Content-type: text/html
Sojin Project HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Sojin Project / Diary 2005-02

最新記事 今月の最後の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

2005/02/04(金)

[ Gourmet ]

食事はゆったりと

 毎日,特にこれといったことは起こらない。朝,仕事に行き,夕べに帰る。食事をして風呂に入り,後は寝巻に着替えて,DVDを見ながら,缶ビールないしは安ワインの赤を飲んで,そこそこにベッドに入るだけだ。「日々是好日」といったところか。平々凡々の日々である。
 昨日は,例の節分の巻き寿司丸かぶりで,西南西に向かって2本もかぶったものだから,お腹がくちくなって,酒を飲み始める前に眠くなってしまい,意図せずに久しぶりの休肝日となった。
 気が付くと最近,外で飲む回数が減っている。今日も「週末だし呑みに行くか」と出かけたが,いつもの居酒屋の前で覗くとカウンターに客。忙しそうだなぁと引き返し,中華でノン・アルコールな夕食を取る。一日に何回も夕食を取れるわけでなし。一日一回のせっかくの夕餉はゆっくりと取りたい。だから私は空いた店にしか行かない。味のレベルが同じならば,安くて混んだ店より,少しぐらい料金が高くても空いた店に入る。食事で一番重視するのは「店の雰囲気」だ。いくら安くて美味しいと評判の店でも,養豚場の豚のように餌を食わされるのでは,かなわない。で,店を選ぶ基準は「空いている」「客層が下品でない」つまり「ゆったりと気分良く食事が出来る」が一番。もちろん不味い店には行かないが,「雰囲気と味に見合った料金」であれば,それほど安さにはこだわらない。

2005/02/05(土)

[ Gourmet ]

寒ぶりのニギリ

 ナンバへでかける。まずジュンク堂書店へ。3Fのマンガ売り場をのぞくと,志村貴子『放浪息子』(ビーム・コミックス/エンターブレイン)の3巻が出ているので,即ゲット。他,マンガ7冊・文庫2冊・単行本1冊で背中のデイパックが重くなる。
 さて夕食はということで「がんこ」へ入る。土曜日だが大分時間が遅くなってきたのでほどほどに空いている。カウンターに腰掛けて,生酒300mlをちびちびやりながら,握り寿司を2貫×5いただくと,お腹がくちくなって,もう食べれなくなった。寒ブリの握りが良かった。お造りでは時々いただくが,やっぱり刺身は握り寿司にして貰うのが一番好きだ。よく乗った脂が造りではしつこくなる所だが,寿司飯が刺身の味を更に引き立ててくれる。
 寿司腹で思い出していたのが,岸上大作。國學院大生だった60年に夭折した歌人。姫路の奥の福崎に母と妹を置いて東京に出てきた貧乏学生が,人生の最後の贅沢か,寿司を腹一杯喰ったと自殺直前の遺稿に記している。自分も貧乏学生だったので,この手の話は,心だけでなく腹にも沁みた。
意思表示せまり声なき声を背にただ掌の中にマッチ擦るのみ  (岸上大作歌集『意思表示』より)
 最後に,TSUTAYA が,明日まで半額なので,DVD11枚レンタルする。見れない分は,ハードディスクにリ○ピングして置けば良いので,こういう機会にそのうち見るつもりのDVDもレンタルしておく。5Fで文庫本3冊を購入。リュックが重い。

2005/02/06(日)

[ SubCulture ]

女しか言えない

 朝,朝刊を読む。一面から順にめくっていって,書評欄があると「あぁ,日曜日だなぁ」と思う。
 で,今朝の毎日新聞「今週の本棚」。起き抜けのボーっとした頭で読んでいると,「亀頭の形状について,先にやったのを後から来た奴がかき出してストライクをとるため」との文がいきなり目に入ってくる。ゲホっ。うーん…,朝からいきなし…。こんな直接的なことは女性にしか書けないよなぁと見ると,やっぱり「訳者:竹内久美子」。あの竹内さんの訳された本の紹介でした。そんなこと女性に言われると,子供を自分のお腹で孕むわけでない男としては,パートナーを信用するしかなく辛いよねぇ。ゲホゲホ。

2005/02/07(月)

[ News ]

再放流禁止!

 大津地裁で,琵琶湖の外来魚の再放流(リリース)禁止の条例は,合理的根拠があって適法との判断が示されたそうですが,当然の判決ですよね。
 っていうか,キャッチ・アンド・リリースなんて「野蛮な」風習は全面的に禁止すべきです。
 食べるために動物を殺すというのは自然の摂理の一部です。しかし逆に考えると,食べないなら釣るべきではない。何を「遊び(レジャー)」にしようと勝手だと言うかもしれませんが,生命を弄ぶ以上,限度というものがあります。今回の裁判の原告の大部屋タレント清水某やその類の連中には,クレーンででも吊り上げて,死の恐怖を味あわせた上で,「ゴメン,遊びでやっただけやから許してね」とでもお茶目に言ってあげましょう。
 それにしても,リリース禁止の条例に罰則がないのは片手落ちですね。懲役刑に処するのは難しいにしても,故意にリリースしたり,バスの密放流をした者には,高額の罰金ぐらいは科すべきでしょう。

2005/02/09(水)

[ Gourmet ]

KitKat

 近所のセブンイレブンに行くと,ネスレのチョコレート菓子 KitKat が結構並んでいる。ずいぶん昔からある製品だ。以前は確かタータンチェックでイギリスのイメージで売っていたように思う。
 これが今,なんでも「きっと勝つ」の験担ぎで,受験生に売れているらしい。で,受験生でもない私だが,食べてみた。ノーマルのやつとホワイトチョコレートのやつ。それに「期間限定」の「宇治抹茶」。本来辛党なんだが,チョコレートならば,ビールのアテにはなる。「宇治抹茶」はホワイトチョコレート系で,これが試した3つの中では一番の激甘だったが,それでもアテにいける。「期間限定」という言葉に弱いので,今日は「夕張メロン」味を買ってきた。これはまだ試していない。

2005/02/11(金)

[ Gourmet ]

月遅れの新年会

 昨日は職場の同僚ばかり総勢8人で,月遅れの新年会。まあ9日が春節(旧暦の正月)だったから「新年会」でもあながち間違いではない。去年,歓送迎会も忘年会もやらなかったので,それも兼ねる予定だったのだが,送別すべき人も歓迎すべき人も所用や体調で急遽欠席。結局新年会のみとなる。
 で,場所はいつもの「竹宗」。ここでやるときはもう,呑み代入れての予算だけ伝えて,メニューは全てマスターにお任せである。
 で,おのおの「毛蟹」一匹ずつと「ぶりしゃぶ」(寒ブリのシャブシャブ)の鍋がメイン。毛蟹はまずカニミソを掻き出して蟹酢のなかに入れてしまう。この食べ方が結構いけるんですよ。淡白な蟹の身とちょっと濃厚なミソが交じり合っていい味になる。「ぶりしゃぶ」も刺身で食べるよりあっさりとして私的には良かったです。
 若手で40代という年寄りばかりだから,量はいらないから「美味しいものを少しずつ」とマスターにリクエストしておいたのだが,それでも宴会メニューとなると量が多くなる。途中でベルトの孔を一つ移動させる。焼き河豚と白子のあぶったのが出た頃には,もう満腹状態だったのに,更に〆の「うに丼」と牡蠣入りの味噌汁が出てくる。うに丼は大好物だから,こんなお腹くちくなってから食べるのは勿体ないよぉ。ビールを控えたのでなんとか食べきる。最後のフルーツまでしっかり食べました。

2005/02/14(月)

[ Misc ]

バレンタイン

 アマゾンでオーダーしたCDが来ていたので,早速MP3でハードディスクに入れ,今聞きながら日記を書いている。
 風邪気味だったのか,土日と頭が重かった。バイエルのアスピリンを飲んでも効かない。シオノギのセデスも効いたような気がしない。が,今朝には復活。やっぱり睡眠が一番?
 昨日の夕飯は竹宗へ。座ったとたん「帆立のいいのが入ってるよ」と押し売り(笑)される。刺身,という気分でなかったので,貝殻ごと焼いて貰う。いつもと同じサッポロクラシック+船中八策(司牡丹)×2と定量なのだが,体調のせいかよくまわる。早い時間に帰って「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」のDVDを見る。第一作の「旅の仲間」編。字幕を見るのがメンドイ気分だったので吹き替え。白人の顔は同じように見えて登場人物の区別が難しかった。「ハリウッド映画」なんて久しぶりだったが,さすがは,という感じで,3時間近くの長尺モノなのに一気にみてしまう。原作は30年ぐらい前,邦訳が出てすぐ区立図書館で,リクエストして購入してもらい読んだのだが,映画の方はやっと見た。あと2の「二つの塔」,3の完結編「王の帰還」もあるので続けてみるつもり。
 仕事中,若い子がチョコを持ってきたので,今日はバレンタインかと思い出す。ツレがいないので今年は義理チョコばかり。いえいえ,ありがとう。

2005/02/18(金)

[ Gourmet ]

たれくち今朝しぼり

 酒蔵で朝しぼった酒をその日のうちに飲もうという企画。竹宗で今日だけ入荷なので,小雨の中を早い目に出かけて一番乗りで呑む。うーん,甘口なのにすっきりと呑める。しぼりたての値打ちがあるよね。二杯目はこれも贅沢にお気に入りの「田酒」。ひさしぶりの入荷だ。贅沢ついでに肴はアワビ。竹宗が大きな奴を「押し売り(笑)」しようとする。とても食べきれないので半分だけ。それでも結構な分量だ。適度な歯ごたえと嫌味のない味で,なかなかの上物。
 と今日は贅沢してしまった。でもまあ,いつも思うのだが,歳取って糖尿やら肝臓やらとなってからでは,いくらお金を残しておいても仕方がない。健康に美味しくいただけるうちに楽しまなくっちゃね。

2005/02/19(土)

[ SubCulture ]

塔の崩壊

 「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」三部作を見終わる。いや評判になるだけはある力作ですねぇ。まあ大人の鑑賞に堪えれる日本アニメとは違って,そこはハリウッド。お子ちゃまでもブッ○ュ大統領でも理解できる単純な勧善懲悪物語です。でも原作がいいからなんとかレベルに留まっている。
 特にゾクゾクと来たのが,サウロンの邪悪の塔が崩壊するシーン。9・11のツイン・タワーの崩壊とオーバーラップして,あの感動を思い出しました。悪の象徴を弱者が知恵と勇気で崩壊させたという点ではまったく同一ですよね。そういえば中篇のタイトルは「二つの塔」。サウロンとサルマンと二人の悪役の住むツイン・タワー。奇妙な一致です。単なる偶然?

2005/02/20(日)

[ Misc ]

また,オムライス

 昨日は予報では昼には雨があがるようなことを言っていたはずだが,遅くまでシトシトと降っていた。お蔭で,雨があがるのを待っていて出かけるのが遅くなる。
 とりあえずナンバでジュンク堂へ。急に万葉集を読み返したくなり文庫本を購入する。以前持っていたのは角川文庫版だったので,今回は岩波文庫版上下。コミック売り場へ行くと買い損ねていた冬目景さんの『文車館来訪記』が平積みされていたので即GET。
 遅い朝食しか食べていなかったので猛烈に空腹。なんばパークスへ行く。6Fの「ポムの樹」で「ずわいがにとほうれんそうのクリームソース・オムライス」のSサイズをいただく。欠食児童のようにガツガツと食べる。が,いくら空腹でもやはりSサイズぐらいがちょうどよい。バターライスは結構お腹にもたれるから。
 人心地ついて,コーヒーを追加注文。食事とのセット料金で250円だし,この店,食事時をはずせば落ち着いて読書できることを前回発見した。沢木耕太郎の『深夜特急』の文庫版第2巻を読む。香港を離れバンコクをうろうろしている辺り。
 ラストオーダーを取りに着たので腕時計を見ると9時半。10時閉店だそうなので,切りの良いところまで読んで勘定をする。ブラブラと雨上がりの繁華街を歩き,戎橋の TSUTAYA でDVDを返却。「ロード・オブ・ザ・リング」を見たので,ハリウッドついでで,「ラスト・サムライ」を新たにレンタル。めったに見ないハリウッド物だが,トム・クルーズの「トップ・ガン」は良かった。って,ジェットの轟音が気に入っただけでしたが。あれは20年近く前の映画だろうか? そんなに昔の気がしないのだが,その辺の時の流れに無感覚になっている。
 後は軽く飲んで終電で帰宅。

2005/02/21(月)

[ SubCulture ]

チョン・ジヒョン(全智賢)

 「冬ソナ」を見るときは,「崔志宇」目当てで見てるんですけどね。って,「冬のソナタ」は,12チャンネルの再放送で日本語で見て,DVDで韓国語+日本語字幕で見て,今またBS2の「完全版」を録画してDVD−Rに焼いたのを見直しています。
 と言う前振りで,実は今,ジウ姫より夢中になっている韓国女優が「全智賢」。年末だったか,TVで封切映画「僕の彼女を紹介します」の紹介を見たらスゴク面白そうだったので,早速DVDで以前の話題作「猟奇的な彼女」を見ました。うーん,チョーお勧め!です。あのわがまま勝手,暴力的なところがスゴクいい(汗)。
 で,その乗りで初主演作「ホワイト・バレンタイン」を見たら,なんかもう一つ。「猟奇」の乗りじゃないからかなぁ。でも次に「イルマーレ」を見るとやっぱりいいじゃん。
 で,良く考えてみると「相方の男優」の魅力ではないかと。「猟奇」も「イルマーレ」も,全智賢の相方が,ちょっと「なさけなさそー」で,ジヒョン姫の魅力を引き出していました。それに比べると「ホワイト・バレンタイン」の相方は,「なさけなさそー」を通り越して,ただのプーのオヤジ(!)。そう思うと,「冬ソナ」でジウ姫が光っているのもペ・ヨンジュンがいたからだなぁ,と気付きました。
 という訳で,ジヒョン姫のDVD「4人の食卓」は,レンタルしてきてまだ見ていないわけですが,これは期待に答えてくれるかなぁ,と思っています。「僕カノ」は面白そうなんですが,まだ当分DVDにはならないだろうね。

2005/02/22(火)

[ News ]

「あびる優」

 TVで本人を見たことはないんですが,先週末あたりから「あびる優」という名前のタレントの話題でネットが盛り上がってますね。金曜日の「ちちんぷいぷい」では,サラッと流していたので,「ふーん」ぐらいで聞き流していたんですが,ネットではいろいろと。検索エンジンで「あびる優」とか「カミングダウト」って入れるとズラーッと出てきます。
 まあ,「アホ」が集団窃盗をTVで自分でばらしちゃった,って言うだけの事ですし,放送したのも「しょせん日テレ」っていう「アホ丸出し」の放送局だから,今更うんぬんかんぬん言う気にもなれませんが。
 ただ,こんなことがあるとプライベートな事が一気にネットに流れるのはちょっと怖いですよね。ホントかウソか,父親は歯科医で(医師免許)免停中で,闇金やってて逮捕されて,とか,母親や姉は売れなかったタレントの××で,っとか書かれちゃうんですよね。うーむ。この手の真偽定かでない,けど面白おかしい話題だけは,どんどん広まってしまう世界ですよね,ネットって。

2005/02/23(水)

[ Gourmet ]

うに丼&田酒+ホタテ丼

 仕事がメチャ忙しい。で,忙しかった日は「つか〜れた自分を褒めて上げたい♪」と呑みに出かける。
 と,今日も竹宗へ。カウンターに座ると「ウニ」が目に入ってくる。と,もう頭の中は「ウニ〜☆」状態になる。で,「ちょっと贅沢しすぎだなぁ」と思いつつ,ウニ丼をいただく。今日のウニ「も」良かった。一番の好物です。何しろ北海道では,「あそこの店のウニ丼を食べる」という目的だけのために,バイクで何百キロか走っていく人間ですから,私は。今日は,更にお酒に「田酒」をいただいて,もう言うことナシ。
 余談ですが,丼物の好物の二番は,最近は「ホタテ丼」。といってもそんなメニューは普通の店では見かけないんですが,稚内の某食堂の「ウニ+α丼」にオマケのように乗っているホタテが絶品です。近くの猿払村が,ホタテで有名だから,ひょっとしてソチラの産か。で,稚内近くのキャンプ場で,好みの固さに炊いたコシヒカリに,近所で買ってきたホタテを乗せて,ワサビ醤油でいただく。これがまたイイ,ですねぇ。

2005/02/24(木)

[ Misc ]

夜の雨の運転は

 午後から雨。ときどき強く降る。所用があったので,夕食は近くの蕎麦屋で済ませ,雨の中を車を出す。数年前までは,車やバイクで通勤していたので,日常,市内を走り慣れていたのだが,最近はほどんど乗らない。久しぶりに雨の夜の運転しにくさを思い出す。
 高速では遠回りなので,抜け道を走っていったが意外と時間がかかった。で,帰りは湾岸線から環状線を回り,夜が更けて車の減った阪神高速を快適なドライブ。放りっ放しで薄汚れていた車が,雨に洗われてキレイになったようだ。
 他に特筆すべきこともない一日だった。

2005/02/26(土)

[ Gourmet ]

香港蒸籠で飲茶・中華食べ放題

 最近の土曜日の習慣で難波へ出かける。淳久堂書店へ寄った後,遅い夕食をとりに難波パークスへ。6階の「飲茶・中華食べ放題・香港蒸籠」の前を通ると,いつもの行列がない。で,今日は中華と決めて入る。
 喫煙席は丸テーブルしか空いていないので,相席でお願いしますと言われたが,空いていたようで結局6〜8人掛けのテーブルを一人で占領。
 2000円で2時間食べ放題のバイキング形式。味の方はというと,まあ「お値段レベル」,街の中華と変わらない。点心とお粥・スープ類は,ワゴンで回って来る。他は壁のコーナーへ取りに行く。麺類もあるようだ。が,点心が4種類だけと貧弱。で,4つとも頼んだが,これでは「飲茶」とは言えないよね。
 「点心」なら近所の中華料理店でもあるのだが,日常一人で食べるときには何種類も頼めない。その辺がバイキング形式の良いところですね。蟹玉でも蝦チリでも麻婆豆腐でも…と何でも少しずつ選んで食べることができる。十数種類の料理を食べて満足しました。貧乏性なので食べ放題と聞くと食べ過ぎるのが難点か。すっかりお腹一杯になりました。

最新記事 今月の最初の記事 目次 分類 << 前月 翌月 >>

Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2005, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama