Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2010-10

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2010/10/31(日)

[ News ]

日中関係修復

 当たり前のことを言っただけでニュースになるとは情けないなぁ。
    産経新聞:
民主・枝野氏 日中関係修復「日本側が働きかけていくことはない」 
 現在の「日中関係悪化」の原因は全て中国側にある。日本側がどうのこうのすべき問題ではない。中国側から,済まなかった,仲良くしてくれ,と申し入れてくるべき問題だろう。民主党幹事長代理の枝野の言う通り,ほっておけばよい。その内,向こうから折れてくるだろう。折れてこなければそれまでの話だ。韓国や中国などの反日国家との「友好」など必要ない。日本側からのアクションが必要だとすれば,チベット侵略・竹島侵略への糾弾のみだ。

 上手いこと考えたなぁ。
    スポーツ報知: 1年4か月高級車10台タダ駐車51歳無職男逮捕…兵庫 
 近所の商業施設の有料駐車場に高級外車10台を少なくとも1年4か月にわたって「無料」駐車させていた51歳無職男が逮捕された。その手口と言うのが,この有料駐車場は最初の10分間だけ無料だという。で,11台の車を持っていたこの男は10台を有料駐車場に駐車させておき,残り1台を自宅に駐車していた。で,他の車に乗りたくなったときには,その自宅の1台で駐車場に入り,10分以内に乗り換えた車で出庫したという。いや,盲点だなぁ。
 この男の逮捕容疑は「無車検車両運行」という別の容疑。この容疑にしてもよほど余分な金を使うのが嫌だったと見える。無職男が高級車を11台も持っていたことも謎だ。まさか生活保護ではないだろうね。ところで,駐車場を無断使用された商業施設は,駐車料金として2300万円を請求するつもりだとか。それぐらいポンと払える財産のある無職男なのか?

 天気図を読む知能もないのに,ヨットで世界一周とは身の程知らずだ。
    朝日新聞: 世界一周目指したヨットの男性を救助 台風で航行不能に 
 和歌山から出港して,ヨットで世界一周を目指していたと自称している劉俊成とかいう中国人が,八丈島沖で海上保安庁の巡視船に保護された。出港直後に例の台風で船が壊れて衛星電話で救助を求めて来たという。台風で大荒れの海に救助に出航した巡視船も大迷惑だったろう。この救助にかかった費用ははした金ではあるまい。この中国人,ちゃんと全額耳を揃えて賠償するんだろうね。こんなバカに日本国民の血税を一円たりとも使うわけにはいかない。

   写真:じゃが芋のグラタン@ストラピエーノ 写真:厚切りベーコンのカルボナーラ@ストラピエーノ

 晩酌は,地下鉄我孫子(あびこ)のイタリアン・バール「ストラピエーノ」にて。とりあえず黒板メニューから「じゃが芋のグラタン」(写真左)。スライスのじゃが芋ととろりと溶けたチーズが程好いコントラストで,なかなかにいい味を出している。生ビールにグラスワインの赤を2杯いただいて,〆は「厚切りベーコンのカルボナーラ」(写真右)。

 ブログ,更新しました。「伊勢海老料理 中納言@千日前」→ http://sojinproject.blog106.fc2.com/ 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/30(土)

[ News ]

生物多様性

 人の生き死により「カネ」が大事か。
    毎日新聞:
インドネシア:鳥インフルウイルス提供再開 利益配分条件 
 「国連生物多様性条約」の会議(COP10)が開かれているという。途上国の豊富な遺伝子資源を先進国が勝手に利用するのを防ぎ,途上国にも利益を分配せよという会議らしい。通常の産業利用ならそれもアリだろう。しかし,人の生き死にに関わる感染症のウイルスにも,その理屈が適用されるのか。インドネシアが自国での鳥インフルエンザ・ウイルスの提供を,見返りがなければ拒否するという。見損なったぞインドネシア。強毒性の鳥インフルエンザが,ヒトからヒトへと感染するように変異したとき,一体どれほどの被害が出るのか。死ぬのは自国民も一緒だ。鳥インフルエンザ対策は緊急の対策を要する人類の重大関心事ではないのか。それを「カネを寄越せ」の人質に取るとは情けない。

 なるほど蓮舫の言動の裏にはそういう事情があったのか。
    讀賣新聞: 蓮舫さん、2位じゃだめです…中国スパコン1位 
 「仕分け」と称して日本の科学技術潰しに血道をあげる蓮舫。北京大学留学の中国のスパイだ。この人,父親は台湾人だが,台湾をも裏切っての中国ラヴ一直線。スパコン潰しも中国の1位がすぐに日本に追い抜かれるのを妨害する目的だったのか。媚中の民主党に相応しい議員だ。

 こういう話題はやっぱりスポーツ新聞が詳しいなぁ。
    スポニチ: AV顔負けの“校内H”も…教諭同士が不倫で処分 
 41歳妻子持ちの男性教師と24歳の新任女教師の不倫。まあ意外とどこにでも転がっている話題かもしれないが,その後がいけない。女の方が不倫に目が覚めて別れ話を持ち出したのだが,そこは中年男の執着。その後も女にちょっかいをかけて,女の方が上司(校長)に御注進と相成ってバレた。ついでにラヴラヴの期間中は,勤務先の中学校校内でも性行為に及んでいたそうだ。でもこれ懲戒免職じゃあないんだね。

   写真:月刊漫画誌「アフタヌーン」2010年12月号

 週刊漫画誌「モーニング」の今週号を読んでいたら「げんしけん」のタイトル文字が目に飛び込んできた。月刊漫画誌「アフタヌーン」の最新号の広告。発売中の12月号から「げんしけん二代目」が期間限定復活連載だという。で,早速本屋に走って購入。以前の単発の時もその号だけ「アフタヌーン」を購入したが,今回はいつまで続くのかな。

   写真:シマアジの握り@竹宗 写真:サーモンの握り@竹宗

 晩酌は,地下鉄我孫子(あびこ)の寿司屋「竹宗」へ。ふだんならお造りをアテに居酒屋使いなのだが,今日はお寿司の気分だった。で,本日のお勧めから2皿,「シマアジ」と「サーモン」の握り。シマアジはシャキシャキとした歯応えで中々新鮮。サーモンは「腹にするか,背にするか」と聞かれたので「腹」をチョイス。脂がたっぷり乗っている。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/29(金)

[ Misc ]

日中首脳会談

 生意気だなぁ。って言うか,何をすねている。
    産経新聞:
首脳会談拒否 「中国の国内事情だ」「前原外相が悪い」 政府・民主で飛び交う声 
    産経新聞: 中国会談拒否の理由は「仏通信社の誤報」 日本外務省も訂正求める 
 ハノイでの日中首脳会談を中国側が直前になって拒否してきたという。まあ色々言われているようだが,要するに中国の国内事情じゃないの。この時点で日本と仲良くしている写真が配信されるのはマズイ,と。ほっとけばよい。

 民主党にとっては他人事なんだろう。
    讀賣新聞: 反日デモ被害「救済は中国国内法で」政府答弁書 
 「反日」デモの被害に合った日系企業などへの賠償は,日本政府が中国政府に強硬に申し入れるべき問題だろう。「デモ」は官製,破壊活動は「デモ隊に紛れ込んだ中国政府の工作員」の仕業なのは明らかなんだから。

 さすがの中国様も,アメリカ様には頭が上がらないらしい。
    毎日新聞: 中国:尖閣諸島の「日米安保適用対象」に強い不満表明 
 まあ,日本もガキ大将の後ろに隠れて強がりを言っている子供みたいで見っとも無いが。

   写真:ポークたまご@あうん

 いつもの居酒屋「あうん」に行くとスタッフが誰もいない。お母さんいわく,そろって体調を崩したそうだ。特にチーフは入院中。店の事情もあって治っても復帰するかどうか分からないという。チーフのあの絶品おにぎりをもう食べられないかもしれない。
 で,とりあえず生ビールを頼んで,アテは「ポークたまご」。スパムの上に目玉焼きを乗っけた沖縄料理。で,後はお気に入りの芋焼酎「赤霧島」のお湯割りを2杯。〆のおにぎりは,お母さんが握ってくれたが,ご飯の炊き加減がちょっと水多めだったよう。米自体はいいのを使っているようで美味しいが。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/28(木)

[ Misc ]

フィルタリング

 「被害」なのか。
    毎日新聞:
非出会い系:被害児童99%フィルタリング非加入 警察庁 
    毎日新聞: 非出会い系:フィルタリング普及停滞 「店舗説明不十分」 
 児童生徒が悪質なインターネット・サイトにアクセスできないように制限する携帯電話のフィルタリング機能。原則加入ながら,おおよそ半数しか加入していないそうだ。非出会い系のコミュニティサイトに登録するときに,子供は年齢を詐称する。が,コミュニティ・サイト側では,フィルタリングがかかっている利用者は子供だと見なして対応しているそうだ。フィルタリングがかかっていないと詐称した年齢が通用してしまう。で,非出会い系で「出会い」行為を行ない犯罪につながるという。
 非出会い系での犯罪の「被害」にあった子供の99%がフィルタリングを利用していなかったという。いかにもフィルタリングが有効そうに見える数字だが,その数字にフィルターがかかっていないか? 子供の携帯電話加入時にフィルタリングを拒否する親というのは,そういう類の自覚のない親だろう。そういう親の子供だからこそ,年齢を詐称し危ないサイトに自ら近付いていく。99%と高率の数字になるわけだ。親の躾のできていない(その親自身も「躾」のできていない)一部の子供が自分から招いている事態ではないのか。携帯販売店にのみ一方的に責任を押し付けて済むことでもないだろう。

 どっちもどっち。
    讀賣新聞: 発言小町:嫁がお礼を言いません 
 いかにも反発を喰らいそうなタイトルだが,姑が息子夫婦にいろいろプレゼントをしているのに「嫁」が礼を言ってこないという不満。
 確かに昔なら,義親からの貰い物があれば,ありがた迷惑でも「嫁」が礼を言っていたのだろう。しかし今時は実子の息子の方が礼をいう場合も多いのではないだろうか。そういう意味では,ちゃんと礼を言えない息子に育てた姑自身の問題だという指摘も一理ある。でも,親に礼を言って来ないというのは,他人にもちゃんと礼を言っていないのではないかという心配も起こるだろう。もっとも相談者(トピ主)は単に「嫁が私に礼を言わない」のが気に喰わないだけのようだが。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/27(水)

[ News ]

尖閣ビデオ

 どこまで往生際が悪いのか。
    讀賣新聞:
仙谷長官「罪となるべき事実分かるビデオ」 
    毎日新聞: 漁船衝突:ビデオ公開時期に政府ピリピリ 
 この期に及んで未だに尖閣諸島での中国「漁船」の犯罪を写したビデオを国民には公開できないと言い張る。官房長官は「罪となるべき事実が分かるビデオ」だと認めているではないか。噂されるように,中国「漁船」の海保隊員に対する殺人未遂の犯行が写っているのだろう。それを知りながら「船長」を釈放した民主党の「政治判断」。決して連中は「日中関係」を憚っているのではない。自らの売国の判断が国民の前に明らかになるのを恐れているのだ。この問題を有耶無耶の内に終わらせてはいけない。いますぐ「ビデオ」を国民と国際社会の前に公開すべきだ。

   写真:本マグロの刺身@竹宗

 晩酌のアテは,本マグロの刺身。大トロの握りは大好物だが,赤身もなかなかに旨い。やはり本マグロだなぁ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/26(火)

[ Misc ]

脱中国

 こういう動きが広がることを歓迎したい。
    毎日新聞:
イオン:脱中国依存…衣料品調達率8割→5割 
 スーパーマーケットのイオン・グループが,現在8割を中国に依存している衣料品の中国依存を早急に5割まで下げるという。チャイナ・リスク回避のためだそうだ。理由はどうあれ中国製品ボイコットにつながる動きは歓迎したい。日本政府も中国から,ベトナムやインドへのシフトを応援するという。チャイナ・フリー大歓迎だ。

 いい気なもんだ。
    讀賣新聞: 広島知事の育休取得表明、8割以上が批判的意見 
 広島県知事の育児休暇取得に8割以上が批判的意見だという。県知事の育休取得は,どうせ選挙目当てのパフォーマンスだろう。中小企業では,育休など夢のまた夢。だいたい足元の県職員は自由に育休が取れる環境なのか。建前は育休可でも,現場の人手不足を放置していてはとても休めない。給与を100%保障された育休の制度化こそが,政治家の仕事だろう。目先の人気取りでは誰も付いて来ない。

 トピ主自身も勘違いに気付いたようだ。
    讀賣新聞: 声が大きいってそんなに嫌なことでしょうか? 
 相談者(トピ主)は声が大きいという。常にはきはきとしゃべることを心がけているという。で,声の大きな人が苦手という意見が多いことが心外だという。しかし付いたレスで勘違いに気付く。嫌われている「声の大きな人」というのは場所をわきまえずに大声を出す人のことで,はきはきしゃべるということとは別次元の話だ。世間のおおよその見方は,所かまわず大声の人は,我侭勝手で自己中心的性格だということで一致している。
 飲食店などで,大声でわめき散らす人(中には奇声を上げる人もいる)は,可哀想な人だと思っていた。たぶん子供の頃,親にロクに相手にされていなかったので,大声で絡むことで親の関心を引こうと必死だったのだろうと哀れんでいた。しかし,TPOをわきまえずに大声というのは実は障碍だという。専門家でないので誤解しているかも知れないが,「発達障碍」というのがあるらしい。脳の機能に障碍があって,声の大きさを制御できないそうだ。病気ではなく障碍なので直らないそうだ。ますます哀れだなぁ。

   写真:甘エビのお造り@寿し兆 写真:関アジの握り@寿し兆

 夕食は,地下鉄我孫子(あびこ)の安くて旨い寿司屋「寿し兆」へ。とりあえず冷酒を頼んで,酒のアテはサービスの甘エビ。生だそうで,小振りだが中々に旨い。で,今日は,関サバ・関アジが入っているという。で,一本釣りの関アジを握りで。締まった身に適度な脂。なるほどこれが関アジか。
 後はいつものように好物のトロ・タマゴ。今日のトロがまた絶品。舌の上で脂がとろける大トロ。旨い。〆にお勧めの北海道産ウニをいただいて,勘定は3,410円。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/25(月)

[ Misc ]

台湾人

 こんなゴキブリどもを招待したのは誰だ。
    産経新聞:
中国代表団、東京国際映画祭をボイコット 台湾の名称変更や尖閣で中台連帯を要求 
 さすがの侵略国家「中華人民共和国」も台湾を領有したことは歴史上一度もない。台湾はれっきとした独立国だ。
 で,「東京国際映画祭」とやらに紛れ込んだ「中国代表団」。傍若無人の大活躍だそうだ。独立国家「台湾」の名称にけちをつける。「中国台湾」にしろとのご命令。無視されると逆ギレ。開幕イベントを欠席したという。まあゴキブリが姿を見せなくて皆さんホッとしたのではないか。「台湾関係筋によると,中国側は,沖縄・尖閣諸島の領有権問題も持ち出し,中台の映画関係者が連帯してグリーンカーペットを歩く“ミニ反日デモ”まで提起したという」とのこと。もちろん台湾側に一蹴された。
 で,このゴキブリどもの頭目,台湾代表に「あんたは中国人だろう!」と大声で詰め寄り,「私は台湾人だ」と一喝されたそうだ。ああ,みっともない。

 「私の住んでいる地域ですが田舎ではありません。冠婚葬祭が盛大で有名な都市です」ってどこだろう?
    讀賣新聞: 発言小町:父の見舞いに来ない義妹 
 相談者(トピ主)は長女らしい。で,弟(長男)は実家から新幹線で通わなければならない遠方に住んでいて,うつ病で休職中。義妹(弟の嫁)が働いて一家を支えている。
 で,この「冠婚葬祭が盛大で有名な都市」では,長男が親の面倒を見るのが当たり前で,他の兄弟姉妹は何もする必要がないという。で,トピ主と弟の父親,介護が必要になった。トピ主は当然,弟夫婦が長男なんだから全て面倒をみるべきだという。しかし弟はうつ病で休職中。義妹が自分の稼ぎから介護費用一切を送ってきている(実子のトピ主は金を出す気はいっさいない)。うーん,これは小町で叩かれるわなぁ。なんでこんな常識のないトピ主が多いんだろう。

   写真:日清ラ王

 「生タイプ麺」で一世を風靡した日清の「ラ王」が発売終了となって数ヶ月。いきなり「新世代ノンフライ麺」の新・ラ王が登場した。って,「ラ王」と名乗る以上は,それなりの自信があるのだろうと早速試して見た。
 で,2種類出ているので,それぞれを2杯,合計4回試食。結論から言えば「これは駄目だ」。「新世代ノンフライ麺」と称しているが,従来出ている麺よりも品質が落ちる。これなら「麺達」や「極麺」の方が格段に麺のデキが良い。もちろん以前の「生タイプ麺」には遥に及ばない。「ラ王」=「ラーメンの王」を名乗るなどおこがましい。こんな製品を出しているようでは,日清の先もそう長くはないなぁ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/24(日)

[ News ]

リップサービス

 口先ではなんとでも言えるが,実行が伴っていない。
    毎日新聞:
菅首相:中国海軍力増強に懸念 自衛隊観閲式で訓示 
 菅直人が自衛隊の観閲式で兵士を前に中国の脅威に言及したという。さすがの媚中の菅も雰囲気に飲まれたか。しかし,実行が伴わなければ何もないのと同じだ。まずは軍事力増強。その上で外交を含めた戦略的思考が必要だろう。この人には何もない。中国の脅威を言うなら,まずは尖閣衝突の証拠ビデオを公開せよ。論議はそれからだ。

 こちらも威勢だけはよいが。
    産経新聞: 「日本は2年で核持てる」と石原都知事 
 まあ,アメリカの「核の傘」などというのは幻想だろう。アメリカが米本土への核による報復を覚悟した上で,日本のために核戦力を使うなどということはありえない。日本独自の核武装について論議し,国際的な環境を整える時期だろう。ずいぶん以前の自民党時代にも,西ドイツと語らっての核武装が極秘で検討されたことがあるという。中国の脅威が高まり続ける現在は,再びその時期を迎えている。しかし,石原も尖閣諸島ではキレて見せるのに,韓国に侵略された竹島については何も言わないのか。

 自業自得の事態にどれほど自己憐憫が強いのだ。
    讀賣新聞: 発言小町:夫に捨てられました 
 相談者(トピ主)は30代前半の女性。同僚との浮気旅行がばれて,夫が離婚届を残して家を出て行ったという。待ち続ける妻を演じるトピ主。しかし,黙って出て行くとは夫も甘いなぁ。普通なら慰謝料請求の上,離婚だろう。もはや少しでも妻と関わることにすら嫌悪があるのか。
 この期に及んで,一番悪いのは私を騙した浮気相手の男だと逆ギレ。それはないだろう。出て行った夫への気遣いなどもなく,ただただ私が可哀想,のグチ。確かにこんな女には二度と関わりたくないのかもしれない。

   写真:ラー油で仕上げる汁なしめん@寿がきや 写真:ラー油で仕上げる汁なしめん@寿がきや

 ローソンの棚に並んでいた寿がきやの「ラー油で仕上げる汁なしめん」。麺は最近見かけることの少ない生タイプ。日清の「ラ王」もノンフライ麺になってしまったが,やはり生タイプ麺の旨さは一味も二味も違う。中々に美味しくて最近のお気に入り。湯切りして液体スープを絡めた後にかける「かやく」がまた味を引き立てている。フライドオニオンと焦がしネギの風味が良く合っている。最後に調味オイル(ラー油)をかけてピリ辛に。

   写真:

 夕食は,ツレと南森町の駅で待ち合わせをして,西天満のチュニジア料理店「ラ・グレット」へ。何年か前,「カルタゴキッチン」という店名だった頃に一度来ている。で,チュニジア・ビールを飲み,チュニジア料理のコースをいただく。上の写真は,世界最小のパスタ「クスクス」の料理。中心に盛られているのがクスクス。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/23(土)

[ News ]

尖閣ビデオ

 これが本当なら,尖閣諸島での「漁船」衝突ビデオは確かに公開できないよなぁ。証拠ビデオを見れば日本国民が激昂し,「船長」を釈放した菅直人のクビが飛ぶ。
 というのは,ネットでこんな噂が飛び交っているからだ。2ちゃんねる情報なのでまあ真偽のほどは明らかではないが。
海保船舶が横付け。海保職員が乗り込む。
その後、中国船舶が突如離船。
取り残された海保職員が中国人船員に飛び蹴りされて中国船舶から海中に突き落とされる。
海に落ちた海保職員を潰すように、中国船舶が進路変更。
海保職員が必死に泳いで逃げるのを執拗に銛で突き殺そうとする中国人船員。
海保船舶が海保職員を救出するため停船し救助に乗り出す。
その後ろから中国漁船が溺れる海保職員に乗り上げ、海保職員が海の中に沈んで見えなくなる。
その後、浮かび上がった海保職員は海保船舶に後部から担ぎ上げられる。
這い上がる海保職員めがけて数秒後に漁船が全速力で海保船舶の後部から衝突し、海保側の船体が大破。
ビデオを見た日本側関係者は異口同音に「これ殺人未遂だよ」と呻くように言ったらしい。
 こんな情景が海保によって録画されていたのなら,殺人未遂の確かな証拠だろう。ネットの噂では細部はいろいろと違っているが,海保職員が海に落とされ殺されようとした挙句に巡視船に「漁船」が衝突したという大筋では一致している。このことを知りながら「船長」を釈放した菅直人の罪は万死に値する。証拠ビデオを公開できないのは,日中関係に配慮しているのではなく,自分たちのクビの心配をしているためだった。

 大阪は世界の食都。
    毎日新聞:
ミシュランガイド京都・大阪・神戸:「関西が美食世界一」 「三つ星」最多で米紙報道 
 23日付の毎日新聞夕刊4版の1面左上の記事。「関西グルメ『世界一認定』」という見出しが躍る。「米紙ウォールストリート・ジャーナルは22日,レストランなどの格付け本『ミシュランガイド』の京都・大阪・神戸2011年版で料理の最高評価『三つ星』を過去最多の12店が獲得したことで,日本の関西地方が『世界の美食の王者』となったとの記事を掲載した」そうだ。三ツ星レストランの数がパリなどを上回り世界最多だという。
 うーん,まあ日本一は当然だと思っていたが,世界一だったのか。WJは,日本料理は今や世界中で食べられているとの背景分析も行なっている。「ミシュランガイド」は一部高級店のみの評価だが,粉もんなどに代表される普通の生活者が日常食べている料理も含めれば「世界一」はますます磐石だろうね。

   写真:松茸の天ぷら@あうん 写真:アジフライ@あうん

 晩酌は,地下鉄我孫子(あびこ)の居酒屋「あうん」にて。ホワイトボードに「松茸の天ぷら」\450とあったのでいただく。衣に守られ火を加えられて松茸の香が引き立つ。で,ちょっとタンパク質が足りないなぁ,と「アジフライ」\290も追加。値段の割りに大きいのが2尾。味はまあ普通。

   写真:おにぎり(鮭・梅)@あうん

 で,生ビールのあと,お気に入りの芋焼酎「赤霧島」のお湯割りを2杯いただいて,気分よく酔ったところで〆の「おにぎり」。2個で「梅」「鮭」の組み合わせを選べる。これが相変わらず絶品。旨い。このおにぎりを食べるためだけでも,この店に来るべきだね。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/22(金)

[ News ]

道徳模範

 尖閣諸島での「漁船」衝突の例の船長を「道徳模範」で表彰だそうだ。
    毎日新聞:
尖閣巡視船衝突:釈放の船長 道徳模範で表彰 中国 
 記事によると「『仕事に精励し奉仕した』のを理由に,地元の福建省泉州市から『道徳模範』として表彰された」そうだ。ってこの船長,「アル中」でしょ。尖閣諸島での衝突当時も泥酔していたそうだ。「アル中」が「模範」とは,さすが中国品質。

   写真:赤貝の握り@竹宗 写真:秋刀魚の握り@竹宗

 夕食は,地下鉄我孫子(あびこ)の「竹宗」で,寿司。まずは「おすすめ」とあった赤貝から。貝のまま仕入れたそうで,オーダーしてからやおら下処理を始める。シャキシャキとした身で新鮮。で,お次はサンマ,薬味なしで素の味をいただく。秋だけの季節限定の味覚。後は本マグロの赤身,これも良かった。で,タマゴで〆る。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/21(木)

[ News ]

個人攻撃

 個人攻撃とはまた中国様も大人気ない。
    毎日新聞:
中国:外務次官補、前原発言を批判 日中首脳会談に影響か 
 外相の前原もそんなに大したことを言っているわけでもあるまい。せいぜいが日本国内のガス抜き,人気取り。それよりも中国に実際にダメージを与える行動を起こすべきだろう。その程度の発言に苛立つとは情けない話だ。独裁国家なんだから,前原が何を言おうと,中国様に都合の悪いことは中国国内では報道しないんでしょ。たぶん,中国のお家芸「党内闘争」で,コキントー(胡錦濤)個人に都合が悪いのだろう。苛立つということは「弱み」を見せることだ。さて媚中の民主党はどういう反応を示すか。

   写真:まったり焼@千房

 木曜日とて,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。「社長島耕作」では,例の尖閣諸島での「漁船」衝突事件の裏話。「船長」釈放は中国と取引をしたつもりで日本政府が騙されたという筋書きらしい。
 今週の粉もんは,有名お好み焼きチェーン「千房(ちぼう)」の支店で,最近のお気に入り「まったり焼」をいただく。具は,豚肉・アスパラ・もち・ほうれん草・チーズ。具が色々で,一口ごとに別の具に当たり食感の変化を楽しめる。特にアスパラのシャキッとした歯応えが面白い。お好み焼き本来の旨みも充分。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/20(水)

[ News ]

ゴキブリ

 ゴキブリのように湧いてくる中国船。
    讀賣新聞:
中国、尖閣沖に監視船3隻再派遣…常駐化狙う? 
 中国がまた尖閣諸島海域に「漁業監視船」を派遣したという。なんかゴキブリのように湧いていくるねぇ。ゴキブリなら殺虫剤を噴射すればイチコロなんだが,中国人相手には何か妙手はないものか。
 まあ現実的には巡視船の増強。いざとなれば自衛艦の派遣というところか。ウザイ話だ。尖閣諸島の魚釣島辺りに自衛隊の陸上部隊の常駐と言うのはどうだろうか。

 世界中を怒らせるつもりらしい。
    毎日新聞: レアアース:資源外交の武器 中国、ハイテク製造見据え 
 しかしレアアースっていうのは中国がチベットから強奪した資源ではなかったのか。チベット侵略の当初は単に領土的野心からで,レアアースなんて知られていなかったのだろうが,その重要性に中国人が気付いて,ますますチベットを手放せなくなり,侵略を更に進めている。とにかく中国は人民だけは余っている。その人民を窮乏させて植民地へ追い立てるのが共産党のやり口だ。南モンゴルはこの手で,すでに中国人が8割,モンゴル人は2割の絶対的少数派に転落させられている。今はチベットや東トルキスタン(ウイグル)への殖民を強引に進めている段階だ。強盗のやり口は変らない。

 賛否両論でよく分からないのだが。
    讀賣新聞: 発言小町:夫が1年間休養したいと言います 
 相談者(トピ主)34歳・夫39歳・幼稚園の娘が一人の3人家族。職場のパワハラが原因で夫が転職したいという。専門職(資格職)のため転職は容易だという。が,夫が転職の前に1年間仕事を休みたいと言い出した。妻のトピ主は猛反対。という話。
 人間,働かなければお終いだと考えるので,妻の言い分も分かるのだが,妻の方は専業主婦のままでいたい,働きたくないと言い出すのを聞くとちょっと待てよと思う。
    >それから、私が代わりに働くというのは無理です。
    >私は人と接するのも苦手ですし、話すのも緊張してしまいます。
    >また人ごみや騒がしい所も苦手です。
    >退職するまで会社勤めをしていた時も毎日が憂鬱でした。
    >毎日満員電車に揺られて定時に出勤し、周囲に気を使いながらストレスを溜めて働くより、
    >家でのんびりと家事や子供の相手をする方が性に合っています。
って,自分はそれで,亭主は馬車馬のように働いて,自分のために給料を運べというのか。誰だってそんな理由で働かなくて済むなら,家でのんびり過ごしていたい。夫のことをATMかなんかと思っていないか。

   写真:本まぐろ中トロ@竹宗 写真:昭和のおいしいお醤油@竹宗

 地下鉄我孫子(あびこ)の寿司屋「竹宗」で晩酌。居酒屋使いでアテは,本まぐろ中トロのお造り。中トロとはいえ,脂がよく乗っていて,大トロ並み。とりあえずのビール「サッポロ・クラシック」の後,芋焼酎「赤霧島」のお湯割りを2杯。適度に酔う。
 なんか竹宗が,醤油を新発売している。「昭和のおいしいお醤油」というネーミングで,製造元は石川県の業者,販売元は竹宗だ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/19(火)

[ News ]

渡航自粛

 これは当然だろう。何かあってからでは遅い。
    讀賣新聞:
JAL・ANA中国便、1万1千人がキャンセル 
    讀賣新聞: 相次ぐ反日デモ、中国渡航者らに注意呼びかけ 
 中国で暴力を伴う「反日デモ」が行なわれているが,独裁国家なんだから,当然政府の指示によるものだろう。単に政府が煽っているのではなく,積極的にやらせていると考えて対応しなければならない。特に破壊行為。デモの主要な参加者は暇を持て余し政府への不満を抱えた失業者たちだろうが,暴力行為は偽装して紛れ込んだ公安の仕業だ。チベットの暴動などでも中国がよく使う手だ。その程度の国だと理解して相手をする必要がある。
 中国便のキャンセルが相次いでいるというが当然だ。この時期に中国くんだりへ出かけるのは完全に自己責任だ。政府はなぜ渡航自粛を勧告しない。何かあったときに責任をとれるのか。

 妻から夫への逆DV。っていうかこの女,完全に破綻者だね。
    讀賣新聞: 発言小町:妻を人として見れなくなりました… 
 相談者(トピ主)は32歳男性。交際半年で結婚,さらに新婚半年で,妻は専業主婦・妊娠4か月だという。妻からの暴言・暴力が耐え難いほど酷いという。単なるマタニティブルーの限度を超えている。絶えかねて弁護士に相談をしたら,何故もっと早く相談に来なかったと叱られたそうだ。客観的に見てもそれほど酷いらしい。
 しかし「妻は交際中も急にキレて暴言を吐くことがありました」とあるが,「結婚式をすれば治るものと信じていました」という。交際中の一番いい時期。相手にいいところを見せようと必死の時期ではないか。そのときに表われる性格は本性だろう。結婚したからといって直るわけがない。結婚前に気付いていたのに甘い幻想をいだいたのが失敗だったのだろう。

   写真:アン肝@寿し兆 写真:サンマ@寿し兆

 夕食は寿司。地下鉄我孫子(あびこ)の「寿し兆」にて。とりあえずのアテは,サービスのアン肝(あんこう肝ポン酢)。まずは一口そのまま食べてみる。クセもほどんどなくいい肝だ。で,薬味と一緒に更に一口。旨い。薬味がいい仕事をしている。お酒が進む。握りはサンマから始める。秋の味覚。で,いつものトロ・たまご・バッテラといただいて満腹。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/18(月)

[ News ]

証拠ビデオ

 よほど中国様に都合の悪い映像が写っているんだ。
    毎日新聞:
中国漁船衝突:ビデオ映像を国会提出へ 政府・民主党 
 例の尖閣諸島での中国「漁船」の巡視船への体当たりの証拠ビデオ。国会へ提出だという。ただし「日中関係への配慮」から秘密会とし,国民や全世界には公開しない方向だ。そんなに中国様に恥をかかせるのが怖いのか。「船長釈放」の時となんら変っていない。日本国民は情けない政府を持ったものだ。

   写真:揚げ出し豆腐の野菜あんかけ@あうん 写真:おにぎり(梅・鮭)@あうん

 地下鉄我孫子(あびこ)の居酒屋「あうん」で晩酌。アテは,揚げ出し豆腐の野菜あんかけ。とりあえずの生ビールのあと,お勧めで麦焼酎「兼八」をお湯割りでいただく。麦の香が強烈。個性的な麦焼酎だ。で,次もお勧めの芋焼酎「千亀女」。こちらはマイルドな芋焼酎。で,適量で程好く酔う。〆に絶品のおにぎり(梅・鮭)。旨い。これは米もいいのを使っているんだろうが,炊き方,握り方が絶妙なんだろうな。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/17(日)

[ News ]

向精神薬

 働く気はなくても,こういう抜け道探しには頑張れるんだ。
    毎日新聞:
向精神薬転売:生活保護受け無料入手、ネット転売し月50万円 大阪30代、手口証言 
 今日の毎日新聞朝刊14版の1面トップ記事。生活保護は医療費無料だからねぇ。なんでもやり放題だ。額に汗して働きながらも,生活保護水準以下で暮らすワーキングプア世帯から見たら天国だ。そもそも生活保護世帯の医療費無料というのがおかしい。国民健康保険に加入させ,生活保護費から保険料を天引きすればよい。当然3割負担はして貰う。仕事を掛け持ちして懸命に働きながらも,生活保護水準以下の生活しかできないワーキングプア世帯はそれで暮らしているのだ。いや,保険料すら払えず無保険状態に放置されている。こんなことをしていたら国が壊れる。

 当の中国人自身が「やらせ」だと思っている。
    毎日新聞: 中国:「本当に自発的?」反日デモに冷ややかな声 
 中国で「反日デモ」が繰り広げられているが,当の中国国内の「インターネットなどでは『本当に自発的なデモか? 愛国青年たちは当局の操り人形だ』などと冷ややかな意見も出ている」そうだ。
 って,中国でのデモや集会は「事前許可制」。当局がやらせたいと思うデモしか許可されない。中国政府は「諸君らの愛国の熱情は分かった!」と感激して見せているが,自分でやらせといてそれは白けるのぉ。中国人自身が問う「なぜ劉暁波氏の釈放は訴えないのか」というのがその答えだ。

 で,こちらでも「やらせ」。
    毎日新聞: ノーベル平和賞:自由な買い物はやらせ 劉霞さんが批判 
 今年のノーベル平和賞受賞が決まった劉暁波(獄中)の奥さんが軟禁状態だ。で,それを批判する欧米(媚中の日本政府は批判していないことに留意)の評判を気にして,奥さんを騙して連れ出し,「自由に買い物をしている様子」を演出して見せたという。DQN国家「中国」の当局者っていうのは,本当にミミッチィねぇ。

 病気が悪いのではない。騙そうとしたことが悪いのだ。
    讀賣新聞: 発言小町:婚約後、隠されていた事実 
 婚約者の彼の様子がおかしいので問い詰めたらB型肝炎のキャリアだという。これは性的接触などで感染する慢性病だ。感染の危険を彼女に知らせずにいたことで不信感を抱いたという。その後,何度かのやり取りがあり,結局,彼は発病すらしていたことが明らかになる。彼は「母子感染」だというが,その言葉ももう信じられないほどの不信感を抱いてしまった。B型肝炎に罹ったこと自体を責めるのではない。彼自身にとっても不幸なことだ。しかし婚約者への感染の危険を知りながら黙っていたことは,人間として許されないだろう。

   写真:スパムたまご@あうん 写真:ポテトサラダ@あうん

 地下鉄我孫子(あびこ)の居酒屋「あうん」で晩酌。とりあえずのアテは,スパムたまご。で,ポテトサラダも食べて栄養のバランスをとる。お酒は,生ビールの後,奄美の黒糖焼酎「れんと」をお湯割りで2杯。程好く酔う。

 ブログ,更新しました。「メキシコ料理 ケリコ@北新地」。→ http://sojinproject.blog106.fc2.com/ 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/16(土)

[ News ]

理解

 自分が煽っておいて「理解」もクソもないもんだ。
    讀賣新聞:
中国外務省、反日デモに「理解」と談話 
 中国外務省が中国国内での一連の「反日デモ」について「一部の群衆が日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できる」との談話を発表したそうだ。って,独裁国家なんだから,この手の反日暴動は政府の許可の下に,というより政府が煽ってやらせているに過ぎないだろう。失業者やDQN(ドキュン)など,「反日」とは無関係の不満が溜まった連中は煽ればすぐに火が点く。自分は制御しているつもりかも知れないが,いつ反政府に向かうかも知れない連中だよ。せいぜい気を付けて火遊びに興じることだ。
 中国の国内向けメディア,独裁国だから当然政府の代弁者に過ぎない,は,だいぶ嘘八百を並べ立てているようだ。媚中の民主党が例の衝突ビデオを公開しない事を良いことに(公開すれば中国政府に恥をかかせることを懸念しているんだろうが),巡視船の方から漁船に衝突していく偽「再現動画」などを作成して,「反日」を煽っているという。一時が万事,中国国内でおバカな人民をどのように煽っているか推測が付く。
 しかし,こういう中国政府の「非友好的」態度には,一定の懲罰が必要だね。政府に出きることは中国製品の通関のサボタージュか。企業なら中国投資の抑制。国民は中国製品ボイコット(チャイナフリー)。その程度で許してやれば良い。バカにつける薬はその程度だろう。

 そちらの方が的確な表現なんだが。
    Amazon: WiLL (マンスリーウィル) 10年11月号別冊 
 昨日紹介した雑誌「WiLL」の11月号増刊。アマゾンのサイトで検索したら出て来たんだが,誤植がある。増刊の特集タイトルは「略奪国家中国 守れ,尖閣諸島!」なんだが,アマゾンの書名タイトルは「侵略国家中国」になっている。アマゾン,GJ(グッジョブ)。

 「本物」の方が三級品。
    讀賣新聞: 人気カバン「中国製」が本物、「米」タグで発覚 
 私はまったく興味がないのだが,女性に人気の米国ブランド「レスポートサック」のカバンなるものがあるらしい。これのパチモン(偽物)を販売目的で所持していたとして,露天商の夫婦が逮捕された。なぜバレタか。「本物」は,「MADE IN CHINA」のタグが付いているのに,アメリカ・ブランドだからの先入観があったのか「MADE IN U.S.A.」のタグを付けていたそうだ。
 って,有名ブランドだからって「中国製」の安物のカバンをありがたがって見せびらかしている女性が多数いるということか。「本物」の方がパチモンだろう。わざわざ記事になったということは,讀賣新聞の記者もデスクもそう感じたのだろう。

   写真:伊勢海老の活け造り@中納言

 夕食は千日前の「中納言」で伊勢海老のコース。個室でなかなかのサービスで,しばしリッチな気分。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/15(金)

[ Misc ]

留学中

 何を小手先の弥縫策に汲々としているのだ。
    毎日新聞:
子ども手当:留学中の場合は例外支給を検討…副厚労相 
 子供手当を海外にいる子供対象にも支給することにしたら,外国人が養子100人なんて申請をした。さすがにこれは認められなかったようだが,愚かしい政策だ。で,来年は大慌てで子供の「国内居住」を要件にするという。と,今度は日本人の海外留学している子供に支給されないことになってしまった。で,その対策だという。
 毎度毎度の取り繕い。そもそも子供手当自体を廃止すれば済むことではないか。少なくとも外国人への支給を止めれば良い。親子とも「日本国籍に限る」とすれば済むだけの話だ。ついでに生活保護も外国人への支給を止めるべきだ。日本国憲法も生活保護法も日本国民しか前提にしていない。韓国籍・朝鮮籍の特別永住者を含む外国人への支給は法の趣旨に反する。

 15日付毎日新聞夕刊4版の1面トップ記事。
    毎日新聞: 大阪駅前引きずり死:被告に懲役15年の判決 殺人罪認定 
 未明の大阪駅前の交差点で歩行者を車ではね,車の下へ巻き込んで約2.9キロ引きずって殺した男の判決。
 なにしろ無免許で酔っ払っていたという。この元飲食店従業員・吉田圭吾(24)という犯人,どういう類の男か想像が付く。裁判所は「殺意」を認定したにも関わらず,検察側の懲役20年の求刑に対して,15年に減軽。これでは10年程度で仮出所で出て来るのではないか。あまりにも甘過ぎる判決だ。

 貧すれば鈍する。
    毎日新聞: 押尾学被告:車購入代金滞納でクレジット会社が提訴 
 保護責任者遺棄などで懲役2年6月の実刑判決を受けた元タレントの押尾学(控訴中)。クレジットで買ったメルセデス・ベンツのステーションワゴン(約950万円)の支払いが滞って訴えられたそうだ。って芸能人って外車ぐらいポンと現金で買うものじゃあないの。たいした「格」でもないのに見栄を張ったか。

   写真:「WiLL」11月号緊急増刊

 朝刊の広告を見たら金美齢さんと小林よしのりの記事が載っていたので早速購入した「WiLL」11月号緊急増刊880円。「略奪国家中国 守れ,尖閣諸島!」というのが特集タイトル。金美齢さんの記事は「何度騙されたらわかるのか」。小林よしのりの記事は「もう日中戦争は始まっている」。金美齢さんは台湾独立派で,国民党政権に絶望して日本に帰化された女性。特集とは別に後ろの方にチベットとウイグルの記事が何本か載っている。もちろん中国の侵略・虐殺を告発する記事だ。尖閣侵略に怒っている人の中にも,チベット・東トルキスタン侵略は知らなかった人もいるだろう。なかなかタイムリー。
 しかしグーグルマップ。確認したがまだ尖閣諸島に中国名が付いたままだね。

 今日は市内某所にて職場の歓送迎会その6。って「その4」は欠席したから今年度5回目の出席。和食のコースで,なかなかに良い味。個室で落ち着く。飲み放題2時間なのに結局4時間の宴会。さすがに酔ったし疲れた。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/14(木)

[ Misc ]

外務省

 自民党に先を越されたが,外務省もグーグルに抗議したようだ。
    毎日新聞:
外務省:グーグル日本法人に中国側呼称の削除要請 
 昨日書いたグーグルマップが尖閣諸島に中国名も併記していた問題。遅ればせながら外務省も抗議したという。って,これ日本語版の話だよねぇ。中国語版はどうなっているのだろうか。中国名だけで日本名は併記すらしていないとしたら,バカにされたもんだ。グーグルなら平気でそれぐらいやるだろう。

 私もたまに使うような気がする。
    讀賣新聞: 発言小町:「無理矢理」のことを「むりくり」と言うのは方言ですか? 
 小町のレスによると,「むりくり」は地域差による方言ではなく,若者言葉の一種のようだ。私もこの言葉「むりくり」は,テレビか小説で見て憶えたような気がする。「無理矢理」よりも「むりくり」の方が,更に無理矢理な感じがするなぁ。

 木曜日とて,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。
 今週の「社長島耕作」,法人税減税を応援している。欧米などの例を数字で出して,日本は「法人税が高すぎる」と主張。しかしこれはよくある「詐欺」の一種だ。確かに欧米では法人税率は低いかもしれない。しかし,企業の社会保険への支出は逆に日本の何倍もの高負担だ。儲けにかかる法人税を軽くして,企業が赤字でも負担しなければならない社会保険の負担を重くすると言うなら,それもいいだろう。しかし,今の法人税減税議論は,そこを隠して,企業の負担のみを減らそうとしているに過ぎない。これを詐欺と言わずしてなんという。実際,破綻しかけている年金や健康保険に企業が今の2倍3倍の負担をしてくれるなら,法人税ぐらいは下げてやってもよい。それで島耕作の好きな「世界標準」だろう。

   写真:焼うどん(大盛り)@七つの壁

 今日の粉もんは,地下鉄我孫子(あびこ)駅前のお好み焼き屋「七つの壁」(ぐるなび)で,焼うどんの大盛り。ソース味・カレー味も選べるが,いつもと同じポン酢しょうゆ味でいただく。炭水化物をがっつりいただくと多幸感があるなぁ。なにしろ「でんぷん大好き男」だから。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/13(水)

[ Misc ]

グーグルマップ

 これ,まずは政府自身が抗議すべき問題では?
    毎日新聞:
自民党:グーグルに訂正求める 尖閣の中国側呼称併記で 
 グーグルマップが地図上の尖閣諸島に「中国名」を併記しているという。ふざけた話だ。で,自民党がグーグルに訂正を申し入れた。竹島や北方領土についても訂正を申し入れたという。こういうことは政府自身がやるべきことではないのか。「日本海」表記も同様だ。

 これ,へそくりの隠し方うんぬん以前の問題だと思うが。
    讀賣新聞: 専業主婦。夫が厳しい。へそくりはどう管理すべきか。 
 専業主婦,家計を管理している夫が妻のバッグの底まで漁って,へそくりを全部取り上げてしまうので,上手に隠したいという相談。夫が妻の財布を点検し,妻名義の通帳まで夫が管理していて,妻が実家から内緒で貰ったこづかいまで見付かってしまい取り上げられたという。
 でも,これって「経済的モラハラ」ではないのか。何やら異常者の臭いがプンプンする。支配下に置かれると被支配者は支配されているという感覚が麻痺するからなぁ。

   写真:牛モモステーキ@あうん

 晩酌のアテは,牛モモステーキ@居酒屋「あうん」。脂身もなくあっさりといただける。柔らかくて旨い。〆は絶品のおにぎり。やっぱり旨い米の飯はいい。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/12(火)

[ Misc ]

所得制限

 また変なことを言い出している。
    毎日新聞:
子ども手当:所得制限導入に前向き 桜井副財務相 
 所得制限など,実際上無理だろう。
 たとえば所得の把握はどうする。給与所得者ならほぼ100%所得を把握されているが,自営業者は50%程度だという。つまり400万の年収がある給与所得者は正味400万の収入しかないが,400万の年収として課税されている自営業者は実際には800万の収入があると言われている。これを一律課税所得で線引きするのは著しく不公平だ。
 また線引きの前後でも不公平が生じる。線引きより1万所得が多いと子供手当は貰えない。これもまた不公平だ。
 そもそも「子供手当」なる制度自体が矛盾だらけなのだ。そんなに外国人に金をばらまきたいのか。所得控除で対応すれば充分だろう。今までそうして来たのだ。

 いや,めでたい結末になった。
    讀賣新聞: 発言小町:勝手に提出された離婚届 
 9月20日に引用したトピ「私の父と絶縁した妻子に、父の病をどう伝える・・・?」と,9月30日に引用したトピ「妻とやり直すために、父を棄てました」の更に続編。
 最初はアルツハイマーになった父を妻に介護してもらいたいというトピだったようだが,話が進むにつれ,この父が「毒親」。嫁や孫が入院するようなDVを働いていて絶縁されたということが分かる。でトピ主は,殊勝な息子を演じたがっているが,実際には自分で父の面倒を見る気などさらさらない。妻に押し付けるつもりだ。それどころかこれまでの結婚生活で面倒なことは全て妻に押し付けて遊び歩いていたことが分かる。「毒父」の息子は「毒夫」だったというわけだ。
 その毒夫が,別居はするが離婚はしないと言って出て行った妻に,俺が泊りがけで遊びに行っている間に帰って来い,でなきゃ離婚だ,と署名捺印した離婚届を妻に渡した。で,散々遊び倒して帰ってきたら,妻は離婚届を提出していたという。
 で,現時点ではこの毒夫が,脅しのつもりだったに本当に離婚届を出すなぁ〜,と駄々を捏ねている最中だ。いや奥さんGJ(グッジョブ)。よかったよかった。

   写真:土瓶蒸し@寿し兆 写真:鳥貝の握り@寿し兆

 毎週火曜日は個人的「寿司の日」(になりかけている)。地下鉄我孫子(あびこ)のいつもの寿司屋「寿し兆」へ行く。とりあえずはサービスの土瓶蒸し。いいねぇ,秋だねぇ。もう10月だと言うのにまだまだ毎日夏日が続いているが,旬の食材はもうすっかり秋。
 で,握りの方は,まずはお勧めの一つから「鳥貝」の握り。これは久しぶり。で,後は,トロ・タマゴ・バッテラと個人的定番をいただいて,冷酒を飲んで2,880円のお勘定。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/11(月)

[ Misc ]

列島事件簿

 いやほんと情けないなぁ。お間抜けな犯罪者たち。
    讀賣新聞:
怒鳴り合い夫婦、110番され調べてみると… 
 佐賀県の話。飲食店駐車場で怒鳴り合いの大喧嘩をする夫婦。従業員に110番されて,警察がやってきたら逃げようとする。で,怪しまれて調べられたら,2人とも覚醒剤をやっていた。シャブ中の夫婦喧嘩か。42歳無職の夫と39歳の妻の話。
    讀賣新聞: 酒気帯びで「石焼き芋〜」…うるさくて発覚 
 埼玉県の話。深夜11時半,石焼き芋の移動販売車のスピーカーの音が余りにうるさいので近所の人が苦情を言いに行ったら,酒臭い。で,110番。駆けつけた警官が,酒気帯び運転の現行犯で53歳のこの男を逮捕したそうだ。
    朝日新聞: 「客多すぎる…」強盗あきらめ食い逃げ、包丁忘れ自首 
 熊本県の話。所持金が底を尽き,強盗しようと包丁を隠し持って焼肉店に入った56歳無職の男。客があんまり多いので強盗をあきらめた。で,生ビールと焼肉を1万円分も飲食。無銭飲食をしようと「胸が苦しい」と演技をして救急車を呼んで貰った。ここで逃げれば良いものを店に包丁を忘れ,これはばれると思い,自首したそうだ。

 まあ良かったんじゃない。あのまま保健所で薬殺処分なんて寝覚めが悪い。
    産経新聞: 生き埋め犬の飼い主が名乗り 生後10年、雄の秋田犬 
 昨日付けの日記に引用した富山の生き埋め老犬。テレビのニュースを見て飼い主が名乗り出たそうだ。自宅に鎖につないだ首輪が残っていたって,誰かがわざわざ連れ出したんだろうか。とりあえず警察は捜査継続中。

 私もバイク乗りなので他人事とは思えない。
    讀賣新聞: 発言小町:図らずも夫の趣味を奪ってしまい、どうすればいいのか。 
 結婚3年目の30代前半専業主婦。夫の趣味はバイク,というかバイクの競技。そのために筋トレなどにも励む毎日だったという。ところが,夫の趣味仲間の1人に独身の若い女性がいた。趣味を続ける以上,夫とこの女性はどうしても親密にしなければならない状況に。
 で,妻のトピ主としては焼きもちを焼く。で,夫と正直に話し合い,この女性と付き合うのを止めて貰った。納得した夫。しかし,この女性と関わらずに趣味を続けることができない状況。で,夫はバイクの競技もすっぱりと止め,筋トレも止めてしまい,休日はぐうたらと過ごしている。趣味自体を取り上げるつもりはなかったのにと後悔し,発言小町での相談となった。
 って,結婚を機にバイクを降りるバイク乗りも多いのが実情。それだけ危険な趣味だ。このトピ主は,自分も昔はバイクに乗っていたと言うことで理解があったのだろう。しかし思わぬ方向の障害が出てしまったなぁ。難しい。いや,いい回答が思い浮かばない。

   写真:焼き鳥+銀杏@竹宗

 秋の味覚,銀杏(ぎんなん)が出ていた。初物にはあまり興味はないが,旬の季節物には弱い私。早速いただく。というわけで,今日の晩酌のアテは,焼き鳥と銀杏串焼き。だんだんと秋も深まるなぁ。

 ブログ,更新しました。「トルコ料理 イスタンブール・コナック@南堀江」→ http://sojinproject.blog106.fc2.com/ 

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/10(日)

[ Misc ]

ロース

 まあ美味しければ何でもいいんだけど。
    朝日新聞:
ももなのに「ロース」 焼き肉業界の慣習、規制対象外 
 昔からの焼肉屋の認識では「脂身が少ないとロース,多ければカルビという程度」だそうだ。で,安いもも肉やランプ肉を「ロース」と称する焼肉屋が多いという。「上ロース」が本物のロース肉だそうだ。JAS法は,流通段階までは規制されるが,飲食店は規制対象外なため,こういう慣習が今に続いているという。で,それじゃあアカンと,消費者庁が業界に改善を求めたそうだ。最近は食品偽装にうるさいからなぁ。
 と,正直に書いている店もあるが,昔からの慣習に従っている店もある。店によって同じ「ロース」でも様々という訳か。まあきちんと表示されるようになっても,店によっての旨い不味いは残るだろうから,店を選ぶ感覚がやっぱり必要ということになるのだが。

 頭の悪いDQN(ドキュン)の犯行だろうが。
    讀賣新聞: 顔だけ残し犬を生き埋め…保護でも保健所送り? 
 富山市の運河の土手で,土を持って老犬が顔だけ出して生き埋めになっていたという。泣き声に通行人が気付き通報した。警察が犯人捜しに乗り出しているが,この老犬自体は首輪もなく,引き取り手が現われなければ保険所送りだそうだ。なんともなぁ。まあ,捨てる飼い主が一番悪いんだが。

 どんだけ効果があるんだろう。
    讀賣新聞: 英語の先生を米留学、小中高の若手1〜2年 
 小中高の英語の先生をアメリカに留学させて英語のスキルを高めるという。1人1年で1000万,年に100億円程度の予算を考えているという。
 って,一部のエリートだけ作って,どれだけ効果があるのか。それだけの予算があれば,日本各地でネイティブを講師に研修会をやった方がはるかにマシではないか。日米両政府の合意だというが,アメリカにカネを貢ぐのが目的か。

 この人,知っている。
    讀賣新聞: 北海道米の日本酒が逆上陸、ノルウェーで醸造 
 北海道産米をノルウェーに送って,向こうの地ビール会社が日本酒を醸造し,逆輸入するという。まあ話題性はあるなぁ。
 で,日本の販売元が札幌の「えぞ麦酒」だそうだ。この会社の代表がフレッド・カフマンという来日して30年のアメリカ人で,札幌で手広くやっている。「えぞ麦酒」は,アメリカの地ビール会社に独自ブランドの地ビールを作らせて輸入しているし,中島公園の「麦酒停」というビアスポットや,狸小路の「外人バー」なんかも経営している。麦酒停で会ったことがあるが,いかにもアメリカ人といった感じの人だ。

 金ファミリーは千葉ネズミーランドがお好きなようで。
    讀賣新聞: 金正恩氏に訪日歴、92年頃母とTDLに? 
 北朝鮮の金正日の長男の金正男は,日本のネズミーランドに来て捕まったが,三男の金正恩も来ていたそうだ。しかしどうせならアメリカの本物に行けば良いものを。それぐらいのカネはあるだろうに。アメリカは入国審査が厳しいのか。で,太平楽の日本に来ると?

   写真:揚げシューマイ@あうん 写真:ソーキそば@あうん

 晩酌は,地下鉄我孫子(あびこ)の居酒屋「あうん」で。とりあえずのアテは,ホワイトボードから「揚げシューマイ」。大粒が4つ。今日初めて出したメニューで初めての注文だという。具がふんわりと柔らかめ。で,生ビール,芋焼酎「黒霧島」のお湯割り,日本酒「篠峯」といただいていい気分に酔う。〆は,沖縄そばの「ソーキそば」。「ソーキ」は「豚のあばら肉」のこと。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/09(土)

[ Misc ]

千春新党

 まあ冗談かもしれないが。
    ZAKZAK:
千春新党結成の波紋「小沢が…」永田町は戦々恐々!? 
 鈴木宗男の「盟友」である歌手の松山千春が,「鈴木の収監中に解散・総選挙になれば」先頭に立って出馬すると言ったそうだ。新党大地として北海道限定なら松山千春って結構影響力があるんじゃないの,ムネオちゃん収監中の新党大地の組織温存としては。でも,ムネオちゃんは,たとえ出所してもその後5年の公民権停止。それが終わる頃にはもういい歳だ。どういう戦略を描いているんだろう。
 それにしても,出版記念パーティの席で,小沢一郎が民主党を追い出されたら,小沢も引き受けるとぶち上げたそうだが,これはさすがにジョークだろう。

 なんで犯罪者に至れり尽くせりなんだ。
    朝日新聞: 不法滞在者に強制送還予定を事前通知 入管が改善策 
 不法滞在外国人といえば,日本の国法を犯した犯罪者だろう。その強制収容されている犯罪者の待遇を「改善」するという。そんな暇があったら,国中に溢れる不法滞在者をあぶりだしてどんどんと捕まえる方に努力すべきだ。
 しかし,「国に帰っても職がないから日本に置いてくれ」とは,なんという言い草だ。不法滞在を続け,不法就労する気満々ではないか。こういう連中は即座に国外追放・強制送還すべきだろう。

 いい歳をした自己中オバハン。
    讀賣新聞: 弟に結婚を考え直してほしいのですが、どうしたらいいでしょう。 
 42歳の弟の姉で,2人の子供がいてバツ2直前。その弟に10歳年下の婚約者ができた。が,この婚約者の我侭に我慢ができないという相談。
 どんな我侭なんだろうと思いきや,後出しでポロポロとトピ主のボロが出て来る。弟と婚約者は結構な収入だそうだ。で,子供2人を抱えてバツ2直前のトピ主は,この将来の弟夫婦にたかりたいらしい。「私は体が弱くて」と定番の言い訳付きで,家事をやるから弟夫婦に養ってくれという。出産や家事をこなせる人間が「体が弱いから働けない」はないだろう。単なるナマケモノ。
 この婚約者,2世帯住宅を建てて義両親(トピ主と弟の両親)と同居するつもりだったという。それも婚約者の持っている土地に建てるつもりだったという。ところが,バツ2直前の小姑が口を挟み,離婚したら帰りたいから,その2世帯住宅の2つある玄関や台所や風呂を削って,自分たち母子の部屋を作れと言い出した。そりゃあ婚約者が怒るよなぁ。その上,「家事をやるから」自分たち母子を弟夫婦が働いて養ってくれと言うのだ。厚かましいにもほどがある。おかげで2世帯住宅も白紙だそうだ。自分さえ良ければ,親兄弟もどうでもいいらしい。2度の離婚もうなずける。「慰謝料も養育費も取れない」って,どんだけ酷いことをしたんだ,このオバハン。

   写真:海鮮丼@きぐち

 いつもの竹宗で久しぶりに昼食に海鮮丼を食べようと土砂降りの中を出かけたら,ランチは臨時休業。で,一度夜に行ったことのある寿司屋「きぐち」の前を通りかかると,ランチメニューに海鮮丼がある。というわけで,赤出汁付き1000円の海鮮丼。ちょっと見かけが華やかさに欠けるが,なかなかに美味しい。竹宗の海鮮丼は温かいご飯と寿司飯を選べるが,ここのはデフォルトで冷たい寿司飯だった。

   写真:生さば@竹宗

 晩酌のアテは,鯖(さば)の刺身。締めていない生サバ。旬の秋鯖ということで脂が乗っている。今日は昼・夜と刺身ばかりだった。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/08(金)

[ Misc ]

平和賞

 中国政府がキレまくっているようだ。
    毎日新聞:
ノーベル平和賞:中国の劉暁波氏に…服役中の民主活動家 
 上の記事は第一報。この後,タイムラインには様々な関連報道があふれている。日本でもそれなりのニュースになっている様子。
 まあ「ノーベル平和賞」なんて,あの佐藤栄作やバラク・オバマ如きでも取れるんだから,各部門のノーベル賞の中では評価の低いその程度の賞なのだが,中国人初の受賞が平和賞とは,中国もまたその程度の国(中国系アメリカ人などの受賞はすでにあるが,中国国籍の中国人としては初だそうだ)。

 これは悩むなぁ。
    毎日新聞: 家電エコポイント:12月から半減 財源追いつかず 
 12月から家電エコポイントは半減,1月から更にしわくなるという。うちはテレビないんだよね。テレビはパソコンか車で見ているが,どちらも古くてアナログ。まあ地デジの薄型テレビの1台も買おうかとはずいぶん前から思っているのだが,部屋が狭くなるので置き場所に困る。でも買うとしたら11月中だなぁ。エコポイント発足時より,薄型テレビの価格が大幅に下落しているのに,エコポイントは減っていないので,今ならすごくお得になっているそうだ。11月頃,上新電機がお得意様セールでもやってくれると決心が付くのだが。

 偏食の人って,自己中のイメージだなぁ。
    讀賣新聞: 発言小町:食べ物の偏り=性格の偏り? 
 実は子供の頃は,結構好き嫌いが激しかった。というより家族が先回りをして気を使ってくれていたような。すき焼きなら一緒に食べるが,家族が水炊きなら私だけハンバーグとか,家族が刺身を食べているときは私だけお肉だとか。いや,これは印象悪いでしょ。
 まあ,大人になって酒を飲むようになってからは,大抵のものは食べられるようになった。まあ今でも苦手はあって,自分から食べたりはしないが,それでも出されれば食べる。あれが嫌い,これも嫌い,って,どんだけ自分に優しいんだか。自分に優しい代わりに他人にも優しいならまだいいが,こういう人は,他人には厳しい(ような気がする)。

   写真:カニのあんかけ

 歓送迎会その5。って「その4」は欠席したから今年度4回目。今頃,歓送迎会かって時期だが,酷いのになると新年会と兼ねるから,うちの職場ではまあフツー。で,市内某所の居酒屋。カウンターが3・4席に小上がりの座敷が12席と小さな店だが,なかなかの料理を出した。まあ飲み放題込みで5000円だから,こんなものか。飲み放題はメニューから500円以下のものを自由に選んでください,と分かりやすいのがいい。お酒も種類・銘柄をいろいろ揃えていて吉。上の写真は「カニのあんかけ」。前菜・刺身・一品・天ぷら・ご飯物・デザートと揃っていたので食べ過ぎた。ついでに飲み過ぎて二次会はパス。歳だなぁ。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/07(木)

[ Misc ]

自作自演

 悪党どもの仲間割れ。
    毎日新聞:
シー・シェパード:ギル号沈没は自作自演 元船長が暴露 
 日本の捕鯨船に衝突して沈没したとされていた環境テロリスト集団「シーシェパード」の抗議船「アディ・ギル号」。実は世間の同情を買って更に金を集めるために自分たちで自沈させていたそうだ。この船の船長,ピーター・ベスーンは,沈没の報復だとナイフを持って捕鯨船に侵入し,逮捕され日本で執行猶予判決を受け,国外追放された例の男だ。自沈は,「シーシェパード」の代表のポール・ワトソン容疑者=傷害容疑などで国際手配中=の指示だったという。
 この元船長がニュージーランドに強制送還後,シーシェパードとの関係が悪化,仲間割れを起こして今回の暴露となったという。どうせ分け前の配分を巡っての争いだろう。薄汚い話だ。それにしても「シーシェパード」は金のためなら何でもやる組織だなぁ。仲間から,「道徳的に破綻(はたん)している」と批判されるような連中だ。

 一石二鳥の外来種駆除。
    毎日新聞: 雑記帳:ブラックバス持参なら入園料タダ 須磨海浜水族園 
 須磨の水族館が,ミドリガメの餌にするためのブラックバスの死骸を1匹持参するごとに1人が入場無料になるというキャンペーンをやっているそうだ。
 ミドリガメは夜店で売っている小さなカメ。ところが飼っているうちに大きくなってもてあまし捨てる。外来種のため,日本の在来種の脅威となり,駆除の対象だ。須磨の水族館は,ミドリガメを捨てるなら水族館に持って来てと集めて,在来種の保護に取り組んでいる。そのミドリガメに,外来種による自然破壊の親玉,ブラックバスを餌にして食わそうというのだ。
 それにしてもこのブラックバス。釣りの対象にしようと,悪質な業者や釣り人が放流したのが元だという。こういう連中を罰することはできないものか。罪滅ぼしにどんどん釣り上げて駆除すべきだ。命をもてあそぶキャッチ・アンド・リリースなどもってのほか。

 タバコだけではあるまい。
    ロイター: 中国製たばこ、一部は通常の3倍もの鉛やカドミウムを含有 
 中国の工場は有害物質たれながし,公害の見本市のような国だ。中国製タバコから人体に有害な重金属などが検出されたというが,原因は「土壌の汚染」。工場から排出された煙や未処理の廃液中の重金属が中国の農地をおおっている。タバコ農園だけを選んで汚染するわけがない。中国産の農産物はすべて重金属や化学物質に汚染されていると考えるべきだろう。

   写真:ミックス焼@千房

 木曜日とて,週刊漫画誌「モーニング」の発売日,かつ個人的「粉もんの日」。今日の粉もんは,有名チェーン店「千房(ちぼう)」でいただく。ここのお好み焼きはさすがに手慣れたもので旨い。で,今日は「ミックス焼」\980をチョイス。定番だが,定番ゆえに何故かめったに食べない。具は,豚肉・イカ・小海老。好みで,カツオ少々に青海苔をたっぷりかけていただく。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/06(水)

[ Misc ]

ユダヤ系

 虐殺者が牛耳る国のメディアは恐ろしい。
    毎日新聞:
米CNN:ユダヤ系差別発言でアンカー解雇 
 アメリカではメディアはユダヤ系が牛耳っているそうだ。彼らに少しでも逆らえば社会的に抹殺される。あるCNNのニュース番組のアンカーが「CNNやほかのテレビ局を仕切っているのは,スチュアート氏のようなやつらだ」とユダヤ系の芸人を批判しただけで,「人種差別だ」と解雇されたという。アメリカでは,本当のことは言ってはいけないらしい。
 他にも「(イスラエルのユダヤ人は)パレスチナから出ていけ」と真っ当な主張を持つ記者が引退に追い込まれたり,「ツイッター」でイスラム教指導者への敬意を示しただけで解雇,とか理不尽な弾圧があるそうだ。おぞましい国だ。

 また「エリカ様」か。
    ZAKZAK: エリカ様、CM会見ドタキャンも…クラブで泥酔&嘔吐 
 相変わらずだなぁ。タレントの沢尻エリカ(24)が,大事なクライアントの新CM制作発表のイベントを「体調不良」でドタキャン。二日酔いでもしたのか。ここぞというときの御乱行。この人,アル中かなんかなの?

   写真:アイコンチキン チーズフォンデュ@マクドナルド 写真:アイコンチキン チーズフォンデュ@マクドナルド

 近所のマクドナルドで「当店限定先行販売」の垂れ幕。この前から気になっていたマクドの新製品「アイコンチキン チーズフォンデュ」を食べてみた。8日から全国発売だという。
 要するに鶏肉のバーガーなのだが,チーズソースが決め手だという。確かにチーズ味だが,フォンデュというほどでもない。チキンはそこそこ美味しい。特徴的なのはバンズ。粉チーズをトッピングしてトーストしたというが,なかなかに香ばしくてこれはいい。ただ,チーズソースの塩味がきつ過ぎるのが難点か。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/05(火)

[ Misc ]

フグ肝

 いやぁ,実は「フグ肝」って美味しんだよね。
    讀賣新聞:
フグ肝の煮付け…すし店で2人意識不明に 
 ここだけの話だが,どこで食べたとは言えないんだが,何年も前に無毒フグの肝をいただいたことがある。まったりとした食感にあっさりとしていながら何とも言えない味わいがある。世の中にはこんな旨いものがあるんだと思った。フグの白子とは全く違う。もちろん商品として提供していたものではなく,「フグを一本捌いたんだけど食べてみる?」と勧められたものだ。
 あのフグ肝を煮付けにしてしまうとはもったいない。しかしこれは事故だなぁ。店主がフグを捌いた後,余った身と肝を冷蔵庫に入れていた。それを店主の知らぬ間に店主の奥さんが煮付けにして客に出して一緒に食べた。このお客さん,常連だったんだろうね。で,2人とも呼吸困難の重体。いや,フグ毒はやっぱり怖い。肝をきちんと処分せずに可食部の身と一緒に冷蔵庫に入れていた店主の過失であることは確かだ。
 しかし,世の中には,無毒フグというのもある。無毒であることをきちんと証明できないらしいので,食用には許可されていないが,日本の技術なら無毒フグの肝もちゃんとできるはずだ。是非研究を重ねて解禁して欲しい。

 名古屋人は中日ドラゴンズで盛り上がらないのか?
    ZAKZAK: 想像以上の不人気…オレ竜に球界戦々恐々“全員登録抹消”自画自賛も… 
 「夕刊フジ」によると,球界関係者は揃って,中日には日本シリーズに出て欲しくないと思っているそうだ。とりあえず今のプロ野球で一番人気でファンが盛り上がるのは阪神タイガース。で,その次にまあ読売ジャイアンツも未だにそれなりの人気がある。ところが中日が日本シリーズに出ても,盛り上がらないこと甚だしい。自分の生活がかかっている球界関係者としては中日のCS敗退を願っているそうだ。
 そこまで言われて怒らないのか落合。一軍選手の登録抹消の奇策を誰も褒めてくれないので自画自賛しているようだが,FAにかかわる有力選手は大迷惑だそうだ。いつから中日の監督は経営側の走狗に成り下がったのか。

 とりあえず病院に行こうよ。
    讀賣新聞: 発言小町:昨日夫に初めて暴力を振るわれました 
 夫58歳,妻50歳。結婚26年,一度も暴力を振るわなかった夫に殴られたという。些細なことで口論となり激昂したらしい。実は50歳の妻の方は,更年期障害でいつもイライラし続けの毎日で,夫に暴言を繰り返していたという。きっかけは些細なことでも,日ごろの暴言に遂に決壊してしまったようだ。
 問題は暴言を繰り返していた妻の方にその自覚がないこと。今はホルモンなど効果的な更年期障害への治療法があるという。自覚しているなら,今すぐにでも病院へ行くべきだ。夫の方も58歳なら,男の更年期ということが考えられる。夫婦で病院通いもいいんじゃない。まだまだ人生長いんだから。

   写真:きずし@寿し兆 写真:甘エビ@寿し兆

 夕食は,地下鉄我孫子(あびこ)の旨くて安い寿司屋「寿し兆」へ。で,とりあえず冷酒を頼んで,アテはサービスの「〆サバ」。これが旨い。程よい酸味が脂の甘さを際立たせる。いやぁ旨いなぁ,と酒が進む。で,ホワイトボードに「生甘エビ」400円とあったのでオーダー。これも旨い。安い甘エビって独特の薬臭さがあることがあるが,これは甘エビの甘みがダイレクトに伝わってくる。で,後は例によって,トロ・玉子・ウニといただいて,勘定は3,200円。

 ブログ,更新しました。「延辺料理 故郷羊肉串店@島之内」→ http://sojinproject.blog106.fc2.com/

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/04(月)

[ News ]

起訴議決

 結局,強制起訴ですか。まあそれだけのことはやってきただろうね,この人。
    讀賣新聞:
小沢氏強制起訴へ、年内の可能性も 
 検察が起訴を諦めたものを素人が有罪に持ち込めるとも思えないのだが。日本でも判決が下りるまではどの被告人も「推定無罪」。しかしそれは「建前」で,実際には犯人扱いだなぁ。これで小沢の政治活動も大幅に制限されることになった。この状況を菅直人はどう利用するか。それにしても「疑わしきは罰せず」の無罪判決が出た後の小沢の逆襲が怖い。

 テレビでおなじみの「ミスター経済効果」の宮本勝浩教授がいろいろ分析している。
    スポーツ報知: 横浜半額セール!?TBS買収時の約半値に“暴落”か 
 今の横浜ベイスターズは,TBSが球団を買収した時の半値の価値しかないそうだ。楽天の仙台の例もあるし,新潟移転も結構「アリ」じゃないかなぁ。まあ新潟の球場も,来年の予約はぼちぼち入っているようだし,1年は準本拠地で様子をみればよい。ただ新潟はチームの移動のための交通の便が悪いのがネックか。

 お金で揉めるのは,どうもみっともない。本人たちには切実なんだろうが。
    ZAKZAK: 朝青龍VS高砂親方、3億円ドロ綱引き 残った残った“銭秋楽” 
 朝青龍の引退相撲の上がりが3億円以上だという。やっぱり相撲って大きなお金が動くんだなぁ。結局「スポーツ」「神事」というよりまず「興業」か。

   写真:牛すじ煮込み@あうん 写真:ソーキそば@あうん

 晩酌は,地下鉄我孫子(あびこ)の居酒屋「あうん」へ。とりあえずは「煮込み」をアテに生ビール。この煮込み,牛すじ・ちくわぶ・コンニャクと関東風。なかなかな酒のアテだ。で,麦焼酎「高千穂」,芋焼酎「黒瀬」とお湯割りでいただいて,〆は沖縄そばの「ソーキそば」。このソーキ(豚のあばら肉)がとろとろで絶品。例によって島とうがらしの調味料を垂らしてピリ辛でいただく。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/03(日)

[ News ]

内閣支持率急落

 まあ当然すぎる結果。
    毎日新聞:
世論調査:内閣支持急落49% 中国漁船衝突対応に批判 
 しかし新聞というのは世論調査が好きだねぇ。あんまり意味ないと思うのだが。それでもまあ新聞がどういう方向に世論を引っ張って行きたがっているのかは分かる。で,菅内閣の支持率急落だという。讀賣の調査では50%を超えているようだが,毎日の結果は50%を切っている。もちろん,尖閣諸島衝突事件の弱腰対応への批判だろう。反中世論も盛り上がってきているようだ。
 でもまだこんなことを言って足を引っ張るやつがいる。
    毎日新聞: 前原外相:日中は善き隣人 
 前原はもう少し威勢のいいことを言っていたのではないのか。結局はこいつも民主党,媚中分子というわけだ。「船長」釈放は外務省主導だったのか? まあ,政府は「検察の判断」と責任を押し付けたいようだが,外務省−首相ラインで最終決断したであろうことを疑う国民はいないだろう。それが支持率に正直に出ている。

 生活保護の不正受給の手段のひとつに,うつ病を詐病するというのがあるらしいが。
    朝日新聞: 「障害年金取れる」うつ病患者に不適正指南 ネット販売 
 うつ病患者に重症を装って障害年金を受給しようと勧めるマニュアル本がネット販売で何種類も出回っているそうだ。この指南書の通りに医者の前で演技をすれば,障害年金2級に認定される診断書を書いて貰え,年200万ほどの金が毎年働かなくても手に入るという。いやあ世も末だね。
 しかし,このマニュアル本通りにやったのに認定されなかったと,消費者センターに苦情を持ち込む連中が何人もいるという。いったい何を考えているのか。あきれるばかりだ。

 最後まで絵になる人だねぇ。
    毎日新聞: 元朝青龍:断髪式 土俵に別れのキス 
    毎日新聞: 元朝青龍:「生まれ変わるなら大和魂持った日本人に」 
 毀誉褒貶の激しい相撲人生だったが,強い横綱だったことだけは確かだ。まだまだやれる力を残しながらも,土俵に別れのキス,そして「生まれ変わるなら,大和魂を持った日本人の横綱になりたい」との言葉を残して去って行った。

   写真:シシケバブ@イスタンブールコナック

 夕食は久しぶりにトルコ料理。南堀江の「イスタンブールコナック」(ぐるなび)へ行く。スープ・前菜から始まるコース料理をいただいた。写真はメインの肉料理,鶏肉のシシケバブ。付け合わせのコメ料理は,ピラヴというのか。ピラフの語源となったトルコ料理。Aコース2人前に,トルコビール・トルコワイン・アイラン(塩辛いヨーグルト)とドリンクをいただいて,ぐるなびのクーポンで10%オフになって,勘定は2人で6,570円。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/02(土)

[ News ]

悪しき隣人

 そんなこと言っちゃっていいの。
    毎日新聞:
民主党:中国は「あしき隣人」 枝野氏が対応を批判 
    毎日新聞: 民主党:「中国に信頼を期待すること間違い」枝野氏講演で 
 民主党の幹事長代理の枝野幸男が,「(中国は)あしき隣人でも隣人は隣人だが,政治体制が違う。米国や韓国と同じような信頼関係での協力を期待するほうがおかしい」と講演で言ったそうだ。まあ,幹事長代理は,政府の人間でなく,党の人間だから発言は自由か。しかし,「中国は悪しき隣人」はその通りだが,そこでなんで韓国が出て来るのか。竹島を武力占領し,反日教育を延々と続ける韓国もまた「悪しき隣人」だろう。韓国では「親日派」は政府公認の迫害の対象。子孫の財産まで没収される。どこが「良き隣人」か。
 まあ続けて,フジタ社員の拘束に絡めて「企業の中国進出は自己責任」というのはその通りだ。「(中国と)経済的なパートナーシップを組む企業はお人よし」もよく言った。
 この講演,他にもいろいろ言っているようだ。民主党ってのは「風見鶏」だから,それだけ今の日本の空気は反中に傾いていると感じ取ったか。これを一時的な現象に留めてはならないだろう。党だけではなく,政府が中国批判のメッセージを国民と国際社会に発するべきだ。そうでなければ,タダの「ガス抜き」にしかならない。枝野の狙いはその辺りか。

 で,その中国様だが,いよいよ居丈高になって来ている。
    毎日新聞: 尖閣諸島:中国「核心的利益」と位置付け チベットと同列 
 中国の「核心的利益」とは,「一切妥協はしない」という意味だそうだ。で,台湾・チベット・東トルキスタン(ウイグル)と並んで,東シナ海・南シナ海も「核心的利益」に編入だという。このリストって,まったく侵略のリストじゃないか。周辺諸国に勝手に線を引いて,ここは自分の領分と。しかし「核心的利益」と強調すればするほど,自信のなさが表れて来る。自らの悪行に気付いているのだろう。だからこそ余計に居丈高になる。
 しかし「南モンゴル」(中国いわく「内モンゴル」)は「核心的利益」には入れて貰えないのか。すでに人口の8割は中国人,モンゴル人は2割の少数派に追いやられているという。中国お得意の人海戦術で侵略は完了したつもりか。今現在は,チベットや東トルキスタンに中国人の植民がどんどんと進んでいるそうだ。

 安っぽいテレビドラマみたいだが。
    讀賣新聞: 発言小町:兄の婚約者が不倫しています 
 偶然,兄の婚約者なる女性が,兄との付き合いと並行して不倫を続けていることを知ったという妹。興信所まで雇って証拠を入手したという。しかし,小町のメンバーがいくら急げと忠告してものらりくらり。未だに親にも兄本人にも伝えていないという。って,本当に兄の事を心配しているのか。単に私は反対したというエクスキューズが欲しいだけではないのか。トピ主の書き込みを見ているとそんな気がする。

   写真:戻りカツオの造り@竹宗

 晩酌のアテは,戻りカツオ。そろそろ脂が乗ってきている。タタキではなくお造りでいただく。春カツオはタタキが旨いが,脂の乗った秋カツオは刺身でもいけるという。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

2010/10/01(金)

[ News ]

思いやり予算

 いや全くその通り。
    朝日新聞:
思いやり予算「米に言われる筋合いない」 防衛相反発 
 民主党の政治家もたまにはマトモなことが言えるんだ。日本を守ってやってるんだから金を出せ,とは強請り集りの類か。米軍が日本に駐留しているのは,まったく米軍の都合。世界戦略の上から,日本の監視も兼ねて駐留しているだけだ。日本列島を防衛するのだって,アメリカの都合。日本国民を守っているわけではない。泣いて感謝するにはあたらない。この際,「思いやり予算」など全廃してしまえばよい。逆に基地提供の見返りが欲しいくらいだ。それで米軍が出ていくというなら,日本独自の軍の強化,自前の核武装で応えればよい。

 気合いが入っているねぇ。
    毎日新聞: ユニクロ:国内初のグローバル旗艦店「心斎橋店」が開業  
 心斎橋にユニクロの旗艦店1号店が開店したそうだ。一体どこに出来たのかと調べてみると,パルコ(ロフト)の向かい,心斎橋駅直近の一等地に結構広い面積を取っている。いやいや気合いが入っている。ヤフーの地図にも早速載っていた。「心斎橋 ユニクロ」と地図検索するだけで出て来る(→ 地図
 この場所,ピザの「シェーキーズ」があったんだよね。うん十年前の学生時代からあった。それが先日閉店していたので,時代が変わるなぁ,と思っていたら,ユニクロだったんだ。まあ今更,シェーキーズの食べ放題ピザを食べる歳でもないが。
 しかし,心斎橋筋商店街の南の端,戎橋のたもとには「H&M」がある。この手の安売りファッションが中心街に進出するのも,デフレの時代か。ところで,中国人のツレに言わせると,H&Mは安っぽい,やっぱり日本発のユニクロがいいそうだ。

 お尻で機嫌・体調が分かるそうだ。
    讀賣新聞: 発言小町:女房の尻を触ると調子が分かる 
 毎日朝と晩にあいさつ代わりに奥さんのお尻を触る亭主の駄トピ。確かにお尻を触れば,その日の奥さんの機嫌は分かるだろうが,体調まで感知するとは,さすがベテラン夫婦。「変態なんかじゃない」と,賛同レスがたくさん付いている。

   写真:スパムたまご@あうん 写真:ソーキそば@あうん

 晩酌は,地下鉄我孫子(あびこ)の居酒屋「あうん」。今日は沖縄気分。まずは「スパムたまご」(写真左)で生ビール。で,酒を泡盛に切り替えて,「響天」をロックで。3杯目は日本酒「篠峯」だが,「ソーキそば」(写真右)で〆る。「ソーキ」とは,豚のあばら肉らしい。柔らかく味がよく染み込んだソーキが2枚。旨い。麺はちょっと太めで平麺。スープはあっさり目で,島とうがらしを漬け込んだ調味料を入れると辛い。辛いが旨い。あぁ,でも沖縄は行ったことがないんだよね。バイク・車・国鉄で日本中を巡ったが,千葉と沖縄だけはまだ行ったことがない。

 ツイッターでつぶやいています → http://twitter.com/JackKageyama 
人気ブログランキング ←こちらをクリック,よろしくお願いします。

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2010, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama