Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2009-04

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2009/04/30(木)

[ News ]

フェーズ5

 仕事から帰ってきて夕刊を見ると「フェーズ5」の見出し。豚インフルエンザの流行がいよいよ「大流行直前の兆候」まで来たようだ。予想されていたとはいえ,パンデミック(フェーズ6)直前とは居心地が悪い。
 ところで各メディアでは28日までは「豚インフルエンザ」と報じてきた。これが29日から一斉に「新型インフルエンザ」に切り替わる。政府の発表を受けてのことだろうが,なんとなく言論統制されているようで気持ちが悪い。この件について「きっこのブログ」では,アメリカの圧力だと書いている。
    きっこのブログ:
自民党はアメリカのセールスマン 
 読んでみると,日本人としては嫌な感じがするなぁ。
 で,ニュースを探してみると:
    毎日新聞: 新型インフル:「豚」呼称やめましょう EUが提案 
    産経新聞: 【新型インフル】当初、なぜ「豚」の名称を使ったのか 
 などの記事。いずれにしろ養豚業者への配慮のようだ。私達の健康を気遣ってのことではもちろんない。「北米インフルエンザ」や「メキシコインフルエンザ」など呼称の提案もある。ちょっと嫌がらせっぽい。
 しかし「鳥インフルエンザ」はどこへいったのか。「豚インフルエンザ」が流行を始めたからといって,強毒性の「鳥インフルエンザ」が待ってくれる訳ではない。現に今現在も中国などでは,鳥から人への感染が発生し続けているようだ。こちらもいつ変異し,人から人への感染力を獲得するかも知れない。「鳥」と「豚」のW流行も考えられないわけではない。そのとき「豚インフルエンザ」を安易に「新型インフルエンザ」と呼んでいると情報が混乱するのではないか。やはり今回は「豚インフルエンザ」と呼んでおくのが無難なようだ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/29(水)

[ Misc ]

豚野郎

 別れた元夫に「金髪豚野郎」と下品な言葉を吐いたバカ女もいたが。
    Yahoo!知恵袋:
教師に「殺すぞ豚野郎!」と言っただけで親を呼び出されました 
 ネットをうろうろしていたら,たまたま見つけたトンデモな書き込み。中学生が学校に親を呼び出されて叱られたと泣き言を書いている。って,こんなことも分からない子供に育てた親の躾はどうなっているんだろう。高校生なら即停学だろう。ネタかも知れないが,本気で書いているとしたら救いようがないバカだ。もっとも呼び出された親の方も,こんな子供を育てるぐらいだから,救いようのない連中なのかも知れないが。
 そういえば小学生の子供が同級生の女の子を蹴って教師に怒られた。怒られてPTSDになったから金を寄越せと強請っていた母親が,最高裁で一蹴されたそうだ。なんともバカ親が増えて日本の将来が心配だ。学校の出来ることは限られた範囲。昔は「親の顔がみたい」と言ったが,子供のやることは基本的には親の責任だろう。

 松下幸之助氏設立のPHP研究所の月刊誌「Voice」の2009年3月号記事から。
    Voice: パチンコをやめろ 

パチンコをやめろ
高山正之(ジャーナリスト)
 マッカーサーは戦後の日本で過去に例のない専制と独裁政治を展開した。
 彼はまず罪を犯した米兵への裁判権を日本に放棄させ、新聞が米兵の犯罪を報道することも禁止された。おかげで米兵は強姦も強盗もし放題、殺人も構わなかった。調達庁の調べでは占領期間中2500人が殺された。
 彼の占領政策の柱は、日本人の誇りを奪い堕落させ2度と白人支配の脅威にならないようにすることだった。そのために東京裁判で日本を侵略国家に仕立て、A級戦犯はわざと皇太子殿下の誕生日に死刑を執行した。横須賀港にあった戦艦三笠はいかがわしいダンスホールに改造された。
 日本では賭博は禁止だったが、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還するまでのあいだ、パチンコ屋をやることを日本政府に認めさせた。
 賭けごとは日本人の堕落を促すと読んだためだ。さらに彼は、軍歌いっさい厳禁のなかでパチンコ屋に限って軍艦マーチを流すことを認めた。どこまでも日本を貶めた。
 パチンコで日本人を堕落させる計画は彼の期待以上にうまくいった。なぜなら朝鮮人は帰還しないでパチンコとともに日本に居座ったからだ。経営者の95%が朝鮮人という業界は、日本人の射幸心をあおっていまも年商20兆円を稼きだしている。
 対支那のODA総計6兆円をはるかに凌ぐ上がりは南北朝鮮を潤し、社民党への献金から北の核開発までを支えてきた。
 一方、日本ではパチンコ屋の駐車場で子供が蒸し殺される悲劇が続く。3年前の一斉巡回で56人の乳幼児が蒸し焼き寸前で救出された。借金漬けの主婦が売春に走り、景品交換所では強盗殺人事件が後を絶たない。
 松戸市の市営住宅で火事があり、3人の子供が焼け死んだ。23歳の母はそのときパチンコに熱中していた。マッカーサーの思うとおり日本人は堕落した。百害あって一利もない違法パチンコはまだ廃止もされず、悲劇を生みつづけ、南北朝鮮だけが笑っている。
 なんともおぞましい話だ。しばしばパチンコが「朝鮮玉入れ」と揶揄されるのも良く分かる。多重債務に陥っても止められず,働きもせず生活保護費(私達の税金だ)を貰いながら昼間からパチンコに明け暮れる連中が後を絶たない。まったくこちらが言いたいぐらいだ,「○すぞ,○野郎!」。

 私たち日本人はその気持ちに充分に応えているだろうか。
    朝日新聞: 台湾人7割「日本に親しみ」 20代は79% 
 常に残忍な侵略国家「中華人民共和国」の武力による脅迫に耐えて続けている共和国台湾の人々。たぶん指呼の先にある沖縄に駐留する米軍が唯一の希望だろう。しかし冷酷な帝国「アメリカ合衆国」が,台湾の人々を損得抜きで守るとも思えない。台湾防衛は,旧宗主国「日本」に与えられた神聖な使命ではあるまいか。

 地下鉄我孫子(あびこ)駅南口から東へ歩いて鍼灸の専門学校の手前にある居酒屋。おもてに「松坂牛とおでん」とあり,その取り合わせが気になって入ってみた。L字のカウンターだけの普通の居酒屋。夫婦2人でやっているよう。メニューをみるとまず普通のおでんが並んでいる。が,具に松坂牛のいろいろな部位があるのが珍しい。おでんの値段は普通か少し安いぐらい。ただし松坂牛のメニューはギャップがある。おでんと陶板焼の2本柱でやっているようだ。最近,串カツも始めたよう。

   写真:厚揚げと竹輪のおでん@御馳走亭すてきや 写真:松坂牛ロースのおでん@御馳走亭すてきや

 で,とりあえず生ビールの後,適当におでん種を頼む。上の写真左は,厚揚げと竹輪。まず普通。薄味のダシが旨い。写真右は,松坂牛ロースのおでん。なるほどなぁという味。おでんというのもなかなかにお肉の旨い食べ方だと分かる。後は適当に頼んで,生ビールを3杯飲んで,勘定は2,840円。
 御馳走亭すてきや。地下鉄御堂筋線我孫子駅3番出口から東へ徒歩5分ぐらい,4つ目の信号の手前。住所は「大阪市住吉区苅田7丁目3-8」,電話は「06-6625-9718」。ランチ 11:30〜14:00/ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:30),日曜定休。
 リンク→ 地図 

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/28(火)

[ News ]

フェーズ4

 WHO(世界保健機関)がフェーズ4に警戒レベルを格上げして,日本政府が「新型」を宣言した豚インフルエンザ。これから強制力を持った対策がとられるそうだ。
    毎日新聞:
新型インフル:「フェーズ4」の意味と対処方法は? 
    毎日新聞: 新型インフルQ&A:症状や感染経路、治療方法は? 
 今日のプイプイ(毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」)でも,トップ扱いだった。とりあえず2週間分のマスクと水・食料の備蓄が必要とのこと。「新型」と言っても,要は風邪のきつい奴。飛まつ感染(せきやくしゃみ)なので,手洗い・うがい・マスクといった基本の対策が結構効果があるという。また万が一日本国内で本格的に蔓延したときには,社会システムに障害が出るので,食料品などの流通が滞るかもしれない。地震と同じ対策をとっておいた方が無難なようだ。角淳一氏は持病があるので,医者から貰った薬を少しずつ取っておいて備蓄しているそうだ。万が一医者に行けなくなったら困るからとのこと。
 今回,メキシコで,本来インフルエンザに弱い子供や老人などではなく,青年層に死者が多く出ているのが謎だと言う。元気で活発な免疫系を持つ青年層で,免疫が働きすぎて不具合が起きているのではないかと推測されているようだ。老人は,過去に何度か罹ったインフルエンザのおかげである程度の免疫が出来ている上,免疫系も活発でないため過剰反応せず免疫不全を起こしにくいのではないかという推測だ。
 今回の新型インフルエンザ。同じくアメリカ大陸で発生した「スペイン風邪」に流行の様子が似ていると言う。このスペイン風邪。当初は死者も少なかったが,夏ごろから急に死者が増えたそうだ。流行の過程でウイルスが変異したのではないかという。今回もとりあえず今のところは弱毒性らしい。が,蔓延するうちに人の体内で強毒性に変異する可能性を否定できない。すでに豚のインフルエンザが人から人へと感染するように変異したわけだから充分な警戒と準備が必要だろう。幸い今はタミフルが効いているが,ウイルスが変異の過程でタミフルへの耐性を獲得するかも知れない。強毒性+タミフル耐性は最悪のシナリオだ。そうならないことを祈る。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/27(月)

[ SubCulture ]

中高年とマンガ

 いわく「特にマンガは40代から上の層に向けた作品の方が絶対に売れる」のだそうだ。
    毎日新聞:
マンガ界:「主役」の中高年層を狙え 「アトム」リメーク、帰ってきた「ジョー」 
 団塊の世代は「劇画を発見したのは俺たちだ」と言いたがっているようだが,この世代はまだ「マンガは女子供の読むもの」という意識を引きずっている。だから「まんが」を「劇画」などと言い換える。ずいぶん昔の朝日新聞の記事で,分かった風なロートル記者が,少女漫画家の里中満智子のことを「劇画家」と紹介していて,のけぞったものだ。この手の人たちにかかれば「ベルばら」も「劇画」になるらしい。
 その一世代下の私たちは,学生のころから「少女まんが」をフツーに「まんが」として読んでいた。萩尾望都や大島弓子の時代だ。私たち以降の世代は,マンガをフツーにマンガとして読んでいる。
 ところが,最近の若い人たちはマンガを読まなくなったと記事はいう。「若者の娯楽がネットやゲームに広がりマンガの比重が下がる一方、高齢化した読者層が存在感を増している」そうだ。「一般的に『文化の中心は若い人だ』という考え方があるけれど、それは必ずしも正しくないと思う。今の若い世代は、マンガも映画もテレビもあまり見ない。でも上の世代は違う。特にマンガは40代から上の層に向けた作品の方が絶対に売れると思う」のだそうだ。
 登山が中高年の趣味になってから久しい。バイク(オートバイ)ツーリングに出かけても,確かに出会うライダーの年齢層が変わって来ている。かつて若者の特権だった世界が今や中高年によって支えられている。マンガもまた中高年の趣味になるのか。

 どちらを優先すべきか? 悩ましいところだ。
    毎日新聞: 豚インフル:予防ワクチンを優先製造 
    毎日新聞: 豚インフル:ワクチン製造優先、専門家から賛否両論 
 今回の豚インフルエンザ・ウイルスは,既知のAソ連型に良く似たタイプだが,未知のウイルスだという。とりあえずインフルエンザ治療薬「タミフル」が効くことが確認されている。このまま一気に世界的流行へとなだれ込むのか。メキシコ・アメリカを中心とした局地的流行で収まるのか。専門家もまだ見極めきれていないようだ。
 この段階で,日本政府は豚インフルエンザのワクチン製造を優先すると決めたと言う。今の局地的流行がパンデミックとなれば,先手を打った決断だと後日評価されよう。しかし,局地的な流行のままで終われば,豚インフルエンザを優先したために,通常のインフルエンザ・ワクチンが不足する事態となる。通常のインフルエンザも毎年1万人前後の死者を出しているというので,決して侮れない。政府の判断は拙速に過ぎるのではないか,充分に専門家の意見を聞いた上でのことか。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/26(日)

[ Gourmet ]

ピッツェリア@梅田

 なんかまどろっこしいなぁ。
    朝日新聞:
豚インフル「緊急事態」、NYで8人感染確認 
 メキシコとアメリカの国内事情で警告レベルは上げなかったそうだ。って,もう人から人への感染が始まっているのに大丈夫か。旅行者を通じてニュージーランドやフランスへも拡散が始まっているようだ。日本も対応を急いでいる。ゴールデンウィークのメキシコ旅行も中止するところがあるそうだ。
    讀賣新聞: マスク着用、手洗い・うがい積極的に…豚インフルQ&A 
 ワクチンがないので,手洗い・うがいといった,いつもの対応しかまだない。もうウイルスは手に入っているのだから,今から大急ぎでワクチンを大量生産すれば,パンデミックに間に合うはずだ。

 火曜日のプイプイ(毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」)で,新人アナウンサーの大吉洋平アナが,ピッツァ(ピザ)を食べていた。で,そこへ出かける。梅田新道の「ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ 梅田」。京都や関東東海にもあるチェーン店のようだ。地下鉄谷町線の東梅田駅7番出口から御堂筋を南へ2・3分。梅新交差点の北東角のビルの1階にある。というか,お初天神の南正面。2階も「The BAR」とか言って同じ店のよう。
 事前に予約の電話をしたのだが,来た順に入ってもらっています,ということで,予約は受け付けていないようだ。行ってみると喫煙席が満席で10分ほど待つ。店の前にメニューが出ているので,何を食べるか考える。灰皿もあるのがサービスがいい。

   写真:オリジナル・カクテル@ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ梅田 写真:突き出し@ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ梅田

 上の写真左,「ぐるなび」のクーポンで出て来たオリジナル・カクテル。甘くもなく辛くもなく程よく飲みやすい。上の写真右は,アミューズ(突き出し)の海老の天ぷら。チャージはたぶん1人300円。

   写真:生ハムとサラミの盛り合わせ@ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ梅田 写真:D.O.C(ドック)@ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ梅田

 アンティパスト(前菜)は,「生ハムとサラミの盛り合わせ」1480円(上の写真左)。生ハム2種とサラミ。右の生ハムがなかなかに旨い。サラミは少し塩気がきついが,お酒のお供にはちょうどいいか。
 で,上の写真右は,本日お目当てのピッツァ「D.O.C(ドック)」2300円。カウンターの横に鎮座している石釜で薪の火で焼き上げる。完熟チェリートマトと水牛のボッコンチーニチーズのピッツァで,何やらのコンクールで世界一になったらしい。
 ピッツァは生地が薄いのにしっとりと柔らかい。テレビで見たように頂点をフォークで折り返して食べる。旨い。チーズに味の深みがある。トマトの適度な酸味もいい味を出している。が,いかんせん食べにくい。汁がたれて手が汚れる。これはデートには向かないなぁ。他にもいろいろピッツァの種類があるので,デートの時は他のピッツァを選んだ方が無難か。生地が旨いので他もいけると思う。
 他にも「自家製ニョッキ」なども試して見たかったのだが,ツレが2切れで満足だと言うので,残りを片付けてお腹がくちくなってしまった。

   写真:モンブラン@ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ梅田

 で,後は私はグラスワインの赤を頼む。ワインリストもいろいろ揃っているし,グラスワインも赤だけで3種類ある。ここはワインでピザの店だなぁ。で,ツレはデザートモード。上の写真は,抹茶のなんとかというモンブラン。何口か分けて貰ったが,中にも栗が入っていた。と,2人とも小食なのであまり食べなかったが,勘定は2人で6,340円。
 ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ 梅田。住所は「大阪市北区曽根崎2-3-5 梅新第一生命ビルディング1F」,電話は「06-6312-2165」。ランチ 11:00〜15:30(L.O.14:30)/ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:30),無休。
 リンク→ ホームページ ぐるなび 地図 

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/25(土)

[ Misc ]

裸になって何が悪い

 草なぎ容疑者(なぎは弓へんに剪)の一言,さっそくネタにされているようで。
    スポニチ:
吉本芸人「裸で何が悪い」と新劇場をPR 
 吉本の新劇場の開場式典で,芸人の1人が上半身裸でネタを披露。すかさず横から「裸で何が悪い!お酒は飲んでませんが」と突っ込んだそうだ。
 お笑いのネタにされるということは,深刻な問題ではないと認識されている証拠。ファンの間では草なぎ容疑者に同情する声が大きいと言うが,そういう世間の雰囲気に敏感に反応したのか。
 一方こちらは商魂たくましい。
   スポニチ: 注文殺到!「裸になって何が悪い」Tシャツ 
 前首相の福田康夫が辞任した際,「あなたとは違うんです」Tシャツを発売した「ClubT」というオンラインショップが,早速今度は「裸になって何が悪い」という言葉をプリントしたTシャツを発売したそうだ。1枚2100円からというこのTシャツに注文が殺到しているという。これもたいした犯罪ではないと言う判断だろう。

 どうやら深刻な事態らしい。
    朝日新聞: 豚インフル、国内でも警戒の動き 空港などで注意喚起 
 メキシコとアメリカで発生し死者まで出している「豚インフルエンザ」。人から人への感染が確認され,一気に新型インフルエンザのパンデミックが懸念される事態となって来た。日本ではとりあえず空港での水際作戦ということらしいが,「豚インフルエンザ」の侵入を防ぎきれるのか。大流行の兆しでなければ良いが,ワクチンの開発など,早急な対策が求められている。

 オバマの戦略が崩壊し始めている。
    朝日新聞: タリバーン、パキスタン首都の目前に 米「致命的脅威」 
 イラクから敗走した米軍をアフガニスタン侵略に振り向けると言うのが,アメリカの新大統領オバマの戦略だ。その足元が揺らいでいる。アメリカの侵略により追放されたアフガニスタンの前政権タリバンが,民衆の支持を受けて勢力を回復していると言う。アフガニスタンの現政権は,所詮はアメリカ侵略軍の傀儡。民衆の支持もなく,すでに浮き足立って,タリバンとの妥協に走っているそうだ。パキスタンでも同様の事態が起こりつつある。「核」を持ったパキスタンが,タリバンの影響下に入るなど,アメリカにとっては悪夢以外の何ものでもないだろう。

   写真:生ミンク鯨の刺身@竹宗

 晩酌のアテは,久しぶりに「生ミンク鯨の刺身」。鯨はたまにしか入荷しないので,あれば食べてしまう。それにしても冷凍の入っていない「生」とは,いったいどんなルートで入ってくるのか。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/24(金)

[ Misc ]

南京町

 草なぎ容疑者(なぎは弓へんに剪)の事件は欧米でも報道されているようだ。が,SMAPが知られているのは,日本とアジアのごく一部。日本の過熱報道に興味の中心があるようだ。
    gooニュース:
SMAP逮捕の報は欧州にも伝わり「酒に飲まれる激職日本人」像も伝わる 
 SMAPが「Japanese boy band」と紹介されている。アイドルグループは,いい歳をしたおっさんでも「boy」らしい。そういえばレストランなどの店員は,ある程度の歳でも「ボーイ」って呼ぶよなぁ。
 で,肝心の本人。釈放されて会見を開いたそうだ。
    朝日新聞: 「飲んで脱ぐこと、初めてだった」 草なぎさん一問一答 
 昨日は分からなかったことがちょっと分かる。一昨日の夜は,近所の行きつけの居酒屋で1人(?)で,へべれけになるまで飲んで,その店の閉店後,店の店長と40代の女性店員と更に飲み続けたようだ。その後3人で近所のバーへ行ったらしいが,この辺は記憶にない由。で,店長と別れ,公園の前で女性店員と別れた後,例の全裸絶叫となったようだ。うーん,普通人なら結構ありがちなシチュエーションだなぁ。一昨日は嫌なことがあったらしい。そういう日は往々にして悪い酒となる。

 鳥インフルエンザかと思ったら「豚」か。
    朝日新聞: メキシコで豚インフル?60人死亡 米で人・人感染確認 
 新型インフルエンザのパンデミック警戒中の世界。メキシコで,60人もの死者が出たそうだ。それも抵抗力の弱い子供や老人ではなく,普段病気に縁の少ない青年層だという。この豚インフルエンザ。すでにメキシコからカルフォルニアにまで広がり,人から人への感染も確認されたと言う。早急な対応が必要なようだ。
    *
 天気が良いので神戸へ出かける。開通したばかりの阪神なんば線に初めて乗る。駅がみなきれいだが,特にドーム前駅が印象に残る。大阪ドームで阪神戦をやるので気合を入れたのか。神戸までの直通は一時間に一本ぐらいしかないようで,尼崎で本線に乗り換え。ひさしぶりの阪神電車だが,地下鉄に比べ,座席がゆったりしているように感じる。地下鉄よりは長い距離を乗る乗客が多いからか。

   写真:南京町長安門 写真:南京町西安門

 とりあえず南京町。両端に門があり,それほど長くない通りの両側に飲食店やみやげ物屋などの店舗がぎっしりと並ぶ。町の真ん中に広場。地図があったので眺めて,昼食は餃子にする。広場よりちょっと西側,道の南側の「元祖ぎょうざ苑」。11:45の開店直後に入ったが,すぐに行列が出来た。

   写真:大定食@元祖ぎょうざ苑

 カウンターに座って,餃子1.5人前の「大定食」800円。スープとライスが付く。餃子は焼餃子か水餃子を選べると言うので,水餃子。醤油と酢を混ぜてタレを作る。お湯に浸かったままなので冷めずにいただく。皮は水餃子にしては薄め,焼餃子と共通か。丸まった具は結構味付けが濃い。「ぎょうざ味噌ダレ発祥」の店とあったので,1つだけ試しに付けてみる。それなりにいけるが,これは焼餃子用のようだ。焼餃子につけるとどんな味になるかは不明。機会があれば試してみたい。

   写真:ポートタワー 写真:神戸港

 神戸港の方へぶらぶらと歩く。遊覧船に乗って港めぐり。明石海峡大橋を眺め,神戸空港近くまで行く。建造中か,補修なのか,海軍の潜水艦が係留されていた。
 帰りに三宮と元町の中間辺りにある「ニューミュンヘン神戸大使館」(ぐるなび)へ行く。地ビール「大使館ビール」は,このビルの地下で作っているそうだ。店に入ろうとすると「ドアガール」が扉を開けてくれる。まだ暇な時間帯だからか,人件費が気になる。で,カウンターに案内される。この前行った「南大使館」のカウンターは殺風景だったが,ここはなかなかに居心地がいい。大阪にあれば通うのに。

   写真:フランクフルト@ニューミュンヘン神戸大使館

 で,「神戸大使館ビール」「港神戸ヴァイツェン」「ヱビス黒生」と中ジョッキを3杯飲み比べる。大使館ビールは苦味が目立つが,この前よりはまろやかに感じた。輸送していないからか。ヴァイツェンは飲みやすい。ヱビス黒はいつもの味。アテは,フランクフルト。ザウアークラウトが付け合せに付いて来る。
 帰りは,なんば線に乗り換えるつもりで阪神電車。が,気持ち良く酔って寝込んでしまい。気が付いたら梅田に着いていた。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/23(木)

[ News ]

草なぎ容疑者

 いわゆるひとつの「酒癖」か。
    朝日新聞:
1人で全裸「何が悪い」 草なぎ容疑者、急行した署員に 
    朝日新聞: 草なぎ容疑者「3人で2軒はしご」 警視庁に供述 
 ジャニーズ事務所所属のグループSMAPのメンバー,草なぎ(なぎは弓へんに剪)剛容疑者(34)が,泥酔して公園で全裸になり逮捕されたと言う。逮捕されるとき相当暴れたと言う。これがコンパ帰りの学生なら,「トラ箱」で一泊させられて,酔いがさめた後で説教されて終わりなんだろうが,ことが分別のあるべき34歳となれば警察の処分もきびしくなるか。それにしても,酔ってセクハラ・強制わいせつなどなら大問題だが,自ら全裸とはまあ「酒癖」のうちかもしれない。よほどストレスがたまっていたか。
 本来なら微罪に異例の家宅捜索。薬物を疑われたのか。しかし尿検査は陰性だったと言う。しかし逃げも隠れもしないであろう「有名人」に勾留したまま身柄送検とはずいぶん警察の対応も厳しいなぁ。やはり別件で何かあるのかと疑ってしまう。
 が,ペナルティはあまりに大きい。CMは中止か。すでに完成している映画も公開の目処が立たなくなったという。テレビもレギュラー抱えてるんじゃないの? 1軒目に寄った居酒屋も今日は臨時休業とか。これはとばっちりか。
 ところで草なぎ容疑者。朝鮮語が話せると報道にあったが,在日の人なのか?

 最終局面。
    産経新聞: スリランカで政府軍がLTTE支配地域を包囲 
 スリカンカ(旧セイロン)のテロ組織「タミル・イーラム解放の虎」(LTTE)が,いよいよ追い詰められているらしい。残存勢力は800〜900人。しかし住民推定1万5000人を連行し「人間の盾」としようしているらしい。悪あがきもいいところだ。最高幹部も連行した住民の中に紛れ込んでいるとか。政府軍は住民の救出を最優先しつつ,海上までも包囲し,最高幹部の逃亡を許さぬ構えのようだ。LTTEは非人道的な戦術を今すぐ放棄・投降し,テロ行為や子供の誘拐などについて公正な裁判を受けるべきだ。

   写真:かやくご飯+ざるそば

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は「かやくご飯」+「ざるそば/かけそば」。ざるそばをチョイス。かやくご飯は,筍を始め具が多い。ヘルシーな一品。
 夜は,木曜日と言うことで個人的「粉もんの日」。今日は「ねぎ焼き」。いつもは「ポン酢」でいただいていたのだが,元祖ねぎ焼きは醤油味ということを聞いたので,今日は「しょうゆ」を試してみる。醤油味もなかなかいけるなぁ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/22(水)

[ Misc ]

ペット残酷物語

 喫茶店で昼食を食べながら,備え付けの週刊誌「SPA!」(旧・週刊サンケイ)の今週号をぱらぱらと読んだ。で,連載コラムの「中華人民毒報」。今回は中国ペット市場情報。中国の愛玩犬は,考えられないような残酷な目にあっているようだ。
 例えば毛色。色によって売れ筋があって大幅に値段が変わるそうだ。で,どうするか。熱湯に漬けて売れ筋の色に染色するそうだ。仔犬は最初は苦しがって暴れるが,やがてはぐったりとなって,一丁あがりというわけだ。買って来た仔犬を洗うと水が濁りどんどんと色が落ちていくと言う。逆にある日本人在住者が「白い犬が欲しい」というと「明日仕入れて置きます」とペットショップの店員が請け負う。で,翌日行ってみると明らかに漂白されてぐったりとした仔犬が居たそうだ。で,当然元気のない犬は,売るときだけ向精神薬を投与され,一見元気な風にされているという。
 これらの犬がもちろん長生きできるわけもない。中国では「星期狗(ウィークリードッグ)」という新語があるそうだ。買ってきてから1週間しか生きられない仔犬という意味らしい。ひどい場合は翌日には死ぬそうだ。
 で,それでも売れ残った犬はどうなるか。もちろん中国三千年の秘儀がある。売れ残った愛玩犬の末路は食用犬というわけだ。
 帰ってきてネットで検索してみると,上の記事の元ネタの1つらしい記事を見つけた。
    Yahoo!ニュース:
茶色の犬が本当は…?業者による「毛染め」の残酷―中国 
 ジャッキー・チェンが「中国人は管理されるべき」と言って物議をかもしているが,なるほど,金のためなら何でもする中国人を統制するには強権しかないのかも知れない。

 また妄想大爆発だよ。
    毎日新聞: 中国:「南京虐殺」テーマの映画、全土で次々公開 
 今更またまたでっち上げの「南京虐殺」を持ち出しているそうだ。「南京虐殺」は,蒋介石軍が欧米に金をねだるためにでっち上げた嘘八百のデマ宣伝。そのホラ話を戦後,共産党は更に話を大きくして再利用している。また日本に金でもせびるつもりか。あるいは共産党支配の緩んだタガを締め直すのか。戦時中,共産党は日本軍から逃げ回っていて,偶発的な小競り合い以外の「抗日」をほとんどしてこなかった。日本が戦っていた「支那軍」とは蒋介石軍だ。その恥ずかしい過去を隠し抜くためには,定期的にこうして空気を入れ直す必要があるのか。相手にするのもバカらしい。

   写真:親子丼

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は親子丼。ここの親子丼は大きな鶏肉がごろごろ入っていて旨い。

   写真:焼たけのこ@竹宗

 そろそろ旬も終わりの竹の子。今日の晩酌のアテは,焼たけのこ。田楽味噌・醤油焼き・木の芽味噌,と三色の味を味わう。歯ごたえと独特の苦味が筍の醍醐味か。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/21(火)

[ News ]

藤川優里

 まあ組織票なんだろうけど。
    産経新聞:
美人八戸市議のトップ確定 世界ネット投票 
    20minutos: Yuri Fujikawa, elegida la politica mas bella por los usuarios de '20minutos.es'(スペイン語)
 産経新聞の記事によると「スペイン紙『20ミヌートス』のホームページ上で行われていた『世界で最も美しい女性政治家』を選ぶネット投票は20日朝(現地時間19日夜)に終了し、青森県八戸市の藤川優里市議(29)の1位が確定した。総得票数は14万6359票だった」そうだ。DVDを出したりとアイドル並みの活動をしていて,いわゆる「萌え」系の美人だから,日本でならさもありなんなんだが。
 エントリされた同紙が独断と偏見で選んだ世界30カ国計65人の「美人政治家」に藤川優里が入っていたと言うのが,すごいと言うか,誰か日本人が知恵をつけたんだろうか。そうでなくてスペインでも知られていたと言うなら,凄いなぁ,の一言だ。
 ちなみに最高齢の61歳でエントリーされていた米国務長官ヒラリー・クリントンは48位(2万2123票)だったそうだ。

 また懲りもせずに「人間の盾」か。
    毎日新聞: スリランカ:反政府組織への降伏期限終了 市民4万人避難 
 インド洋に浮かぶスリランカ(旧セイロン)では,仏教徒の多数派シンハラ人とヒンドゥー教徒の少数派タミル人との間で長い抗争が続いて来た。その少数派タミル人の一部過激派が「タミル・イーラム解放のトラ」(LTTE)という組織を結成し,様々なテロ活動を続けてきた。が,ここにきてLTTEは同胞タミル人の支持をも失い,ジャングルの狭い地域に押し込められているという。
 このLTTE。爆弾テロなどはもちろんだが,残虐なのは,同胞タミル人の子供を誘拐した上で,洗脳し少年兵に仕立て上げて銃を握らせていることだ。このため本来味方であるはずのタミル人たちは,LTTE支配地域から次々と逃げ出した。
 ここに来ての続く敗北で追い詰められたLTTEは,同胞タミル人住民を追いたて「人間の盾」にしようとしているという。上のニュースは,そのタミル人住民のうち4万人ほどは逃げ出せたが,まだ推定10万人がジャングルに閉じ込められていると伝えている。ここで許しがたいのは,LTTEは,逃げ出そうとした同胞タミル人住民を殺害しているというニュースもあることだ。政府軍のLTTEへの降伏勧告の期限は過ぎた。総攻撃でLTTEは一掃されるだろうが,「人間の盾」にされた住民にどれほどの犠牲が出るか。
 シンハラ人とタミル人の共存を願うが,そこにはテロリストの占める席はないだろう。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/20(月)

[ News ]

スラムドッグ子役を売買

 「スラムドッグ$ミリオネア」という映画自体は見ていないのだが。
    産経新聞:
スラムドッグ子役を売買?英大衆紙が印でおとり取材 
 記事の見出しを見たときは,映画の子役の「役」を売買したのかと思ったが,実際には子供自体を人身売買する話だった。
 売られそうになったのは,映画の主人公の青年の初恋相手であるヒロインの子供時代を演じた女児。英大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」の記者がアラブの富豪になりすまし,女児の家族に20万ポンド(約2900万円)で女児の売買を持ちかけたそうだ。女児の父親は,娘の養子縁組に応じる対価として20万ポンドを要求したとも言う。おとり取材だったので,実際に人身売買があったわけではないが,どうやらインドでは,子供の売買はありふれた話のようだ。
 インドの貧困につけ込んだ同紙のおとり取材にも異論が出ている。確かにこのやり方には人種差別の臭いがする。記者に白人としての驕りがあったのか。女児の家族のぎりぎりの気持ちを弄んだ事は確かだろう。

 やっぱり「国産」だよねぇ。
    産経新聞: 国産水着の大逆襲 競泳日本選手権で国内メーカーが巻き返し 
 昨年のオリンピックでは,英スピード社製の水着「レーザー・レーサー」が話題を独占したが,これはスピード社と国際水連の癒着。自社の仕様にあわせて規定を変えさせ,日本メーカーの対応が間に合わないようにしたからだ。
 が,国産メーカーは,遅ればせながら,新しい規定に合わせた水着を素材から開発し,現在,国内で新記録を続出させているそうだ。日本選手は,この国産水着を国際大会でも着用し,日本の底力を世界に示して欲しい。

 夕食は久しぶりに,地下鉄我孫子(あびこ)駅から東へ2分のインドレストラン「ガンジス」(ぐるなび)。とりあえずのビールはインドビール「キングフィッシャー」(\600)。「パパド」をアテに飲みながらカレーを待つ。

   写真:パラクパニール+サフランライス@ガンジス

 で,カレーは今日は「パラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)」(\1100)を選択。サフランライス(\400)でいただく。カレーは中辛で頼んだので,あまり辛くは感じないが,体質で汗がどんどん出て来る。スパイスに突出したところがなく渾然一体となって深みのある辛さ。あいかわらず旨い。自家製チーズもまったりとしてカレーに良くあっている。食後にアイスチャイでのんびりとする。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/19(日)

[ Misc ]

吉兆とミシュラン

 京都吉兆嵐山本店の徳岡邦夫総料理長が,グルメ本「ミシュランガイド」について,2つのメディアに発言していた。この人,「吉兆」創業者・湯木貞一氏の孫にあたるらしい。
    プレジデント:
人に教えたくない店 [410] 
    日経トレンディ: 『ミシュランガイド京都・大阪』独占スクープ! 京都老舗料亭「掲載拒否」の真相 
 まず1つ。東京吉兆は「ミシュラン東京版」への掲載を拒否したそうだ。ふーん,老舗料亭の意地か,あるいは当時はいろいろもめていた時期だったからか。
 一方,京都吉兆も「東京吉兆が断ったから」と言う理由で一応は断ったらしい。ただし総料理長本人は掲載して貰いたいらしく,もう一度オファーして貰えればOKするそうだ。本人いわく,海外へ行ったときに「私は星付きシェフです」と自己紹介できれば箔が付く,と言う理由だそうだ。まあ色々「毀誉褒貶」のあるミシュランだが,確かに分かりやすい基準ではあるなぁ。老舗が掲載拒否する理由は,訳の分からない一見の客が押し寄せて,古くからの常連に失礼になるというのが大きな理由のようだが,吉兆クラスになるとそんな心配もないか。特に接待族には接待する相手に紹介するのに「星」は便利だろう。

 ホントのことを言っちゃったよなぁ。
    讀賣新聞: 「中国人は管理されるべき」ジャッキー・チェン発言が波紋 
 「中華圏での秩序維持には自由の制限も必要」という趣旨らしい。「あまりに自由があると今の香港や台湾のように混乱してしまう。中国人は管理しないと、やりたい放題だ」と言ったので,香港人や台湾人の激怒を買っているとも言う。
 チェンは,「共産党贔屓」で有名で,かつ文化活動について発言したようだが,中国の毒入り食品を始めとするおぞましい事件の数々を考えると,確かに中国人は放って置くとやりたい放題という面はある。その辺はきちんと政府が強権をもってしてもコントロールすべきだ。でなければ世界が迷惑をする。
 しかし無秩序なのは「大陸の中国人」。「日本精神」の伝統を持つ台湾人などは,きちんとやっている。その辺がチェンには理解不能なのだろう。

   写真:ハンバーグ定食@ペィパームーン

 美味しい白ご飯が食べたい気分。で,夕食は駅前の喫茶店でハンバーグ定食650円。この店,ハンバーグはまあ業務用のフツーのものだが,とにかく白ご飯が美味しい。炊き加減も私好み。ハンバーグで白ご飯を途中まで味わい。残りのご飯の上に半熟の目玉焼きを乗っけて片付ける。やっぱり白ご飯が何より旨い。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/18(土)

[ News ]

市長の質

 全国には7百数十の「市」があるそうだが,その数だけ「市長」がいる。数が増えるとどうも「不良品」が混じるようだ。
    朝日新聞:
愛知・知多市長、線路のさく乗り越え行ったり来たり 
 愛知県の知多市長・加藤功(67)。家が線路脇にあるそうだ。で,その線路の反対側に畑がある。数十メートル先に踏切があるにも関わらず,線路のサクに細工をして乗り越えて,畑と家とを行ったり来たりしていたらしい。空港行きの特急も通ると言う繁忙路線。「子供がまねをしたらどうする」と近所の人が訴え出て,お灸をすえられたそうだ。
    讀賣新聞: ブログ市長、失職にもさばさば…出直し選激戦必至 
 こちらは問題外。鹿児島県の阿久根市長・竹原信一(50)。話題になったので彼のブログを見に行ったのだが,どうも電波系の「行っちゃってる」人らしい。こんなのが市長になったら市民はさぞ迷惑しているだろう。というか「隣人」としても近所の人はさぞ迷惑だろう。が,幸い阿久根市は市議会のチェック機能がきちんと働いた。議会解散を挟んで2回の不信任決議であえなく失職。市長選費用で約1000万円が無駄になるそうだ。

 いや別にいらんよ。
    讀賣新聞: 「なにわ筋線」大阪府vs大阪市さや当て…建設費負担巡り 
 大阪府知事の橋下が,新大阪駅から関空へのアクセス改善のため,大阪の都心の地下を通り抜ける新線を計画しているそうだ。それは別にいい。大阪府が自分の金でやればいいことだから。ところが,橋下は「大阪市を通る路線だから,大阪市も金を出せ」と言い出している。
 とんでもない話だ。あんなところに地下鉄を作っても,大阪市民にはほとんどメリットがない。単に大阪市内を通り抜けるだけだ。途中駅も作ると言うが,その周辺にはすでに市営地下鉄の駅がある。他の鉄道・地下鉄との連絡も悪い。北梅田に駅を作るそうだが,重い荷物を持った旅客に大阪駅から延々と歩かせるつもりか。便利になるのは新大阪駅で乗り換える市外の客だけだ。新線を作るのは勝手だが,大阪府の金でやってくれ。大阪市はびた一文出す必要はない。

 こんな話,この前もあったなぁ。
    讀賣新聞: 「今、彼を車でひいている」と110番、別れ話に30歳怒る 
 30歳無職の女が「メールで呼び出した交際中の男性(29)を乗用車ではね、側溝に落ちてはい上がろうとしたところを再びはねて、殺そうとした」そうだ。「別れ話を切り出されて憤慨し、死ぬような目に遭わせてやろうと思った。5回くらいはねた」って怖いなぁ。でも,その最中に自分で110番するって,訳が分からない。男性は,全身打撲だが命に別状はないとの事。

 これで「呪い」は解ける?
    朝日新聞: 「救出」カーネル6月にも公開 ヘドロの風合い残す 
 道頓堀川から蘇った「カーネル・サンダース人形」。水中にあった風合いを残したまま,文化財並みの修復を行なうそうだ。展示先は甲子園が有力とのこと。阪神が日本シリーズで勝てないという「呪い」は,これで解けるのだろうか。

   写真:うなぎ丼(大)@竹宗

 最近忙しくて,プイプイ(毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」)の録画がたまっている。で,しばらく前のプイプイを見ると,新人アナが3800円の鰻丼を旨そうに食っていた。で,夕食は竹宗の「うなぎ丼」。ウナギは輸入物だというが(ただし中国にあらず),これが安くて旨い。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/17(金)

[ Misc ]

サケ放流

 昨日に引き続き,週刊誌「SPA!」の今週号の記事のネタ。サケの稚魚放流という安易な「エコ」を批判している。
 天然のサケの遡上は,日本列島では利根川以北の川でしか見られないと言う。したがって銚子より南の川でのサケ稚魚の放流は自然に反する。成長してからの生まれ故郷の河川への回帰もほとんど期待できない。放流したサケの稚魚に広大な太平洋でどのような運命が待っているのか,まったく分かっていない。極論すれば多量の稚魚を殺すようなものだと言う。
 記事では特に関東地方の荒川での放流を取材している。どうもこの放流を主導している「エコ」団体も不自然なことをしていると言うことは知っているらしい。が,子供たちへの「環境教育」だという。帰って来ることのないサケの稚魚を荒川に放流させる。子供たちの純真な心を騙し踏みにじるものではないか。記事では,まるで似非エコ呼ばわりだ。
 世の中には,一見見かけだけはご立派な,安易な考えの「エコもどき」が余りにも多い。科学的事実をキチン踏まえた「エコ」は難しい。

 ここまで来るとなぁ。
    産経新聞:
【漢検】「検定の延期、中止も視野」塩谷文科相 
 どうやら例の理事長父子の辞任だけでは浄化は不十分なようだ。漢検の出して来た改善案でも,利権漁りは完全には払拭されていないそうだ。高校などでは,漢検の取得をカリキュラムに組み込んで単位認定している例もあるらしい。抜本的な改革がなければ存続そのものが難しいようだ。せっかく盛り上がっている「漢検」熱に冷や水を浴びせる行為は腹立たしい。

   写真:カンパチの薄造りレモン

 晩酌のアテは,カンパチの薄造りレモン。絞りたてのレモン汁で,カンパチの薄切りをいただく。シャキシャキとした歯ごたえが身上なだけに鮮度の良いカンパチでないと出来ない食べ方らしい。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/16(木)

[ Misc ]

卵はコンビニで

 喫茶店で昼食を食べながら,備え付けの週刊誌「SPA!」(旧・週刊サンケイ)をぱらぱらと読んだ。この雑誌。ときどき「おっ」という記事を載せるので結構読み応えがある。最近はマンガ「新ナニワ金融道」の新章を連載している。
 で,今週号の記事の一つ。スーパーやコンビニなどの食品管理を特集している。とりあえずの結論は,「卵はスーパーではなくコンビニで買え」だ。
 卵の食中毒と言えばサルモネラ菌。この菌,保存温度が高くなると急激に増殖する。ところが,スーパーの卵は,常温で輸送され,常温のままで販売される。卵を常温で販売しているのは,先進国では日本だけだと言う。ましてや日本には卵の生食文化がある。非常に危険だ。これに対して,コンビニの卵は冷蔵車で輸送され,冷蔵の棚で販売される。卵はコンビニで買うのが安全だと言う。
 この記事,他にも様々にスーパーのいい加減な食品の扱いを取り上げているが,その結論の一つ,「従業員が自分の店で買い物をしている店を選べ」だそうだ。

 東京都知事の石原慎太郎。どうも好きになれないのだが,たまにまともなことを言う。
    朝日新聞:
「日本の韓国統治は公平だったと聞いた」石原知事発言 
 16日夜の記者会見で,英国人記者の質問に「ヨーロッパの国によるアジアの植民地統治に比べ,日本の統治は公平だったと朴大統領(朴正熙・韓国元大統領)から聞いた」と答えたそうだ。言うべきことはちゃんと言えるんだ,この人。
 日本の朝鮮併合によって,朝鮮半島が近代化され,朝鮮人がそれまでの未開野蛮の状態から救い出されたのは歴史的事実。戦後,アジアの旧植民地のうち最も早く近代化できたのは台湾と南朝鮮だ。この事実以上の歴史の証言はない。日本の植民地運営が,いかに欧米の奴隷的植民地支配と異なっていたかの証拠だ。(満州や北朝鮮にも日本は充分なインフラを残したが,共産主義者はそれを食い潰してしまった。)

   写真:エビミックスフライ定食

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は久しぶりに「エビミックスフライ」。海老の入ったミンチフライ。これ好物なんだよなぁ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/15(水)

[ News ]

ミサイル実験

 北朝鮮に続いて南朝鮮(韓国)も人工衛星と称してミサイル実験を行なうようだ。
    朝日新聞:
韓国もロケット打ち上げへ 7月、人工衛星を搭載 
 韓国が北朝鮮に対抗して7月末に「人工衛星」KSLV−Tを打ち上げる予定と言う。
 このロケット。最重要で技術的に難しい1段目ブースターはロシア製で,その上に「韓国製」の2段目を積むという。北朝鮮のミサイルもロシア製の改良型だから,テポドンとは兄弟ミサイルか。いずれにしてもロケット本体は,ミサイルも「人工衛星」も同じ技術。「人工衛星」というのはいい隠れ蓑だ。韓国のこの計画。そもそも北朝鮮の「テポドン1」に対抗して05年末の打ち上げを計画していたが,難航していたという。韓国は北朝鮮より技術力が低いらしい。
 しかし日本領土・竹島を武力占拠する侵略国家「韓国」のミサイル発射実験なんだから,今回も日本政府は当然ミサイル防衛計画を発動するんだろうね。

 うーん,所詮は営利企業か。
    朝日新聞: すき家ゼンショー、告発した店員を告訴「飯5杯盗んだ」 
 すき家ゼンショーと言えば,例のアメリカ産狂牛肉(BSE)騒動のときに,「アメリカ様々」の「吉野家」とは違って,独自に調査団を訪米させ,現時点では米国産牛肉は信頼できないと輸入しなかった英断で,食の安全に敏感な責任感ある企業もあったのだと評価していたのだが。
 今回の件,「残業代の割増賃金が不払いだとして労働基準法違反の疑い」だという。で従業員3人が刑事告訴および民事訴訟をしていた。その従業員のうち1人が,「ご飯に洗浄用ブラシの毛が入ったため商品に使わず、まかない用のおにぎりにした」程度のことを,「(わずか)飯5杯盗んだ」と逆告訴したという。報復なのか「みせしめ」なのか,大人気ない対応だ。この告訴,当然不起訴処分になっている。

 他国のことなので事情は良く分からないが。
    時事通信: 「何も変わらなかった」=徒労感にじますデモ隊−タイ 
 タクシン派と反タクシン派の争いだと言う。タクシン派が政権にあったときの地方へのばら撒き政策で,タクシン派は北部や北東部の貧しい農民に現在も支持されているという。で,反タクシン派は都市住民を基盤とした既存勢力だという。
 タクシン派が政権にあったときには,反タクシン派が空港占拠などを行ない権力を奪取。現在は反タクシン派政権。で,今度はタクシン派が大衆行動で国際会議を中止に追い込んだ。どうもややこしい。
 ところで,タイでは例えクーデターであっても,死者を出せば負けだと言う。さすがは微笑みの国,仏教国。今回はタクシン派デモ隊の銃撃によって住民2人が射殺された。で,タクシン派としては反政府行動の矛を収めるしかなかったようだ。
 それにしても羨ましい。確かに日本社会も死者には敏感。ただしそれは一方的なものだ。政府の側は何人国民を殺してもお咎めなし。朝日や讀賣のような大新聞が司法とぐるになって政府を守ってくれる。しかし反政府の側が死者を出せばおしまい。機動隊に死者でも出せば運動は壊滅させられる。

   写真:和風ビビンバ

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は「和風ビビンバ」。わかめスープが付くのは定番か。小鉢は「なます」。ビビンバを良くかき混ぜようとするのだが,どんぶりに山盛りなのでちょっとかき混ぜにくい。が,米が旨いので当然ビビンバも旨い。野菜がたっぷりとれて満足。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/14(火)

[ News ]

日本に謝罪

 実際にその立場になってみないと分からないと言うことだ。
    讀賣新聞:
「日本に謝罪」…かつて対日批判急先鋒の米ノーベル賞教授 
 2008年のノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン米プリンストン大教授は13日、外国人記者団との質疑応答で、1990〜2000年代のデフレ不況に対する日本政府や日本銀行の対応の遅さを批判したことを謝罪した。
 記事によると教授は「日本は対応が遅く、根本的な解決を避けていると、西欧の識者は批判してきたが、似たような境遇に直面すると、私たちも同じ政策をとっている」と指摘し,現在のアメリカは「失われた10年を経験した日本より悪化している」と述べたそうだ。
 実際自分の身に降りかからないと理解できなかったと言うことか。しかし日本の「失われた10年」は,それ以前のバブル自体も含め,日本政府の経済政策の拙さに起因すると思っていたが,教授の言に拠れば避けようのない事態だったということになる。本当にそうだろうか,「戦犯」はいないのか。

 繰り返される「怖い話」。
    朝日新聞: 痴漢事件で防衛医大教授に逆転無罪 最高裁が判決 
 痴漢に仕立て上げられると,その冤罪を晴らすのはほとんど不可能だと言う。まして人違いや勘違いではなく,意図的に犯人に祭り上げられれば絶望的だろう。ごく少数の冤罪を晴らせた例もあるが,偶然の幸運のようだ。この教授も1審2審では,懲役1年10カ月の実刑判決をくらったと言う。普通の人には最高裁まで争うだけの精神力はないだろう。怖い話だ。混んだ電車に乗るときは,男性は自衛するしかない。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/13(月)

[ Misc ]

「逆DV」って

 同じ男として,あまり同情する気になれないのだが,だからこそ深刻なのかも。
    goo:
goo注目ワード ピックアップ・・・逆DV 
 かつては優しかった妻が、ここのところすっかり豹変してしまった。景気が悪くなり、ボーナスカットされたあたりから事態は深刻化。今や自分が自由に使えるお金はゼロに等しく、残業から帰宅すれば妻の食べた晩ご飯の残骸があるだけ。お小遣いアップの交渉をしようものなら、目を剥いて「だったらもっと稼いでよ、この甲斐性なし!」と怒鳴られ、ものを投げつけられる始末。ああ、今日も帰宅するのが憂鬱だ……。近頃では、そんな妻からの「逆DV」に悩む男性が増えているのだとか。(以下,略)
 「残業から帰宅すれば妻の食べた晩ご飯の残骸があるだけ」って,これ一番へこむよなぁ。食べ残しの無残さは想像するに余りある。しかしそこは「男」,愚痴は言えない。ここで(いけないことだが)妻に暴力でも振るえれば,救いもあるのか。しかし,「肉食女子」と「草食男子」の組み合わせ。黙って風呂に入るのか。
 「産経新聞によれば、都の調査分析では、ドメスティックバイオレンスに関する男性からの相談のうち、4割が女性からの暴力を受けたと回答している」そうだ。女性から男性へのドメスティック・バイオレンス(DV)では,精神的虐待の方が肉体的虐待よりも多いそうだ。「男性側が被害者の場合、周りの理解が得られにくい」というのも良く分かる。「男」として泣き言も言えないしなぁ。うーむ。

 アメリカ自動車産業,GMとクライスラーの落日。
    ダイヤモンド: 見えてきたGMとクライスラーの最期 
 GMとクライスラーはもはや,政府援助も出来ないほどの窮地にあるという。2社はとりあえず「倒産」するのか? しかし2社が市場から退場したとて,日本企業に順番が回ってくるわけではあるまい。「倒産」という強硬手段をとって清算された後の2社が,さらに強力な企業として再生する可能性は充分にある。そして新興国の追い上げ。「自動車」という斜陽産業に日本経済を任せていていいのか?

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/12(日)

[ News ]

高速1000円

 これはやっぱり「天下の愚策」でしょう。
    産経新聞:
【日本の議論】高速道路1000円は“天下の愚策”か 
 地方の高速道路が休日上限1000円になるという今回の政策について,産経新聞が詳しく問題点を掘り下げている。国民の税金を使う施策なのに,利益を受けるのは特定の人間だけという。やはり自民党への献金の額が物を言うのか。
 前にも書いているが,これは環境政策に完全に逆行している。本来ならば自動車交通を鉄道・船舶にこそ誘導しなければいけないのに,自動車業界の献金額はそんなに大きいのか。今からでも遅くない。「道路」に使う金があったら,鉄道料金の補助にまわすべきだ。フェリー会社への援助にまわすべきだ。今回,「高速道路会社」という私企業に援助出来たんだから,問題ないはずだ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/11(土)

[ Gourmet ]

大使館ビール

 いいことづくめではない。
    産経新聞:
太陽光発電普及で大停電の恐れ 経産省が実証実験 
 電気と言うのは,発電される電力と消費される電力がちょうどつりあって回っている。消費電力が増えれば,その瞬間にちょうどその分だけ余分に発電しなければならない。
 で,太陽光発電が爆発的に普及するとどうなるか。風力にしてもそうだが,この手の自然エネルギーは当然自然任せ。広範囲に急激な気象変化があって日照がさえぎられれれば,その瞬間,太陽光発電は能力を落とし,一気に火力など他の発電所に負担がかかる。出力調節が容易なのは,水力・火力の順で,原子力は簡単には増減できない。天候の変化によって急激に火力発電所に負担がかかれば,オーバーヒートし,広範囲に停電を起こす可能性があると言うわけだ。うーむ,なかなか難しいものだ。単純に太陽光発電だから,エコでいいことづくめというわけにはいかないようだ。

 宇都宮や浜松は「餃子の街」として有名だが。
    デイリーポータルZ: 福島餃子、9軒コンボ! 
 福島と言っても大阪の福島区ではない。東北地方の福島県福島市。ここもまた「餃子の街」であるらしい。記事はこの福島餃子を食べ歩いたもの。写真がもう一つ旨そうに写っていないのが残念だが,餃子好きとしては惹かれる,よだれが出る。
 で,検索したらこんなニュース。
    福島民報: 「円盤餃子」で福島売り出せ ロゴマークも商標登録 
 一昨日の地方紙の記事だが,いよいよ福島も餃子で町おこしをはじめるらしい。遠くてなかなか行く機会がないだろうが,ちょっと興味津々。皿に丸く盛った「円盤餃子」が名物のようだが,これはフライパンで焼くための並べ方らしい。
    福島市商店街連合会青年部: ふくしま餃子の会まっぷ 

 韓国のインターネットは相当に荒れているらしい。
    共同通信: ユーチューブ韓国版に機能制限 動画投稿や書き込み不可に 
 記事によると「インターネットを通じた『サイバー暴力』の被害が深刻な韓国では,今月からネット利用時に実名を義務化する制度の適用範囲が拡大され」たそうだ。で,そのとばっちりで韓国版YouTubeが書込み禁止に。まあ,朝鮮人の民族性から来るものだから,自業自得だろう。それにしても世界に大恥を晒しているなぁ。
    *
 久しぶりにビアホールへ行く。千日前の南OSビルが売却されて,建て替えなのか改装なのか,閉鎖されている。で,その2階にあった「ニューミュンヘン南大使館」が,難波に移転して来た。旧なんば花月跡地のスウィング吉本ビル(南海通りの1階にゲームセンターのあるビル)の2階に4月4日に移転オープン。
 行って見ると週末とあって満席の大盛況。しばらく待ってやっと座れた。カウンター席もあるので一人で気楽に飲みに来れるなぁ。
 で,とりあえずのビール。サッポロビール系列なのだが,自前で作っている地ビールもある。で,当然よそでは飲めないこのビールをオーダー。店内に醸造タンクらしきものも見える。

   写真:大使館ビール@ニューミュンヘン南大使館 写真:港神戸ヴァイツェン@ニューミュンヘン南大使館

 上の写真左は,「大使館ビール(麦芽100%)」,レディスグラス(\630)と中ジョッキ(\650)。カラメル麦芽で濃い色が付いている。飲んでみると,ガツンと来る苦味が特徴。
 上の写真右は,「港神戸ヴァイツェン(小麦麦芽使用)」,中ジョッキ(\650)。こちらはうって変わって,フルーティーな優しい味わい。

   写真:ドイツソーセージとポテトの盛合せ@ニューミュンヘン南大使館 写真:ザワークラウト@ニューミュンヘン南大使館

 で,アテの方だが,ビアホールと言えばドイツ。ドイツといえば,ソーセージに酢漬けのキャベツ,じゃがいもだなぁ。
 で,上の写真左は,「ドイツソーセージとポテトの盛合せ」(\780)。ソーセージがちょっとさびしいが,揚げたポテトがほくほくとしてなかなかに旨い。
 上の写真右は,定番「ザワークラウト」(\560)。しっかりとした味。

   写真:カマンベールのガーリックピザ@ニューミュンヘン南大使館 写真:かに爪のフリッター@ニューミュンヘン南大使館

 上の写真左は,「カマンベールのガーリックピザ」(\1000)。薄い生地に温まったカマンベールチーズが良く合う。ツレはやたらとタバスコを振っていた。
 上の写真右は,「かに爪のフリッター」(\1050)。衣が柔らかく甘く仕上がっていてこれも旨い。

   写真:上海風焼そば@ニューミュンヘン南大使館

 で,最後の〆に「上海風焼そば」(\880)。ビアホールの焼きそばとは思えない出来。もっとりとした平打ち麺が旨い。
 飲むよりも食べる方に偏ってしまったが,勘定は2人で6,200円。
 ニューミュンヘン南大使館。住所は「大阪市中央区難波千日前12-35 SWINGヨシモトビル2F」,電話は「06-6631-8827」。営業時間「11:30〜22:30(L.O.22:00)」,年中無休。
 リンク→ ホームページ ぐるなび 地図 

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/10(金)

[ News ]

くいだおれ太郎プリン

 売れるのかなぁ。
    朝日新聞:
「くいだおれ太郎プリン」大阪の教育へ3円寄付つき 
 「くいだおれ太郎」も一時期は,大阪のシンボルの一つになっていたけれど,肝心の食堂ビル「くいだおれ」が閉店した今となっては,どんどん話題性も薄れていく。関連商品を出すなら,今が最後のチャンスか。
 ところで,日本は先進国(OECD加盟国)中,教育費と医療費が最低水準。途上国並みの金しかかけていない。特に「大阪府」は,去年の予算が久しぶりに黒字になったと騒いでいたが,これはただでさえ少ない教育費を更に大幅に削ったからに他ならない。1050円の商品から3円寄付して貰った所で,焼け石に水。日本全体の発想を根本的にひっくり返し,くだらぬ「補正予算」に回す金があったら,教育費と医療費を充実すべきだ。それでやっと「先進国」の仲間入りが出来るだろう。

 せっかく「漢検」の人気が高まっていたと言うのに。
    讀賣新聞: 「漢検」理事長父子が辞意表明、理事には残留…臨時会承認 
 その人気に胡坐をかいて儲け倒していた「理事長父子」が辞意表明だそうだ。ただし,お手盛りで「理事」には残留すると言う。公益法人は税金面で優遇されている。儲けを出してはいけない存在なのだ。で,関連会社に常識はずれの発注で利益を付け替える。本人たちは上手くやったつもりだったんだろう。
 これで「漢検」のブームに水を差すことにならなければ良いが。

 ウナギの世界もいろいろ大変だ。
    朝日新聞: うなぎパイにもパスポート ワシントン条約規制に配慮 
 中国が,養殖のために「ヨーロッパウナギ」の稚魚を買い漁って,絶滅の瀬戸際に追い込んでいるそうだ。で,ワシントン条約で「ヨーロッパウナギ」の移動に規制がかかる。加工品にもこの規制は適用されるそうだ。
 で,浜松名物「夜のお菓子・うなぎパイ」。日本ウナギのエキスを使っているのだが,海外へのお土産にするときに,輸出証明として,ヨーロッパウナギを使っていないとの説明書をつけなければならなくなったそうだ。
 まったく何をしても迷惑だなぁ,中国。

 私も気を付けなければ(笑)。
    讀賣新聞: 別れ話にかっと、交際相手を車ではねる…25歳女を逮捕 
 まあ,当事者にとっては笑い話ではないのだが。
 車の中で男が女に別れ話を切り出したとしよう。男は言いたいことを言って,車を降りて歩き出す。かっとなった女が,「彼を殺して自分も死ぬつもりだった」と,男を時速50キロで跳ね飛ばす。
 幸い,男が避けたために左足をぶつけて軽傷を負っただけですんだが,女は結局「殺人未遂」容疑で逮捕された。夕暮れの小樽での話である。

   写真:ちらし寿司+ぶっかけそーめん

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は,ちらし寿司(ばら寿司)とぶっかけソーメンのダブル炭水化物セット。ソーメンは,カニカマ・シイタケなど具沢山。バラ寿司の酢飯がもっちりとしていて,なかなかにいい感じ。

   写真:シマアジの刺身@竹宗

 晩酌のアテは,しまあじの刺身。甘くシャキシャキとした歯ごたえでなかなかの旨み。ただ養殖なのでちょっと脂がしつこい。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/09(木)

[ News ]

「五輪テロ」

 毎日新聞によると,これは「テロ」らしい。
    毎日新聞:
中国:新疆での五輪テロ ウイグル族2人に死刑執行 
 中国人が勝手に「新疆ウイグル自治区」と呼んでいる東トルキスタンの地。ここはもともとウイグル人の土地だ。そこを中国軍が侵略し植民地とした。したがってウイグル人の闘争は,侵略者「中華人民共和国」に対する正当な独立運動だ。ましてこのカシュガルでの戦闘は,中国の「武装警察部隊」という侵略の尖兵の軍事施設を狙った攻撃で,純然たるレジスタンスだ。いわゆる「テロ」ではない。当然,このウイグル人2人は,戦闘に伴う「捕虜」であり,国際法に従って「捕虜」としての扱いを受ける権利がある。「捕虜」を処刑することはもちろん国際法違反だ。しかしウイグル人の独立闘争に怯える共産党は,あろうことか,市民スタジアムに市民約4000人を集めて公開の「宣告大会」を開いた上で,捕虜を処刑した。なんと恥ずべき行為か。
 この事件を,時事通信は,「五輪妨害テロ」とカギ括弧付きで報じている。つまり時事通信は「テロ」という見方に必ずしも同意していないと暗に表明しているわけだ。また朝日新聞は,テロという言葉を使わずに,単に死刑執行を伝えている。ところが毎日新聞はカギ括弧なしで,五輪テロ,と報じている。毎日新聞は,テロだ,と考えているわけだ。なんと中国と仲良しなことか。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/08(水)

[ News ]

マイバッグ

 当然考えられた事態。
    河北新報:
マイバッグの死角 万引対策に苦慮 
 レジ袋を使っていれば,ひと目で清算済みかどうかが分かったものを,マイバッグでは見分けが付かず,万引という犯罪が急増し,スーパーなどの関係者が困惑しているそうだ。
 そもそも「割り箸」だとか「レジ袋」だとか,いかにも目に付くところを削減して「エコ」だなどとしたり顔で言う連中が気に食わない。「割り箸」や「レジ袋」の削減で減るCO2など微々たるもので,象徴的な意味合いしかない。生産者が中小企業だから狙い撃ちし放題という下劣な考えも気に食わない。
 「エコ」を言うなら,環境破壊の象徴「トヨタ」を狙い撃ちすべきではないか。鉄道や船舶に物流をシフトすることによる自動車の削減こそ最大の「エコ」だ。強者にへつらい弱者をいたぶる似非「環境派」には反吐が出る。

 当然のことに何の遠慮がいる。
    時事通信: 尖閣諸島に上陸の意向=文書で外相に伝える−石垣市長
 沖縄県石垣市が,固定資産税課税などのための現地調査という自治体として当然の職務のために,尖閣諸島への上陸調査を計画していると言う。で,ここへ来ての政府の及び腰。どちらを見て日本国を運営しているのだ。そんなに中国様が怖いのか。

 明るいニュースなのか。
    朝日新聞: シャープ堺工場、稼働半年前倒し 液晶需要の回復見込む 
 海外の一部で薄型テレビへの需要の好転が見えてきたとして,シャープが堺市に建設中の新工場の稼動を前倒しすると言う。が,日本経済の先行きが海外頼みというのが情けない。なぜ内需拡大の王道を歩めない。安心できる老後を保証し,大企業から資金を毟り取って労働者の賃金を増やせば,内需は拡大して行く。それも地に足着いた歩みでだ。人々の生活が安定すれば,出生率だって上昇するだろう。今の日本社会では産みたくても安心して産めない。

   写真:カニクリームコロッケ定食

 昼食は日替わり定食600円。今日は「カニクリームコロッケ定食」。このカニクリームコロッケがなかなかの味でいけたんだが,ちょっとたんぱく質が足りない気がする。

   写真:天津飯@迎日楽 写真:焼餃子@迎日楽

 で,夕飯は,天津飯と焼餃子。卵は栄養価の高い優等生であるだけでなく,卵料理はビジュアル的に旨そう。ただ今度はちょっと野菜が足りない。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/07(火)

[ Gourmet ]

卵かけご飯

 卵かけご飯は世界食になるか?
    讀賣新聞:
「卵かけご飯」を輸出したい!ターゲットは海外富裕層 
 生食用鶏卵を香港に輸出しているメーカーが,需要喚起に「卵かけご飯」を広めようとしている。日本では普通にしている卵の生食だが,聞いた話しによると,アメリカや中国など諸外国の卵は,生食を想定していないので食中毒の危険があるとか。卵を平気で生で食べるのは日本だけらしい。で,生食用鶏卵を香港に輸出した富山県高岡市のこのメーカー。現地の3倍の価格だが飛ぶように売れたという。で,富裕層を目当てに輸出を継続するのだそうだ。
 いや,卵かけご飯,いいねぇ。チープなB級グルメだから,それぞれの人がそれぞれに「卵かけご飯」にはウンチクがあるだろう。私は簡単に,ご飯の真ん中を凹ませて,卵をそのまま溶かずに割り入れ,じかに醤油をかけて,かき混ぜる。が,人それぞれの流儀があるように聞く。
 ところで,アメリカなどでも日本食といえば「スキヤキ」が有名らしい。すき焼きには生卵が欠かせないし,あのロッキーだって生卵をジョッキで飲んでいたんだから,そういう専用の生食用の卵もアメリカにはあるんだろう。まあ「すき焼き」よりも「卵かけご飯」の方が手軽で,需要喚起にはピッタリだろう。

 GyaOって便利なサービスなんだが。
    讀賣新聞: ヤフーがGyaO買収、映像配信統合へ…無許可投稿に対抗 
 最近は忙しくて見る暇がないんだけど,以前はたまにGyaOの無料動画配信を楽しんでいた。日本のマイナーな映画や海外の映画・ドラマなどが無料で楽しめて,なかなかいいサービスなんだが,どうやら赤字らしい。で,Yahoo!が救済するそうだ。
 無料サービスが継続されるならば視聴者としては嬉しいんだけど,ヤフーの影響でギャオが変に使い勝手が悪くなると嫌だなぁ,という気もする。

 ミシュランガイド,京都・大阪版の続報。
    産経新聞: ミシュラン「京都の良さが分からはるの?」  
    朝日新聞: 京阪ミシュラン、お店から拒まれても掲載 10月に出版 
 覆面調査員は7人の日本人だそうだ。さすがに京料理は外人では難しいか。

 ありふれた事件になりかかっているのか?
    毎日新聞: 売春:娘2人にさせる…容疑の35歳女を逮捕 佐賀県警 
 中学生と高校生の娘2人に母親が売春をさせて上前をはねていたという。この前もこんな事件あったよなぁ。
 記事からは父親がいるのかどうか分からないが,「無職の女(35)」とあるから,母一人だったのか。「無職」って何で食べていたのか。どうせまたパチンコ代欲しさだろう,というのは私の偏見か。
 ちなみにこの母親は匿名になっているが,買春した男の方は身元をさらされている。「佐賀市久保泉町下和泉,養殖会社役員,朝鵜大和(あさうひろかず)(34)」「唐津市相知町千束,運転手,原伸一(39)」。こちらは児童買春禁止法違反容疑で逮捕。

   写真:ほっけの開き+お浸し

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日のオカズは,「ほっけの開き」と,たっぷりの「おひたし」だった。おひたしが野菜たっぷりでヘルシー。野菜の食べ方としては「おひたし」がベストだね。生野菜(サラダ)は量を食べれないし,ドレッシングが健康に悪そう。野菜炒めはまだましだが,おひたしの方が量も食べれてカロリーもより少ない。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/06(月)

[ Gourmet ]

ミシュラン

 評価できるのか?
    毎日新聞:
ミシュランガイド:京都・大阪版も発行へ 
 例の三ツ星のグルメ本「ミシュラン」。ミシュランタイヤは,「ミシュランガイド京都・大阪2010」の日本語版と英語版を,今年10月に発行すると発表したそうだ。
 東京版は,フレンチや寿司と,まあ外国人でも評価できたんだろうが,繊細な京料理を理解できるのか。大阪はまあ,お好み焼きやたこ焼きに星は付かないだろう。結局フレンチなどを評価して終わりとなるのか。
 それにもともと大阪はグルメ本になじまない土地柄。味に厳しい大阪人に常に評価されて,旨い店しか生き残れない。不味くて高い店は知らないうちに消えている。グルメ本の必要性が(不味い店でも堂々と営業できる)他都市ほどにはないと思うんだが。
 「京都では,掲載や店舗撮影依頼を拒否する店も続出」しているそうだが,さすがは京都人の矜持だ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/05(日)

[ Gourmet ]

中華料理@天六

 どちらが嘘を言っているのか。
    朝日新聞:
朝鮮中央通信「衛星発射に成功」「将軍の歌、地球送信」 
    讀賣新聞: 「軌道上に衛星なし」北朝鮮打ち上げは失敗と米軍司令部 
 そもそも衛星が軌道に乗るのは地球の反対側なんだし,協力する国のない北朝鮮がロケットを追尾し続けることはできない。朝鮮中央通信は軌道要素まで付けて発表しているが,どうやら全て太平洋の藻屑と消え果たようだ。前回よりは遠くまで飛ばせたので,ロケットとしては成功か。しかしミサイルなら目標に当てねばならないわけだし,微妙なところだなぁ。
 それにしても昨日の日本政府の誤報騒ぎ。みっともないこと,はなはだしい。日本の防空に大穴の開いていることを全世界に晒してしまった。

 自殺した韓国女性タレントの「性上納」問題。詳しい背景記事があった。
    産経新聞: 【週刊韓(カラ)から】性上納って? 韓国芸能界の暗部 
 どうやら韓国芸能界では女性タレントの売春は普通に行なわれて来たことらしい。7年前にも同様のスキャンダルが浮上したが,お客に政府関係者が居たためにもみ消されたそうだ。「政界の関係者が検察に圧力をかけたため,捜査は打ち切られ,捜査を担当したソウル地検の部長は地方に左遷させられた」という。
 なにしろ韓国は,売春婦をアメリカや日本など全世界に大量に輸出している「売春大国」。また露見した強姦も日本の10倍と言う。韓国社会全体が売春や強姦と無縁ではないのだろう。
    *
 ネットで評判が良かったので,天六まで中華料理を食べに行く。中国食府「双龍居」(ぐるなび)。地下鉄天神橋筋六丁目駅の12番出口でツレと待ち合わせて,南へ天五の交差点で左折。途中カクンとなった道を東へどんどん歩く。道の左側に「業務スーパー」があって,その向こう隣り。駅から徒歩5分ぐらいか。
 店内はちょっと古びた町の中華と言った感じ。席に案内されてとりあえず青島ビール。グラスを2つ貰う。

   写真:ピータン@双龍居 写真:ジャガイモの辛味炒め@双龍居

 前菜にピータン(上の写真左)。これが結構濃い味なのに臭みがなく旨い。
 上の写真右はツレのリクエストで「ジャガイモの辛味炒め」。ジャガイモとピーマンの細切りを炒めてある。口に入れても別に辛くないのだが,後から汗が噴出してくる。

   写真:小籠包@双龍居 写真:鎮江香醋@双龍居

 小籠包(上の写真左)は濃い味系。中のスープがちょっと少ない。上の写真右は「中国の黒酢」と言ってビンごと出て来た。「鎮江香醋」とある。ツレに言わせると中国のごく普通の酢で,日本橋の「上海新天地」でも手頃な値段で売っているそうだ。

   写真:大海老のマヨソース@双龍居 写真:ワンタンメン@双龍居

 上の写真左は「大海老のマヨソース」。海老は何か衣を付けて揚げてあるのか,表面が固め。ここまで一品一品の量が多いので,もっと色々食べてみたかったのだが,お腹が一杯になってしまった。
 で,最後に「ワンタンメン」(上の写真右)。具は普通だが,腰のある麺が独特の食感。旨い。ラーメン専門店の麺と遜色がない。
 青島ビールを2本飲んで,勘定は二人で4,610円。ちょっと旨い大衆中華と言った感じの店だった。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/04(土)

[ Misc ]

化粧

 昨日に引き続いて讀賣新聞サイトの「発言小町」ネタ。
    讀賣新聞:
妻が化粧してくれません : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 
 一読,リアルな相談じゃなくて,単なる「ネタ」のような気もするが,多くの方がまじめに相談に乗っておられる。
 共稼ぎと育児に忙しい結婚5年目の妻が,家庭に居るとき化粧をしてくれない,という夫の不満。って,家庭に居るとき女の人って化粧をするの? この奥さん,フルタイム・残業ありの仕事に出かけるときは一応化粧をしているそうだし,疲れて帰ってきたらまず化粧を落とすだろう。旦那さん「僕は朝6時半に家を出て帰宅は21時過ぎます。日曜出勤も多いです」って,2歳児の育児に追われている女の人が,夜の9時過ぎに化粧している方がおかしいだろう。妻にキャバクラの女の子を求めているのか? ひょっとしてこの旦那さんのお母さんは,水商売かなんかで,女性は夜でも化粧をしているのがデフォルトだと子供のときに刷り込まれたのかも知れないなぁ。

 海軍がやっと役に立ったようで。
    朝日新聞: ソマリア沖、海自が初の不審船対応 大音響で追い払う 
 ソマリア沖アデン湾で,日本船団を護送中の日本海軍の護衛艦「さざなみ」が,近くを航行中のシンガポール船籍の船からの救援要請で,海賊を大音響で脅して追っ払ったそうだ。いろいろな事情で発砲できなかったのは残念だが,とりあえずは役に立っているようだ。

 相変わらずデヴィ夫人ったら,北朝鮮寄りだなぁ。
    デヴィの独り言: 北朝鮮の人口衛星打ち上げ 
 変換ミスが目立つのだが,「人口衛星」ってなんだよ。
 まあ,今回の日本のマスコミの「大騒ぎ」は,軍事力強化の口実に過ぎないんだろう。ひょっとして金正日は「アメリカのスパイ」で,日本の危機感を煽って,アメリカ製の高価な武器をもっと買わせるために,今回の「危機」を演出しているだけとも思える。日本のマスコミは「アメリカ様様」だからなぁ。
 実際には,まだ実験段階の今回の「テポドン」なんかよりも,従来からある「ノドン」に小型化に成功した(らしい)核弾頭を積まれる方がはるかに脅威だ。しかし北朝鮮はしょせんは「弱小国」。もっとも危惧すべきは,極悪の侵略国家「韓国(南朝鮮)」が,北朝鮮を併呑することによって,手を汚さずに核兵器を持つことだろう。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/03(金)

[ Misc ]

洗濯物の裏表

 讀賣新聞のサイトの中に「発言小町」という読者参加のQ&Aのコーナーがある。まあ「教えて」ってコーナーなのだが,書き込みは事前に全て讀賣新聞がチェックしているようで,荒れることはない。
 で,そこで見つけたネタ。
    讀賣新聞:
洗濯物の裏表 : 生活・身近な話題 : 発言小町 
 旦那が脱いだ洗濯物を裏返しで放置する。それをいちいち表返すのが面倒だという奥さんの投稿。
 えっ,洗濯物を裏返すってフツーありでしょ。私の場合,ジーパンとプリントの付いたTシャツは裏返して洗っている。ジーパンの場合は,表のままで洗うと色落ちがムラになるという新聞記事を読んだからだ。Tシャツはプリントが痛まないように。考えれば肌着なんかは,裏側が汚れるわけだから,裏返して洗った方が合理的ではないか。いちいち裏返すのが面倒でそこまではしていないが。
 で,アンケート結果:
    讀賣新聞: 洗濯物は裏返して洗いますか? 
 「表のまま」は約2割の少数派。8割の人が,洗濯物は裏返して洗っている。

 「性上納」を強要された韓国女性タレントの自殺事件の続報。
    日刊スポーツ: 自殺韓国女優の事務所前代表に逮捕状 
 女性タレントに「酒の席や夜を共にする接待を強要」したとする所属事務所の前代表について,韓国警察は「暴行や脅迫などの容疑」で逮捕状を請求したそうだ。この前代表,日本に逃げてきているそうだが,収監されるのは時間の問題だろう。
 しかしこの事件,「客」の方は罪に問われないのか。こちらは「強姦」が成立するのではないか。なにしろ韓国は日本の10倍も「強姦」の多いお国柄。よくあることと開き直っているのかもしれないが。

 今日からプイプイ(毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」)が,関東地方や沖縄など近畿圏以外にもネットされるようになった。で,仕事から帰って,録画しておいたプイプイを見る。
 近畿での「ちちんぷいぷい」の開始は2時55分。ネット局は3時から。この5分のタイムラグは予想通り,今出さんの天気予報から始まった。画面にいきなり毎日放送の美人アナウンサー・八木早希アナが登場したので,MC変わったの?とびっくりしたが,八木アナと今出さんの掛け合いでまずは近畿の天気予報。つづけてプレゼントコーナー。このスタイルで行くらしい。しかし,天気予報中の今出さんと出演者の面々の掛け合いがなくなったのが寂しい。
 で,CMを挟んで3時から「ちちんぷいぷい」本編が始まる。今日は新しいネット局の視聴者への挨拶が入っていたが,大筋はいつものプイプイののんびりとした空気。「トミーズ雅の相方」健さんの認知度調査を広島と金沢でやっていたが,これ他のコーナーの取材のついでにやったようだ。
 で,夕方の主婦向け番組だが,固いテーマも取り上げるのが,プイプイの特徴。今日は,北朝鮮問題をだいぶ深く追求していた。
 それにしても,ネット局によって,1時間・2時間の部分放送。途中で2回「飛び降り」ポイントがある。ここはきちんと時間通りに進めないといけない。話が脱線して時間が押して予定のコーナーが飛ばされる事態が時々あるのが今までのプイプイだったが,これはちょっと窮屈になったなぁ。今までの闊達さがなくならないか,心配だ。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/02(木)

[ News ]

夜更かし幼児

 幼児に夜更かしをさせると発達が遅れる,という研究結果が発表されたそうだ。
    讀賣新聞:
夜更かしの幼児は発達遅れる?久留米大の松石教授ら調査 
 記事によると「平日夜10時以降に寝る幼児は,発達が遅れたり,アンバランスになったりする危険性が高いことが,久留米大学の松石豊次郎教授(小児神経科)らの調査で分かった」そうだ。
 うーん,まあ昔から「寝る子は育つ」というから,睡眠と発達に関係があるのかも知れないが,それだけだろうか。幼児を深夜まで起きさせている親というのは,親自身の生活習慣も崩れているだろう。そういうレベルの低い親に育てられた子供のレベルも低くなるのは当然のような気がする。
 深夜のコンビニに子供を連れ歩いたり,居酒屋に子供連れで出かけて酔っ払ったりと,最近良く見る,そういう親に育てられた子供には,それなりの影響があって当然ではないか。

 久しぶりの中国製毒餃子報道。
    毎日新聞: 中国製ギョーザ中毒:集中捜査 殺虫剤混入、同僚か 「天洋」社員ら疑心暗鬼 
    毎日新聞: 毒ギョーザ事件:箱の外から注射…中国当局、裏付け実験 
 メタミドホス混入は中国,それも製造元の天洋食品とはっきりしたのに,未だに犯人を挙げられないとは,日本もなめられたものだ。それとも(党幹部の関係者など)見つかってはいけない犯人なのか。うだうだとやっているうちに,日本人が忘れてくれるのを待っているのか。

 なんだか急に「満月ポン」が食べたくなって,前に売っていたセブンイレブンに行ったがもうない。近所のスーパーにもない。で,駅前のローソンでやっと見つける。これって昔からある全国区の駄菓子だと思っていたら「大阪名物」なんだ(→満月ポン オフィシャルホームページ)。「大阪土産」として紹介されている。
 こんな駄菓子です↓

   写真:満月ポン@松岡製菓

 小ぶりの「塩せんべい」といった感じ。甘辛しょうゆ味が懐かしい。パリッ,サクッとした食感が後を引く。主な販路は中部以西らしいが,全国の100円ショップ「ダイソー」でも売っているらしい。近所で見付からなければ上記ホームページで通販もしている。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2009/04/01(水)

[ News ]

核小型化

 兵器として使用可能になったということだ。
    
北朝鮮:核小型化に成功、「ノドン」搭載…国際調査機関 
 記事によると「北朝鮮が核爆弾の小型化に成功し,日本を射程に入れる中距離弾道ミサイル『ノドン』(射程約1300キロ)用の核弾頭を配備した」という。これは「人工衛星」どころの騒ぎではない。発射準備に数週間かかるという長距離弾道ミサイル「テポドン2号」は,日本を狙うにはオーバースペック。「ノドン」で充分だ。その「ノドン」は既に最大320基が実戦配備されているという。
 ここで問題は日本の仮想敵国「韓国」だ。韓国では,北の核武装を歓迎する声があがっているという。北と合邦すれば,ただちに核が手に入るからだ。韓国は,すでに我が国領土の竹島を武力制圧し,次に対馬をも狙っている。もし韓国が北を併呑すれば,この悪辣な侵略国家「韓国」が核を手にすることになる。日本は核武装した敵国「韓国」を想定に入れて,早急に対抗処置を講じなければならないのではないか。韓国の核武装は,今は夢物語のように聞こえるかもしれないが,杞憂が現実になってからでは遅い。

 何を勘違いしているのか,この人たちは。
    毎日新聞: 定額給付金:長崎・対馬市、税滞納者向け差し押さえ 開始日から 
 長崎県対馬市が,従来から行なっている業務の一環として,市税滞納者の預金の差し押さえを行なった。ところが,これが「定額給付金」の振込み日と重なったことから騒ぎとなっているそうだ。記事によると
 「差し押さえられた滞納者から31日までに約20件の苦情が市役所に殺到し,『もらえると思ったのに』『詐欺だ』との怒りの声が上がった」
という。
 いったい何を勘違いしているのだ。「市税滞納者」という以上は,税を払うべき充分な収入があるということではないか。収入が少なければ,そもそも税が課税されるわけがない。その金はどこへ消えたのか。遊興費か。パチンコですってしまったのか。定額給付金も楽しみにしていたのだろう。その金でパチンコの負けを取り戻す気だったのか。ふざけるな。苦情の言えた義理ではないだろう。この手の「ごね得」がまかり通るようでは,正直に納税している一般市民がバカを見る。

   写真:とんかつ定食

 昼食は近所の喫茶店で日替わり定食600円。今日は「とんかつ定食」とガッツリ系。

 夕食は,ほか弁「本家かまどや」の新メニュー「グルメフライ弁当」490円。例によって50円引きの金券を使って440円でゲット。この「グルメフライ」って新メニューと表記されているが,以前もあったような。季節メニューといったところか。復活させるなら「シーフードフライ弁当」をリクエストしたい。

   写真:グルメフライ弁当@本家かまどや 写真:グルメフライ弁当@本家かまどや

 弁当のおかずは,写真左上から,ハンバーグ・カニ入りクリーミーコロッケ・チキン南蛮,下がエビフライ。と,これもガッツリ系。エビフライはもう一つだったが,他は旨い。チープな味わいだが,私の貧乏な舌には美味しく感じられ,白ご飯が進む,進む。一気に食べてしまった。
 と,今日は揚げ物過多で,カロリー過多。でも,白ご飯が美味しく食べれて満足。

人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2009, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama