのぞいたが,忙しそう。で,お好み焼きにする。駅南口の「七つの壁」(
ぐるなび)。とりあえずサントリーモルツの生ビール中ジョッキをオーダー。で,最近食べていないメニューということで「エビモダン」830円にする。

   写真:エビモダン(焼き始め)@七つの壁 写真:エビモダン(出来上がり)@七つの壁

 いつものようにスタッフが目の前のテーブルで焼いてくれる。エビ,結構入っている。マンガを読みながら焼きあがるのを待つ。最後に自分で好物の青海苔をたっぷりかける。テコで切り分けて,小皿にとって箸で食べてみる。エビ自体はそれなりの味だね。でも,お好み焼きとしては,イカの方が合うかな。まあ,粉もんをがっつり食べて満足。お店のスタンプカードにスタンプが10個貯まったので500円引き。ビールが無料になった勘定。

2007/05/03(木)

[ Gourmet ]

魚(ギョ)ロッケ/ミーゴレン

 駅前の「プラザあびこ」ビルの2階にある深夜2時までやっている居酒屋「
土筆んぼう(つくしんぼう)」(ぐるなび)に行って見た。近所のファミレス「フレンドリー」の系列らしい。最近できた居酒屋「源ぺい」も同じ系列。「土筆んぼう」は「和み料理と味わいの酒」とある。大阪近辺に「土筆んぼう」だけで15店舗ほどあるらしい。
 店へ入ってみると,ぐるなびに「個室和食」とあるとおり,結構細かく仕切られている。一人だというとカップルシートに案内されたのにはまいった。が,席はゆったりと間隔が取られていて居心地はいいね。照明は暗めでスポットライトの間接照明を多用したおしゃれなもの。デートにはいいんじゃないかなぁ。

   写真:お通し@土筆んぼう 写真:いわしの魚(ギョ)ロッケ@土筆んぼう

 とりあえず生ビール。お通しは子持ちのイカの刺身(上の写真左)。結構いける。今月のメニューに「いわしの魚(ギョ)ロッケ」とあったので,試しにオーダー(上の写真右)。メニューに「九州では魚のすり身コロッケをギョロッケと呼んでいます」とある(Wikipedia)。あつあつが出てくる。辛子が添えられていた。かじってみると鰯の味が濃い。パリッとしたパン粉の衣と合わさった食感もいいし,これは何度でも食べれるなぁ。定番メニューじゃないのが残念。
 生ビールがなくなったので焼酎のお湯割りに切り替える。黒糖焼酎「喜界島」をチョイス。程好く焼酎の香りがして飲みやすい。

   写真:出し巻き@土筆んぼう 写真:ミーゴレン@土筆んぼう

 とりあえずチェーン店なので,刺身や複雑な料理は避ける。で次に「出し巻き」(写真左)。これはもう一つだった。出し巻きだから,卵を出汁で薄めて焼きましたという代物。醤油をかけても旨くない。コンビニの方がマシだなぁ。卵料理は大好物なんだが,出し巻きは,寿司屋で自家製をいただくべきか。
 「喜界島」をお代わりして,仕上げに「ミーゴレン」(写真右)。インドネシア屋台風焼きそば,とある(Wikipedia)。レモンを絞っていただく。ピリ辛の中華風焼きそばと言った食感。酸味が強いがそれが結構あっている。韮と玉葱を残してしまったが,美味しくいただけた。
 さすがファミレス・チェーンらしくスタッフの態度は,そつがない。席のボタンを押せばすぐに来るし,酒・料理の出てくるペースもこんなものか。レシートに拠ると,付だし262・生ビール中プレミアム514・喜界島472x2・いわしの魚ロッケ304・出し巻きたまご451・ミーゴレン514で,計2,989円。深夜料10%が付いて,勘定は3,287円。次回3千円以上飲食で500円引きのクーポンをくれた。

2007/05/04(金)

[ Gourmet ]

活かに姿会席

 ツレが蟹を食べたいと言う。で,いつものように道頓堀・戎橋角の「
かに道楽」本店へ行く。さすがのゴールデンウィーク。心斎橋から道頓堀にかけて,観光客の大群。なにやら日本語以外も飛び交っている。
 で,今回の季節メニューは,今オホーツク海でカニ漁最盛期・毎日空輸の「活かにまるごとフェア」の第一弾とかで,5月末まで「活かに姿会席」だとか。で,税込3,990円の「はまなす」コースを二人前オーダー。

   写真:お通し@かに道楽 写真:活かに姿茹盛り@かに道楽

 お通し(上の写真左)は,山菜に蟹身とイクラ。なかなかいけます。で,メインの「活かに姿茹盛り」(写真右)。一匹まるごと,結構食べでがあった。カニを食べると無言になるね。

   写真:かに茶碗蒸し@かに道楽 写真:かにグラタン@かに道楽

 「かに茶碗蒸し」(写真左)と「かにグラタン」(写真右)。温かいうちにお召し上がり下さい,というので,しばし茹かにを食べる手を休めていただく。茶碗蒸しにもカニがちゃんと入っている。ユリ根も美味しい。グラタンもカニ入りでいけました。

   写真:かに天ぷら@かに道楽 写真:かに寿司盛り合わせ+吸物@かに道楽

 更に天ぷら盛り合わせ(写真左)。カニ足が結構大きくて,天ぷらにすると旨い。かぶりついて3口ほどでいただく。カボチャもほくほく。ここら辺りで,お腹もくちくなってきたが,残った茹カニを片付けていると,お吸物と「かに寿司盛り合わせ」が出てきた(写真右)。一番左の1貫だけの生かにの軍艦巻が,甘くて最高。幸せ。最後のデザートはいつものアイスクリームお抹茶かけ。
 お土産に「カニにぎり」1470円をお持ち帰りにして貰って,勘定をしようとすると,十数人の人が入店を待っていた。後は,いつものように周防町でカラオケで腹ごなし。

2007/05/05(土)

[ Gourmet ]

まぐろの刺身

 連休ということで,ちょっとガッツリ飲む。といっても,とりあえずのビール,サッポロ・クラシックの後,芋焼酎「赤霧島」のお湯割りを3杯,といつもより1杯多いだけだが。

   写真:お通し@竹宗 写真:マグロの刺身@竹宗

 今日の晩酌のアテ。お通しは,ほうれん草のおひたし。ツナか何かが入っていた。で,マグロの刺身。定番だよね。鯨に続いて,白人の陰謀でマグロまで食べれなくなったら困るなぁ。ということで,食べれるときに食べておく。

2007/05/06(日)

[ Gourmet ]

カンパチの味噌漬け

   写真:お通し@竹宗 写真:カンパチの味噌漬け@竹宗

 今日の晩酌のアテ。お通しは,煮物。茄子と薄揚げと玉葱。
 先日,「鰆の味噌漬け」が美味しかったので,今日は「かんぱちの味噌漬け」。うーん,鰆は結構味が濃かったが,カンパチはあっさりとしている。皮が固くて食べにくかったので残してしまった。でも,皮の裏は結構甘い。あっさりといただける焼き魚。

2007/05/07(月)

[ Gourmet ]

おまかせ海鮮丼/焼きそば

 上天気。温かいと言うか,暑いというか。いよいよ初夏ですねぇ。で,月曜恒例の外食ランチ。竹宗の「おまかせ海鮮丼」。味噌汁・小鉢・香の物・食後のコーヒーが付いて1000円。

   写真:おまかせ海鮮丼@竹宗 写真:おまかせ海鮮丼@竹宗

 今日の刺身は,鰹のタタキ・いか・まぐろ・ヒラメの昆布締め・はまち・貝柱・イクラだった。タタキだけポン酢をかけて,後はワサビ醤油で。今日も昼から美味しい刺身とご飯をガッツリいただけて大満足。竹宗の海鮮丼はボリューム満点。今日は特にマグロが旨かったかな。

 で,昼はガッツリ食べたので,夕食は軽く。近所の中華「迎日楽」(
ぐるなび)で,焼きそば(630円)と焼き餃子(260円)をいただく。

   写真:焼きそば@迎日楽 写真:焼き餃子@迎日楽

 「五目焼きそば」や「XO醤焼きそば」などの上級メニューがあるのだが,フツーの焼きそばも,イカ・エビ・豚・野菜と具が多い。ソース味でも醤油味でもない中華風のトロッとした味付けの一品。ここの焼き餃子もモッチリとして私好み。酢醤油に刻みニンニク入りラー油を少し混ぜていただく。

2007/05/08(火)

[ Gourmet ]

鰹のタタキ

   写真:鰹のタタキ@竹宗

 今日の晩酌のアテは「鰹のタタキ」。どうも旨い刺身が喰いたい気分だった。で,久しぶりにタタキを食べてみる。初鰹は刺身で食うより,たたきの方が味が遥かに濃いね。身もしまっていた。とりあえず満足。

2007/05/09(水)

[ Gourmet ]

鰆の味噌漬けが旨い

 今年初めての真夏日。日中はずっと室内で過ごしたので,そんなに暑さを感じなかったが,外は日差しが暑かったらしい。ビールの最初の一口が旨い。予報によると明日は平年並みに戻るとか。

   写真:鰆の味噌漬け@竹宗

 先週,「鰆(さわら)の味噌漬け」という焼き魚が旨かったので,また頼んだ。前に竹宗に無理を言って「
鰆のムニエル」を作って貰ったことがあったが,「鰆」という魚,刺身もいけるが,火が通ると甘く本当に旨くなる魚だね。今日のは「味噌漬け」で,初めから味をつけてあるから,醤油を使わずに食べてみろというので,鰆本来の味を味わった。まあ,ちょっとさびしくて大根おろしには醤油をつけてみたが,期待の味で今日も満足。身のほぐれも良くて食べやすいし,甘くほくほくしている。皮も旨い。酒が進んだ。

2007/05/10(木)

[ Gourmet ]

イカ焼きそば

 予報では雨は午前中であがるとのことだったが,実際には夜まで断続的に降る。日本海側の低気圧が意外に発達したようで,西風が強い。
 今日は,週刊マンガ雑誌「モーニング」と月二回刊の「ビッグコミック」の発売日が重なったので2冊購入。「モーニング」で藤田和日郎の新連載が始まるとて,表紙絵は藤田の気味悪い絵。藤田和日郎のマンガはそれなりに面白いのだが,表紙絵としてはどうか? どうにも購買意欲を減退させる不気味さだなぁ。

   写真:イカ焼きそば@七つの壁

 夕食は,駅南口のお好み焼き屋「七つの壁」。久しぶりにガッツリとソース焼きそばが食べたい気分だったので,イカ焼きそばの大盛りをオーダー。この店では大盛りを「でかでか」と表現している。930円。モルツの生ビール中ジョッキ500円を頼み,「モーニング」を読みながら待つ。お好み焼きは客のテーブルで焼いてくれるが,焼きそばはかかりっきりになるからか,奥の厨房で焼かれて出てくる。
 大きめに切られたイカとキャベツがたっぷり。上に盛られた紅生姜も量が多い。好物の青海苔をパラパラと振りかける。青海苔の香りがいい。麺類は,麺だけを頬張って食べるのが好きなので,イカとキャベツをビールのアテに食べて片付ける。噛むとイカの味が染みてくる。で,軽くソース味に染まった焼きそばの麺を頬張って満腹する。
 お腹がくちくなって,帰ってから,しばらくぼんやりとテレビを見ていると眠くなってきた。で,8時ごろ寝てしまう。早朝までそのままぐっくり寝入ってしまった。で,この日記は翌朝書いている。

2007/05/11(金)

[ Gourmet ]

しま海老の握り

 午前中はまだ昨日の低気圧の影響で北風が強かったが,午後には穏やかな初夏の一日に。気温はそれほど上がらず。が,湯船にお湯をためる時間がずいぶんと短くなった。昨日は,昨日の日記にも書いたように宵の口に寝入ってしまったので,風呂に入らずじまいだった。で,今日はのんびりと浸かる。ほっと疲れの取れる時間。

   写真:しま海老の握り@竹宗

 今日の晩酌のアテは「しま海老」。北海道産しま海老だという。北海しま海老とどう違うのか,同じなのか。モノ知らずの私には分からない。
 が,旨かった。寿司にして貰った。握り三貫に,三匹分のミソは軍艦巻きに。この「しま海老」が甘い。甘海老と似た味なんだが,甘海老のような臭みがなくて,ただ甘いだけ。これに合うのはやっぱり日本酒だよね,と,今日は土佐の司牡丹の「船中八策」を冷やでいただく。

2007/05/12(土)

[ Gourmet ]

おまかせ海鮮丼/きんきの刺身

 午前中,どうもクシャミがでる。微熱も相変わらず。まあ,どこが悪いとかでもないのだが。
 で,今日は休日出勤。いつもの土曜日なら昼過ぎまで寝ているのだが,朝から起きて働いているので,昼はランチに出かける。「竹宗」の「おまかせ海鮮丼」。味噌汁・小鉢・香の物に食後のコーヒーが付いて1000円。座ると,月曜日までは熱いお茶だったが,今日はお冷やが出てきた。いやぁ,季節だね。

   写真:おまかせ海鮮丼@竹宗 写真:おかませ海鮮丼@竹宗

 今日は腹具合から感じるところ,いつもより盛りが良かった。蟹身・イカの沖漬け・青柳(バカ貝)・ヒラメの縁側・サーモン・イクラ・ネギトロといったところ。いやぁ,特に「ねぎとろ」が旨かった。白ご飯に良く合う。サーモンも旨いし,青柳も変わった味。満腹して,今日も満足。

 で,昼は食べ過ぎたので,夜は軽く済ませる。昼に引き続き竹宗で飲む。

   写真:突き出し@竹宗 写真:きんきの刺身@竹宗

 突き出しは,高野豆腐。好物。椎茸とエンドウ豆がいいね。で,珍しい魚が入っているというので,「キンキの刺身」をいただく。小さいながら尾頭付きで出てくる。白身の魚で,身はしまりがないが,結構甘い。刺身で食べながら,煮付けにしたら旨いだろうなぁ,と思う。調べてみたら「きんき」(近畿?)という名前にかかわらず,関東以北で取れる魚らしい。なるほどこちらではあまり食べないはずだ。

2007/05/13(日)

[ Gourmet ]

魚ロッケ・とん平焼き

 日曜日。持って帰って来た仕事をこなす。仕事は持って帰らない主義だったのだが,忙しい。背に腹は代えられない。
 深夜11時過ぎに飲みに出かける。日曜のこんな時間から飲み始められる店は限られるので,2時までやっている駅北口の「土筆んぼう」へ。

   写真:個室@土筆んぼう

 入店して,「一人」と告げると,2人用の個室に案内される。狭いが結構落ち着く。壁が木の板を張ったもので,何やら大昔の居酒屋で飲んでいるような気分になる。とりあえずの生ビールに,突き出しは子持ちのイカに春雨。プチプチ感が美味しい。

   写真:魚ロッケ@土筆んぼう

 最初に注文したのは,「いわしの魚ロッケ」(ぎょろっけ)。「期間限定・今月のおすすめ・九州」というメニューに載っている。この前食べて美味しかった。で,もう一度食べたかったメニュー。揚げたてのホカホカで,そのまま食べても旨いし,辛子醤油をつけてもいける。イワシの味が力強い。

   写真:とん平焼き@土筆んぼう

 酒を米焼酎「それから」のお湯割りに切り替える。癖のない焼酎。メニューによると大阪の地焼酎らしい。アテは「浪花とん平焼き」(とんぺい)。豚肉を卵でとじて,マヨネーズ・ソースをかけたもの。この店のは「もやし」が付いているのが,ちょっとした工夫。モヤシって結構とん平に合うな。

2007/05/14(月)

[ Gourmet ]

火鍋楼 朱夏

 ネットで見つけた心斎橋の中華・四川料理の店。「火鍋楼 朱夏(ひなべろう しゅか)」(
Medic-webぐるなび)。大丸の南東角から東へ半ブロックほどいった先のビルの地下。住所で言うと「大阪市中央区心斎橋筋1丁目4-14 燕京ビル B1F」になる。
 ビルの入り口のところに,チラシが置いてあって,それを持っていくと10%オフになるらしい。ビルの中に入って地下への階段を下りる。お客は私たちだけ,店の真ん中の4人がけのテーブルに案内される。けっこうおしゃれな内装。厨房の前の黒板メニューは簡体字の中国語で書いてある。

   写真:青島ビール@火鍋楼 朱夏 写真:前菜三種@火鍋楼 朱夏

 メニューを見て,ドリンクは「青島ビール」。小瓶だというので,2本頼む。青島ビールを飲むのは,ずいぶんと久しぶりのような気がする。で,料理は,火鍋単品もあるようだが,コースでオーダー。「火鍋 蘇州コース」3,500円を2人前。
 前菜は,蒸し鶏・焼き豚・ピリ辛のキュウリ。嫌味なところがなく,それぞれに美味しい。これは火鍋も期待できそう。

   写真:火鍋@火鍋楼 朱夏 写真:火鍋の具@火鍋楼 朱夏

 四川火鍋の鍋は二つに区切られている。赤いのが辛い「麻辣鍋底(マーラースープ)」。白いのが漢方の「白湯鍋底(パイタンスープ)」。竹筒に入った鶏の「つくね」や野菜など,ウェイトレスの中国人の女の子が,鍋の用意をしてくれる。上の写真右は残った具。肉は牛と豚でしゃぶしゃぶにして食べるそうだ。一番安いコースだが,それでも具が多い。
 麻辣スープは,ほどほどの辛さ。辛いだけじゃなく旨みもたっぷりある。白湯スープは,鶏がらと豚骨のようだが,ほど良い漢方の香りが食欲をそそる。こちらも旨みがある。この店はレベルが高いね。

   写真:タレ4種@火鍋楼 朱夏

 タレは4種類。胡麻タレとXO醤タレが肉用。あとは葱タレと塩タレ。途中で鍋の様子を見て小姐(シャオジェ)がスープを足してくれる。
 〆は,ラーメンと雑炊。麻辣スープの方にラーメンを,白湯スープの方に米を入れる。このラーメンが絶品だった。スープに具の味が充分に出ているので旨い。香菜(シャンツァイ・パクチー・コリアンダー)の葉を乗っけると更にいい感じ。
 デザートは,ライチシャーベットとマンゴープリンから選べるので,ライチシャーベット。辛くなった口の中が一気にさわやかになった。
 途中で青島ビールを2本追加して,チラシで10%オフになって,勘定は二人で8,748円。

2007/05/15(火)

[ Gourmet ]

また天ざるでちょっと一杯

 すっかり上着の要らない気候になった。で,こういう日は,蕎麦屋でキュッと冷や酒だなぁ,と,近所の「
そば処妙幸庵」へ出かける。

   写真:菊正宗・生貯蔵酒@妙幸庵 写真:天ざる@妙幸庵

 店の隅にのっそりと座って,とりあえず冷酒。ここの冷酒は「菊正宗」の生貯蔵酒(400円)だ。大手メーカーらしい,そつのない味。甘さが嫌味じゃなく飲みやすい。で,「天ざる」(950円)を頼む。

   写真:天ぷら@妙幸庵 写真:ざるそば@妙幸庵

 とりあえず揚げたての天ぷらをアテに飲む。大葉と海苔に海老が二尾。塩でいただく。で,〆に蕎麦。さっと飲んでさっと勘定をして出る。

2007/05/16(水)

[ Gourmet ]

鳥貝の刺身

 夕方にはどんよりと曇り空。今出さん(毎日放送の気象予報士・今出東二さん)によると,寝ている間に降り出すとのことだったが,夜8時前には降り出す。まあ,降り出すのが早いと,明日朝,降り止むのも早くなるだろうと,希望的観測。大阪はここしばらく,からっからに乾燥していたので,いいお湿りにはなる。
 下の写真左は,今日の晩酌の突き出し。何かの煮物。懐かしい味だ。

   写真:突き出し@竹宗 写真:鳥貝の刺身@竹宗

 で,写真右。鳥貝の刺身。フツー寿司ネタの鳥貝だが,刺身を酢味噌でいただくのも,なかなかオツだ。黒い舌が鳥のくちばしに似ているので,鳥貝というらしいが,ほんのり甘い。

2007/05/17(木)

[ Gourmet ]

豚焼きそば

 今朝は通勤直後,土砂降りの雨。昨晩の雨の最後の一降りだった。日中は晴れて上天気。木曜日とて週刊漫画誌「モーニング」の発売日。夕食前に本屋へよってから,駅南口のお好み焼き屋「七つの壁」へ。

   写真:豚焼きそば@七つの壁

 先週の木曜は「イカ焼きそば」を食べたが,何か食べると続けて同じものが食べたくなる体質。今週は「豚焼きそば」の大盛りにする。「豚そば・でかでか」900円。プラス生ビール中ジョッキ500円の夕食。
 麺類は,口いっぱいに麺を頬張って食べるのが好きなので,例によって,先に豚肉とキャベツをアテにビールを飲む。この大切りキャベツが,ソース味で火が入って甘い。豚肉は適度な脂でビールのアテにぴったり。で,焼きそばの麺に青海苔を振って,頬張って満足。火は消してあるが,鉄板の余熱で端の方の麺がカリカリになって,この辺もまた旨い。
 焼きそば大盛りはちょうどいい満腹感。食後,部屋でソファに横になって,プイプイ(毎日放送の生活情報番組「ちちんぷいぷい」)の録画を見ていると,眠くなってきて寝入ってしまった。

2007/05/18(金)

[ Misc ]

親睦会

   写真:前菜@親睦会 写真:前菜@親睦会

 今日は市内某所で,職場の親睦会。昔は100人ぐらいで宴会をやったように思うのだが,リストラのせいでとんと寂しくなった。まあ,また最近新人を採るようになって来たが。飲んで食べてしているうちに,すっかり満腹になり,ちょっと酔っ払った。料理はフツーの洋食のコース。お金がかかっているだけに,それなりに美味しかった。

 ところで亀田興毅。ボクシングにはまったく興味がないので,ずいぶんと嫌な奴だなぁ,と言う印象しかなかった。あれだけ叩かれているのに,ファンがいるのが不思議だった。が,録画で見た月曜日の「ちちんぷいぷい」で,毎日放送の美人アナウンサー・八木早希アナにインタビューされているのを見た。で,28歳の八木アナに照れて,生意気なところもなくインタビューに答えている亀田興毅を見てると,先入観とはちょっと印象が違って来た。いや,結構素直な奴かもしれん,と。(八木アナも2年前,一回目のインタビューの業務命令を受けたときは,「なんであたしやのん?」と嫌だったそうだ。)まあ,かといって試合を見ようとか言う気にはならないが。

2007/05/19(土)

[ Gourmet ]

「ピエトラサンタ」でイタリアン

 久しぶりにイタリアン。もう何回も行っているが,心斎橋の「
ピエトラサンタ」。そごうの北東から東へ半ブロックほど行った先のビルの地下。住所で言うと「大阪市中央区心斎橋筋1-3-29 ミヤプラザ心斎橋 B1F」になる。

   写真:壁面@ピエトラサンタ

 地下に酒蔵風のスペースがある。天井は半円形。奥に細長い。今日はカウンターに座った。ワインメニューにはフルボトルしかないので,ハウスワインの赤をデカンタで頼む。重めがいいか?軽めがいいか?と聞かれたので,重めをチョイス。料理は4,200円のコースにする。

   写真:稚鮎の前菜@ピエトラサンタ 写真:ミネストローネ@ピエトラサンタ

 前菜は,料理名は忘れたが「稚鮎」を使ったもの。この鮎が結構美味しい。まずは好スタート。この店はパンとバターが旨い。ツレがパクパク食べていた。スープはオーソドックスなミネストローネ。料理の出てくるペースがゆっくりしているので,ツレと夏休みの相談をしながらの食事。

   写真:鴨のラクーンソース・スパゲティ@ピエトラサンタ 写真:グリーンサラダ@ピエトラサンタ

 スパゲティは,確か「鴨のラグーンソース」。鴨肉の大きめそぼろがたっぷり入っていた。サラダは緑の野菜。

   写真:牛ヘレのソテー@ピエトラサンタ 写真:デザート@ピエトラサンタ

 メインの「牛ヘレのソテー」。柔らかくていい肉だった。デザートはちょっと甘かった。最後にカプチーノで〆る。
 今日の勘定は,二人で11,550円。

2007/05/20(日)

[ Gourmet ]

はもの落とし

   写真:突き出し@竹宗 写真:はもの落とし@竹宗

 今晩の晩酌。突き出しは空豆。で,アテは「はもの落とし」。って「ハモチリ」だよね。今年初めての「鱧」。梅肉でいただく。

2007/05/21(月)

[ Gourmet ]

おまかせ海鮮丼/XO醤焼きそば

 上天気で暑いぐらい。レイバンのサングラスがいい仕事をする。月曜恒例の外出ランチ。竹宗で「おまかせ海鮮丼」。味噌汁・小鉢・お新香・食後のコーヒー付きで1000円。今日は残ってもしゃぁないからとサラダのオマケ。

   写真:おまかせ海鮮丼@竹宗 写真:おまかせ海鮮丼@竹宗

 今日の刺身は,かんぱち・ひらめの昆布締め・中トロ・カツオのたたき・イカの卵・イクラ・小柱。順にご飯と一緒にいただいていく。どれも旨いけれど,カンパチと小柱が特にいい。鰆は刺身より焼いた方が旨いが,カンパチは逆に刺身がいいねぇ。満腹して,食後のコーヒーを飲む。

 昼間,がっつり食べたので,夜は中華で軽く。

   写真:XO醤焼きそば@迎日楽 写真:XO醤焼きそば+焼き餃子@迎日楽

 近所の「迎日楽」で,「XO醤焼きそば」890円に「焼餃子」260円を付ける。この「XO醤焼きそば」。細くて固めの麺の食感がなかなか癖になる。柔らかい麺は,麺だけを頬張るのが好きだが,これは具と一緒に食べるのがいい。味はXO醤の濃い味付け。具は,ノーマルの焼きそばより少ないが,海老・イカ・しめじ・その他の野菜などなど。

2007/05/22(火)

[ Misc ]

セブンイレブンのクジ

 セブンイレブンがまた,700円ごとにクジを引いて,よもやまの商品の当たるセールをやっている。で,朝食用のサンドイッチと人参ジュースを買いに行ったついでに,煙草を1カートン買うと,5回クジを引くことに。5枚中4枚当たって,よもやまの商品を持って帰る。このクジはいつも当たる確率が高い。といっても聞いたこともないような商品まで当たるので,販促も兼ねているのか。
 朝からノドがいがらっぽくて風邪気味。前回のインフルエンザの時に貰った風邪薬が残っていたので飲む。猛烈に眠くなってきた。で,日記は手抜きでさっさと寝ることに。

2007/05/23(水)

[ Gourmet ]

鮎の塩焼き

 家中の窓を開け放し,風呂上りには扇風機で涼む。季節がどんどん進んでいくなぁ。

   写真:鮎の塩焼き@竹宗

 とりあえず旬は押さえておくと言うことで,今夜のアテは「鮎の塩焼き」。身は甘く,皮はほろ苦い。

 録画で見た先週金曜日のプイプイ(毎日放送の生活情報番組「ちちんぷいぷい」)。金曜日には「シリーズ 知事に聞こう!」という企画がある。上ちゃん(うわちゃん・
上泉雄一アナ)が始めた企画だが,上泉アナが隠居してからは,西アナが引き続いて,全国の知事にインタビューして回って,その地方を紹介している。で,プイプイは近畿広域圏のみの放送なので,近畿圏以外の地方の知事がでてくるのだが,地元では放送されない番組と言うことで,知事たちは気を抜いて登場している。で,県の法被を着て物産展まで出かけてきて登場する知事もいるかと思えば,知事室での公式のインタビューだけの知事もいる。結構,その知事の本質が垣間見えるいい企画だと思う。
 で,これまでで最悪だったのが先週の放送。九州某県の4選目のベテランだと言う麻生某という知事。ほんと知事室でふんぞり返って,お前何様という登場。印象悪いよなぁ。名前も知らない,始めてみる人だが,九州某県のイメージ,知事一人のせいで一気に堕ちたよ。地元の有権者の見るローカルテレビでは,絶対あんな態度とらないよね。

2007/05/24(木)

[ Gourmet ]

やまと焼き,4度目

 上天気は今日まで。明日は梅雨前線(らしきもの)がやってきて天気は崩れると言う。お出かけの予定のあるときの,雨の予報は嫌だなぁ。
 木曜日ということで,週刊漫画誌「モーニング」を買いに出かける。25日発売だと思っていた「ビッグコミック」も出ていた。で,マンガ本を持って,駅南口のお好み焼き屋「七つの壁」へ。

   写真:やまと焼き(焼き始め)@七つの壁 写真:やまと焼き(出来上がり)@七つの壁

 久しぶりに「やまと焼き」が食べたくなった。モヤシたっぷり「ソバ抜きの広島焼」のようなお好み焼き。写真左は焼き始め。クレープのような生地の上にたっぷりの具。写真右は出来上がり。練辛子・マヨネーズ・ソースを伸ばして,カツオと好物の青海苔を振りかける。テコで切り分け,小皿に取り食べてみる。モヤシの味が最前面に出ていて,シャキシャキとした食感。これが広島焼のような印象の元だね。もやし・ねぎ・しめじ・エビ・ブタ・コンニャク・キャベツに卵と具がたっぷりなんだが,味が混じり合ってしまわずに,それぞれの具の味がくっきりと味わえる。やっぱり「やまと焼き」が「七つの壁」では一番のオススメかな。

 閑話休題。テレビで偶然見た,不愉快なというか,むしろ残酷なコマーシャル。「アメリカン・ビーフ」とかいう代物のCMなんだが,リトルリーグの少年たちに「毒入り米国産狂牛肉」を無理やり食わせている。この子たちには,本来豊かな未来があるはずなのに,十数年か後にヤコブ病で無残な死を迎えることになるのか。このような人倫にもとるCMを平気で流すテレビ局の見識を疑う。儲かればそれでよいのか。

2007/05/25(金)

[ Gourmet ]

厚焼き卵(砂糖入り)

 卵料理が大好きだ。天津飯もオムライスも出し巻き卵も大好きだ。で,夜中に小腹が空くと近所のコンビニに出し巻き卵を買いに行く。ところが最近,うちの近所(歩いて30秒)のセブンイレブンでは,「厚焼き卵」しか売っていない。で,これがなんと
        甘い!!
のである。そう,砂糖入りの玉子焼き。ただの玉子焼きだろうと思って,口に入れた途端,思わずえづきそうになった。幼稚園の遠足のお弁当じゃあるまいし,玉子焼きに砂糖なんていれるなよ。もともと,セブンイレブンよりローソンの方が玉子焼き(出し巻き卵)は旨かった。が,だからってやけくそのなるなよ,セブンイレブン。
 そういえば,ホットメニューなども,ローソンは,ビーフコロッケや骨付きフライドチキンなど,最近工夫している。深夜に行ってもあるし。それに比べると最近のセブンイレブンって手抜きじゃないかなぁ。ローソンまでは徒歩5分もかかるので,近所のセブンイレブンに頑張ってほしいのだが,企業体質から考えても無理かなぁ。

   写真:蓮根のキンピラ@竹宗 写真:鰻の蒲焼@竹宗

 今夜の晩酌。突き出しは蓮根とピーマンと竹輪のキンピラ。なんだか,鰻が食べたい気分だったので,アテは鰻の蒲焼。関西風に炭火でパリッと焼きあがっている。山椒をかけていただく。

2007/05/26(土)

[ Gourmet ]

チキンカツサンド@セブンイレブン

 毎朝,朝食はセブンイレブンのサンドイッチと充実野菜。まあ,栄養のバランスを考えている。で,昨日も書いたように,どうもセブンイレブンとは相性が悪い。目玉焼きサンドなど,ちょっと気に入ったサンドイッチがあると,いつの間にか消えてしまう。

   写真:チキンカツサンド@セブンイレブン

 最近,お気に入りのサンドイッチ「チキンカツサンド」。いくつかセブンイレブンのカツサンドを試してみたが,これが一番おいしかった。レンジでチンしていただくと,チキンが結構ジューシー。これもいつまであるかなぁ。

   写真:鶏ハム@竹宗 写真:マグロの刺身(インドまぐろ)@竹宗

 今夜の晩酌。突き出しは「自家製鶏ハム」。歯応えがあって結構旨い。で,アテはインドまぐろの刺身。「まぐろ」の刺身って定番のはずなのに,あまり食べていなかったなぁと気付いて,最近,積極的に食べている。

2007/05/27(木)

[ SubCulture ]

遠い日の花火

 ずいぶん昔のサントリー・オールドのCFに「恋は、遠い日の花火ではない。」というフレーズがある。ネットで検索してみたら,YouTubeに少し動画があった。
    →
http://www.youtube.com/watch?v=rJ1q2cs1jf8
    →http://www.youtube.com/watch?v=jTZ_obetQvI
 長塚京三の「課長」と「部下のOL」という設定でシリーズ化されていた。
 サントリーのサイトにも,こんなページがあった。95年前後のCMらしい。この「会社帰り」篇:
    (OL)お持ちします。
    (長塚)みんなどっか行くみたい。君は行かないの?
    (OL)若い子はもういいんです。
っていう科白もいいね。
 BGMは小林亜星の「夜がくる」。オールドのCFの定番。乗せられているとは分かっていながらも,どうしようもなく切なくなる曲だ。ただ,この曲を聴くといつも「ワシントン広場の夜は更けて」を思い出してしまう。
 このシリーズの田中裕子版の「弁当だけじゃないから」というのも良かったなぁ。

 で,なんでこんな古いCMの事を思い出したかというと,先日ケーブルテレビ(日本映画専門チャンネル)で,このCMに触発されて(?)作られた,長塚京三・松嶋菜々子主演の映画「恋と花火と観覧車」(1997年)を放映していたんだ。で,そんな映画があったなぁと思い出したのだが,うちはケーブル回線は来ているが,契約していないので見れない。DVDは未発売だし,VHSは絶版なので,レンタルビデオ屋にもないだろう。というわけで,アマゾンで安い中古VHSを購入した。

   写真:VHS「恋と花火と観覧車」

 8年前に肺ガンで妻(風吹ジュン)を亡くした,大学生の娘(酒井美紀)を持つ中年男(長塚京三)と,取引先のOL(松嶋菜々子)の物語。結婚相談所の会員たちが絡んでコメディータッチに描かれている。要所に「花火」と「観覧車」。まあ中年男の夢物語ですね。長塚京三がいい味出していた。

 今日は上天気の日曜日だったが,休日出勤。普段の休日なら昼まで寝ているのだが,朝から起きての仕事の一日だった。で,寝不足で食欲もないので,夕食は,いつもの蕎麦屋で,いつもの木の葉丼定食。

   写真:木の葉丼@妙幸庵 写真:木の葉丼定食@妙幸庵

 たぬき(きつねそば)に木の葉丼が付いて580円。漬物に柴漬けが付いていたのが嬉しかった。山口美江が「紫漬け食べたい!」と叫ぶCFもあったなぁ。

2007/05/28(月)

[ Gourmet ]

おまかせ海鮮丼/山神山人

 暑からず寒からずの快晴。極上の天気の中を,昼食を食べに自転車を走らせる。

   写真:おまかせ海鮮丼@竹宗 写真:おまかせ海鮮丼@竹宗

 最近週一のペースで食べている,刺身ががっつり食べられる,竹宗の「おまかせ海鮮丼」。今日の刺身は,きずし・タコ・カンパチ・ヒラメの昆布締め・鱧の蒲焼・イクラ・ネギトロ。彩りもいい。カンパチが大きくて食べ応えあり。ネギトロもたっぷり。この海鮮丼。ネタが毎回違うので飽きないし,刺身を満喫できる。今日の小鉢は,高野豆腐の卵とじ。豆と椎茸入り。これも大好物。

 夕食は,久しぶりに駅南口のラーメン屋「山神山人」で味玉麺と焼餃子,計990円。しばらく食べないうちに,ここの餃子,ちょっと美味しくなったような気がする。相変わらずの極細麺が固めの茹で加減でいい。ラーメンにおろしニンニクをたっぷり入れて,すっかりニンニク臭くなった。
 ZARDの坂井泉水さんが,入院中の事故(?)で亡くなったとのニュース。えっ嘘,と思わず思った。車のCDチェンジャーに入れっぱなしなので,昨日も運転しながらZARDの曲を聴いていた。40歳とはまだまだの若さ。何故か才能ある人の夭折の知らせを聞くことが多いなぁ。ご冥福をお祈りします。

2007/05/29(火)

[ Misc ]

不調

 どうも調子が悪い。金曜日の出張の疲れが今頃出たか? 日曜日も休日出勤だったしなぁ。

   写真:天津飯@迎日楽 写真:焼餃子+天津飯@迎日楽

 調子の悪いときは好物でも食べて元気を出そうと,近所の中華「迎日楽」で天津飯+焼餃子。これでは野菜が足りないなぁ,と食後に人参ジュースを飲んでおく。

 昨日今日と,まるでアベシンゾーの悪事を隠すかのように,都合よく人が「自殺」していくねぇ。人二人殺しても隠さなければならないアベシンゾーの悪行っていったい? まあ今頃,あの悪辣なアベシンゾーのことだから,一人部屋で高笑いしていることだろう。これで夏の参院選の自民党のキャッチフレーズは決まったね。「人殺しアベシンゾーに清き一票を!」。ってそれまで政権持つかな?

2007/05/30(水)

[ Misc ]

引き続き不調

 なんか調子悪いなぁ。気候のせいかなぁ。例の持病の「肩こり」も,右肩が痛くて頭痛直前。

   写真:あさり酒蒸し@竹宗

 晩酌も調子が出ない。食欲ないので,アテは「あさり酒蒸し」。とりあえずのビール「サッポロクラシック」の後,芋焼酎「赤霧島」のお湯割を1杯だけで〆る。こういう日は,さっさと風呂へ入って寝ることにする。

2007/05/31(木)

[ SubCulture ]

夜がくる

 体調はちょっとマシになった。
 仕事から帰ってくるとポストに,アマゾンからのメール便が押し込まれていた。一昨日,注文したCDだ。例のサントリー・オールドのCMソング「夜がくる」。CDが出ていると言うので注文した。アマゾンで「人間みな兄弟」で検索すると見つかる。10%オフで1,801円になっていた。正式なCDタイトルは「人間みな兄弟〜夜がくる」のようだ。写真のようにもろに「オールド」というジャケットとレーベル。

   写真:CD「人間みな兄弟〜夜がくる」(ジャケット面) 写真:CD「人間みな兄弟〜夜がくる」(レーベル面)

 おなじ小林亜星の曲が,さまざまな楽器でアレンジされて19ヴァージョン収録されている。いづれも数十秒から2分ほどの長さ。未発表ヴァージョンも5つほど含まれていて,順に:
 オリジナル,口笛,ハーモニカ,サックス,室内楽,スキャット,ウクレレ,ピアノ・コンボ,サルサ,オルガン,ギター,トランペット,スキャット・ア・カペラ,ピアノ,ピッチカート,オーボエ,ブラス,レゲエ,オルゴール。
 アレンジが違うとはいえ,同じメロディばかり繰り返し聞いていると,ちょっと頭がウニウニしてきた。やっぱり定番の「オリジナル・ヴァージョン」「口笛ヴァージョン」「ハーモニカ・ヴァージョン」あたりがいいねぇ。もちろんウィスキーが飲みたくなったので,シーバス・リーガルの水割りを作る。申し訳ないが,オールドは普段飲まないんですよ。
 ところでアマゾンでCD1枚だけ注文すると,メール便で送ってポストに放り込んでくれるようだ。ちょっと便利。ペリカン便で送られると,在宅して判子を押して受け取らなくちゃならないのが,ちょっとウザイから。

 今日は木曜日で週刊漫画誌「モーニング」の発売日。ということで駅北口の本屋「パルネット市田書店」によって,南口のお好み焼き屋「七つの壁」で夕食。とりあえず生ビール中ジョッキを注文。

   写真:豚モダン(焼き始め)七つの壁 写真:豚モダン(出来上がり)@七つの壁

 お好み焼きは,一番のお気に入りの「豚モダン」にする。今日のバイトは始めてみる顔で,焼き方がヘタクソだった。まあ,ここのお好み焼きは,シロートが焼いてもそれなりに出来上がるシステムにはなっているが。

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2007, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama