Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2005-07

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2005/07/05(火)

[ Gourmet ]

かに道楽

 今日の毎日放送『ちちんぷいぷい』の番組内のコーナー「いっぺんだけ!」では,オホーツクの「カニ天丼」を再現。紋別の「味処あづま」と言うお店でいただけるらしい。が,今から北海道まで出かける訳にもいかない。近所の蕎麦屋でノーマルな天丼を夕食にする。
 が,カニは先週の土曜日に食べたんですよ。大阪名物「動くカニの看板」の『かに道楽』本店で。この手の有名店って地元の人間は意外と行ってないと思うのですが,いかがでしょう。とにかく私は初めて。カニは好物だから時々食べてるんですけどね。
 で,観光客らしき会話が聞こえる中を,エレベータで座敷に案内される。掘り炬燵式に横に長くテーブルが並べられているが,隣との間隔は充分に広く,目隠しの仕切りが立っている。まずは飲み物ですが,ここ「生ビール」がないんですよね。スーパードライの中瓶のみ。630円はちょっと高いなぁ。
 メニューには,かにすき・かにしゃぶ・かに会席・網焼き・かに寿司・…とあるが,「名物料理」と表示されているからには「かにすき」がメインなんだろうとコースを頼む。
 前菜の後,まず「かにみそ」と「ゆでかに」が登場。さてどんなものだろうと箸を付けてみたが,なかなかいけます。ミソも厭な味がない。「ゆでがに」をいただくための小皿が二つに仕切られていて,片方に土佐酢が入っていて,もう片方にはほじったカニの身を入れられるようになっている。流石は専門店。細かいところに気を使っている。
 で,次に登場したのが「かに造り」。これは絶品でした。今まで生のカニって余り好きじゃなくて大抵ゆでたカニを食べて来たのですが,それは美味しい活蟹に巡り合っていなかっただけと分かった。「毎日空輸」の謳い文句は伊達じゃないね。冬は山陰・夏は北海道のカニで,冷凍じゃないとのこと。
 で,メインの「かにすき」ですが,要するに「かに鍋」のこと。豆腐・野菜・うどんが付いてくる。出汁は結構濃い味付け。どこかでよくある味だなぁと思う。これは温泉卵や玉子豆腐の出汁の味ですねぇ。コースなので,最後に雑炊・香の物・デザートと続く。
 今朝の新聞で,NSP(ニュー・サディスティック・ピンク)のリーダー・天野滋さんの訃報。いま RealPlayer で,NSPを流しながら,日記を書いています。52歳って余りに若いよね。私にとっても他人事じゃない。村下孝蔵さんや河島英五さんとか,若くして逝く人が多いなぁ。合掌。

2005/07/07(木)

[ Misc ]

丹波太郎

 今日は七夕。二十四節気では「小暑」。
 京阪神は,梅雨は中休みで真夏のような夕立。ちょうど帰宅時間に降るので置き傘を差して帰って来た。でも帰って来てしばらくしたら止んでるんだものな。
 この夕立,気象予報士の今出さんがTVで「丹波太郎」と呼んでいた。丹波地方で発生して南下してくる入道雲らしい。今出さんは「次郎も…」と曖昧なことを言っていたので,ネットで検索してみる。どうも京都での呼び方らしく,「山城次郎」「比叡三郎」とかもあるらしい。でも「たんば・たろう」って,大阪人ならつい「たん・ばたろう」って言ってしまうよね。
 夕食後,MBSのグルメ番組『水野真紀の魔法のレストラン』を見ていたら,今日はカレーの特集。いやぁ美味しそうだなぁ。カレーは好物なので猛烈に食べたくなる。が,夕飯は,中華丼と焼餃子で済ませてしまった。残念。

2005/07/10(日)

[ Misc ]

眠い Zzz...

 昨日はミナミで寿司。この前行った銀座鮨というお店。カニ・ウニから始めてお腹一杯食べる。赤出汁を頼んだらアサリたっぷりだった。
 で,その後飲み過ぎて,今日は一日寝ていた。一日中ベッドに居るとワンルームに住んで居た頃を思い出す。で,遅くにやっと起きて,夕食にコンビニのスープ・スパゲティを食べて缶ビールを飲むとまた眠くなってきた。十二分に寝てるのになぁ。
 今朝の毎日新聞。自称「知識人」らしき人が何人か交代で執筆している「時代の風」というコラムがあるのだが。昔,何年も前は結構面白いコラムだった。が,執筆者が入れ替わってどんどん「くだらない」コラムに成り果てた。最近ではマトモに読めるのは瀬戸内寂聴さんぐらいになっていた。
 で,その「時代の風」。今朝は青木保とかいう人。なんか「教養人を育成」しなければならないらしい。そういう「格調高い」論のなかで,青木某いわく「日本古来の土着文化,それは神道に端的に表現されている」などと言い放っている。「神道」なんて江戸期に後付で形成された概念でしょう? それを「日本古来の土着文化」だとさ。「教養」以前に常識の無い人ですねぇ。こういう人に教えられている法政大学の大学院の学生さんも気の毒だなぁ。

2005/07/13(水)

[ SubCulture ]

吉田基已「水の色 銀の月」

 夕食はお好み焼にビール。お好み焼というのは,頼んでから焼き上がるまでに結構時間がかかる。で,大抵のお好み焼屋にはマンガ本が置いてある。良く行く近所の店には「モーニング」「ビッグコミック」「オリジナル」他,と揃っているので,どちらかと言うとマンガ本目当てに行っているような気がする。以前,読むものは新聞も含め何もないという店に入ってしまったが,まったく手持ち無沙汰だった。その店には二度と行っていない。
 で,お好み焼屋で読んだ「週刊モーニング」32号。吉田基已の新連載「水の色 銀の月」が載っていた。次号予告など見ないので知らなくて,ページをめくっていたら突然見慣れたタッチの画が目に飛び込んできてビックリした。ワクワクとしながら読む。
 星くんが出てきたので『水と銀』のアナザーストーリーになるのかぁ。『恋風』とはちょっと雰囲気違いますね。昔に戻った感じ。断片的な話の運びで何話かまとめて読まないと全体がちょっとわからないかんじですね。でも毎週連載ではなく月一連載ぐらいのようだ。
 それにしても『水と銀』。第1巻とあるから,いつかは続編が出るのか?

2005/07/14(木)

[ Gourmet ]

フレンチ「アミチェ」

 一昨日の火曜日は,久しぶりにフランス料理を食べに行った。心斎橋大丸の近所の「アミチェ」というお店。例に拠って住友VISAのチェック・アンド・チェック・クラブのディレクトリで探して行ってみた初めての店。大丸からは近いのだがチョット解かり難いビルで,更に6Fにあるのだが,そのエレベータがまた奥の解かり難い所にあった。
 店の中に入ってみると明るくキレイな内装で雰囲気は良い。狭くも広くもない程よいスペースで居心地も良い。
 コース料理は,ここもプリフィックススタイルで前菜や魚料理・肉料理とそれぞれに選ぶ。選んだ料理で勘定も大きく変わる。
 ちょっと驚いたのはワインで,選んだボトルを「これですね」と見せに来たのはよいが,テイスティングさせてくれない。で,引っ込んだかと思うとデカンタに入れて持ってきた。うーん。こんな店初めて。
 火曜日で他にはもう一組しか客がいなかったからか,程よいペースで料理が出てきた。サービスのウェイトレスさんはもう一つ馴れていない様子だったが。
 バゲットに付けるバターは,まあこんなものか。特に美味しくは無かった。が,ソースは良かった。魚料理のスズキにかかっていた甘目のソースはコクがあったし,フィレにかかっていたソースも結構いい味。凍らせたスイカのデザートはも一つだったが,極甘のプディングは,ブラックコーヒーに合って美味しかった。
 CCCの会員証で2割引になって¥17380/2人分。フレンチとしてはフツーだけど,味の割にはちょっと高いなぁ。と,今回は辛めの評価。

2005/07/16(土)

[ Misc ]

ミナミをブラブラ

 昨日は,ツレと心斎橋で待ち合わせして,特に探訪するお店も思い付かなかったので,いつもの「福飲茶樓」へ行く。何遍も来ているので,メニュー見ながら「前に食べたアレは良かったなぁ」と選んで行くと,同じようなモノを食べることになる。帆立入り餃子,チーズ入り春巻,小龍包,水煮牛鍋(チョー辛いスープで美味),芝海老のチリソース,…などをいただいて満腹。
 今日は今日で,難波で待ち合わせ。なんばCITYで所用を済ませ,CITY地下1Fの喫茶・英国屋で駄弁る。ここの英国屋,喫煙スペースが奥に隔離されていた。以前より喫煙席が減ったのか? 後から来た禁煙席の客が先に案内されるが,喫煙組の我らはしばし待たされる。
 高島屋でショッピングをして帰るというツレと別れて,ジュンク堂書店へ。1Fで旅行ガイドを購入。エスカレータで上がって,マンガ本・文庫本を数冊ずつ購入。
 3Fのコミック売り場で,『げんしけん』6巻の特装版(同人誌付)を探すが売り切れてしまったらしくなかった。で,あきらめて通常版を購入。発売直後,近所の書店で探したが入手できなかったので,都心の書店で探そうと思ったのにグズグズしていて今日になった。やはり遅かったか。バーズコミックスの棚に『あびゅうきょ作品集』が1巻・2巻と並んでいた。2巻はあるので,手に入れていなかった1巻『晴れた日に絶望が見える』を購入。ネットのどこかで以前評判を聞いた鉄っちゃんマンガの『鉄子の旅』が3巻まで並んでいたので,試しに1巻を手に入れる。
 2Fへ降りて文庫売り場。新刊の棚で,志村史夫『こわくない物理学』(新潮文庫)という本を見かける。腰巻に「文系でも最先端がわかる!」との惹句がある。私は理系,っていうか,本籍が物理屋なのだが,最近アタマが固くなっている気がするので買って見た。ついでに物理がらみで以前から読んでみようと思っていた,定番って言うか,もろ古典の寺田寅彦を探して岩波文庫の棚へ。随筆集の1と2があったのでGET。後,東野圭吾と梅原猛を1冊ずつ。
 ジュンク堂を出て隣の吉本のゲームセンターへ入る。ゲーセンって,深夜までやっていてトイレと灰皿があるので,チョー便利。今日ももちろんゲームをしに行ったわけではなく,小用を済ませ,ゲーム機をぼんやり眺めながら煙草を吸った後は通り抜けるだけ。以前2度ほどプリクラを利用したから赦してね。
 最近着る物がとぼしいような気がして,無印良品のビルへ入り地下の紳士物売り場へ。引越し荷物のどこかに短パンがあるような気がするのだが,ダンボール箱をひっくり返して探すのが面倒なので,新しいショートパンツを色違いで2着購入。長袖ワークシャツも探したのだが,季節柄,半袖がほとんどで,少ない長袖シャツも気に入ったのがない。私はいつでもバイクに乗れるように年中長袖シャツを夏は袖を巻くって着ている。あと胸ポケットは大きめのが二つ必要。左胸には財布,右胸には煙草とライターを入れるため。この季節に見つけるのはちょっとしんどいなぁとあきらめる。
 夕食は一人だし,久しぶりにオムライスが食べたくなって,なんばパークス6Fの「ポムの樹」へ。しばらくぶりに来て見るとメニューが一新されていた。で,ここの帆立は美味しかったはずと「帆立とキノコとアスパラのクリームソース」のオムライスSサイズを頼む。土曜の8時台にしては空いていて落ち着いたので,食後ホットコーヒーを頼み,のんびりと文庫本を読む。今読んでいるのは電撃文庫の沖田雅『先輩とぼく』の第3巻。

2005/07/18(月)

[ Gourmet ]

今日のアテは「毛蟹」

写真:今日の毛蟹
今日の毛蟹
 昨日は,お好み焼食べて,「モーニング」今週号読んで,中瓶一本呑んで,と定番な夕食。「モーニング」では,「カバチタレ!」の続編「特上カバチ!」が始まった。ここ何週か読むとこ減ってきたなぁ,と思っていたが,とりあえず以前のレベルに復帰(?)。
 部屋へ戻ってくつろいで,「風呂入んなきゃ」と思いつつボーっとしていると,とんでもなく眠くなってくる。気が付くとちゃんとベッドで寝ていた。が,着の身着のまま,エアコンも付けたまま。10時ぐらいには寝てしまったようだ。で,その状態で目が覚めたのは朝の10時。お酒も適量だし,充分な睡眠で健康的な生活。
 「ハムと野菜のサンドイッチ」と「充実野菜」で朝食して,後はネットしたり本を読んだり,リビングのソファーに居座る。何か買い物でも行くかなぁ,とは思うが,エアコンの効いた部屋に居ると外に出るのが億劫。ベランダの窓から見ても,とても暑そうな好天の一日。決心も付かずグダグダと午後を過す。夕方やっと食事に出る。
 竹宗から「秋刀魚が入荷したよぉ」というメールが来ていたので,「サンマ,さんま」とつぶやきながら出かける。で,カウンターに座った途端,「グッドタイミング。毛蟹が茹で上がったところ」と言われて,オーダー変更。一人で食べるにはちょうどいいサイズの毛蟹でした。エビスビールと「田酒」を1杯いただいて,本日もお酒は適量。

2005/07/19(火)

[ Gourmet ]

空飛ぶ秋刀魚

写真:今日の秋刀魚

 今日の晩酌のアテ。竹宗曰く「今日空輸されてきた秋刀魚」だそうです。

2005/07/21(木)

[ Gourmet ]

地元で飲茶

 近所の,いつも中華丼やら天津飯やらギョーザやらを食べる中華料理の店に何年も前から「飲茶メニュー」があるんですよね。まあ飲み屋へ行かずに近所の中華で酒を飲むのもビンボーたらしいような気がして,その店ではいつもはフツーに夕飯食べてたんですが。今日はなんとなく気が向いて,初めて試してみました。
 海老蒸しギョーザ・小龍包・海老ダンゴと後は酢豚。勘定を考えると結構いけました。瓶ビールを入れて¥1970だから,¥2079で時間制限食べ放題の香○蒸籠と味も値段もいい勝負? 香港○籠って,メニューには点心一杯載ってるけど,実際にワゴンでまわって来るのは数種類だから,好きなものを頼める近所の店の方がいい? まあ雰囲気は,わざわざ難波や梅田へ出かけて食べる方がリッチだけど。
 ところで,日本国総理とか自称している小泉某。やたら「ユーセー,ユーセー」と拘ってるけど,も一つどんな魂胆でやってるのか解からなかったんですよね。が,今朝の毎日新聞の記事で納得,合点がいきました。カレの選挙区で,むかし小選挙区制になる前,特定郵便局長会だとかの郵政関係者は,カレのライバル候補の応援団だったとか。カレが郵便局潰しに拘るのはその当時の私怨だそうです。要するに逆恨みの意趣返し。それも大昔の話。つくづく人間のクズだね,小泉某。(まあでも,そういう下劣な人間はどこにでもいるわけで,そいつに権力持たせる方のレベルが低いだけなんだけど。)

2005/07/25(月)

[ Touring ]

香港から帰って来た

 土曜日から2泊3日で香港に行ってました。いやぁ,大阪は暑い! 関空帰ってきてJRのホームで電車待ってるだけで汗だくに。香港ってあんなに遥か南にあるのに,30度ちょっとで湿度も高くない。較べると大阪は地獄の釜の中。
 またすぐに北海道ツーリングに出かけるので,その準備で忙しい。香港旅行記はそのうちに。日記も当分お休み(まだしばらくは大阪に居るけど)。

2005/07/26(火)

[ Touring ]

龍眼(ロンガン)

写真:龍眼(ロンガン)
龍眼(ロンガン)
 朝から仕事に行く。といってもこの時期ほとんど開店休業中。雑用を2・3片付ける。
 で,ツーリング準備。テント・シュラフの類を準備する。ところが,コッヘルやらストーブの類が見当たらない。どこに置いたかしまったか? 車のときは使うがバイクでは持ち歩かないランタンはあるのになぁ。と,このあたりで面倒になりヤメヤメ。どうせ台風来てるし。
 で,竹宗に飲みに行く。昨日,香港から日本に持ち込んで冷蔵庫に入れて置いた「龍眼(ロンガン)」をお土産に持って行く。大きな葡萄のような房をした果物。堅い殻に大きな種が入っているが,味は葡萄とライチの中間ぐらいか。香港ではツレが殻を剥いてくれたので食べたけど,自分で剥くのは面倒。お土産にしようと持って帰って来た。もともとお菓子・果物の類は食べない辛党だしね。
 で,今日のアテは,土用にちなんでウナギ。これからツーリングだし,夏バテしている暇はない。田酒を2杯飲んで,ソーメンで仕上げて帰って来た。
 ところで今回の台風。北の方へ行きそうですね。北海道にはあまり台風は来ないし,たどり着いたとしても,水蒸気の供給を絶たれてヘトヘトのヤツなので,直接の被害は心配しないのですが,大雨になると結構山間のツーリングに適した道がやられる。一度通行止めになると,なにしろ広い北海道,夏中通れないこともよくある。ということで,大阪は雨も止んで,台風は関東へ行きそうだけど,その先のことをチョット心配しています。多分東にずれて太平洋の藻屑になりそうですが。

2005/07/27(水)

[ Touring ]

台風一過,だけどダラダラ

 「台風一過」って言っても直接大阪に来たわけじゃないけど,北風が吹き込んで過しやすい一日だった。エアコンのない職場に居ても苦にならない。
 で,最短の予定では,今夜あたりにフェリーに乗るつもりだったのだが,まだツーリングの準備をしていない。って必要な道具は揃ったので荷造りすればいいだけなんだが,も一つ気合が入らないなぁ。こういうときは疲れているときだから(実際,香港でずいぶん疲れたので),無理をしないで置く。まあ明日か明後日には出発しようと思っているけど,まあ成り行き任せ。一人旅の時はいつも予定を決めない。その日気が向いた方角に走る。そして帰りたくなったら帰って来る。それが私の流儀。

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2005, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama