Content-type: text/html
Sojin Project / Free Software HOME | SiteMap | Touring Impression | Free Software | Bookshelf | Diary

Junk Box

HOME > Free Software > Junk box
おジャンクなソフトたち(とりあえず LifeGame,Windows用画像表示ソフト,Xの色名一覧,マーフィの法則)
ページ内のリンク → Java Script Borland C++ Builder 資料 データ

Java Script

lifegame.html - Microsoft Internet Explorer - misc.

 昔懐かしい LifeGame です。IE4.0 以降で動作するはずです(ネスケ不可)。ただ IE5.5 と 6.0 でしかテストしていませんので,ひょっとすると古いバージョンではうまく動かないかもしれません。
 JavaScript とスタイルシートのみで実現しているので,ブラウザに読み込んだ後はオフラインでも動き続けます。
 結構重いので非力なCPUの場合は,コンピュータの反応が鈍くなるかもしれません。単にスクリプトの実行に多量のCPUタイムを喰われているだけですので,更新間隔(interval)を大きくして下さい。逆に速いCPUなら表示領域を大きくできます。なお上記リンクを右クリックして「対象をファイルに保存」すると,各設定の初期値を書き換えてローカルで実行できます。また creature を「○」のような全角文字にするときは,blank も全角にし,line-height を 14px ぐらいにすると具合がいいようです。
 ※うまく落とせないときは → lifegame.zip (4kb)
※Windows XP Service Pack 2 では,次の操作を行う必要がある場合があります。
 上部に表示されるステータスバー「セキュリティ保護のため」の警告をクリック → 「ブロックされているコンテンツを許可」をクリック → ダイアログ「このファイルでアクティブ コンテンツを実行しますか?」で「はい」を選択
PageTop

Borland C++ Builder

EasyView - Microsoft Windows - Image viewer

 画像ビューアです。最初に起動すると「追加」ダイアログが開きますので,左下の「マスク」でファイルマスクを指定して,開くファイルを選んで下さい。
 コレクションした多量の画像を寝転びながら気楽に見れるように,というコンセプト(?)です。
 単体ではBMPやアイコンなど Windows 標準の画像ファイルしか読めませんが,susie プラグインが使えますので,たいていの画像形式(特にゲーム系)はプラグインさえ見つけてくれば読めると思います。「ファイル」メニューの「プラグイン設定」で,susie プラグインのあるフォルダを指定して下さい。
 レジストリをいじりませんので,アンインストールはエクスプローラなどからファイルを削除するだけです。起動すると設定ファイル EasyView.ini を,ヘルプを開くと EASYVIEW.GID(hidden) を,EasyView.exe と同じフォルダに作ります。
 その他,詳しいことはヘルプから参照できます。
 ※ソースファイル →
evsrc020.zip (1,636kb)
 ※実行ファイル → evexe020.zip (341kb)
PageTop

資料

X color name list - Unix(FreeBSD/Linux) - html document

 Xの色名一覧です。
 Eterm -fg white -bg black と指定して実行する場合や,設定ファイル .Xresources などで色を指定する場合に使います。
PageTop

データ

マーフィの法則 - Unix(FreeBSD/Linux) - text file

 fortune のデータファイル日本語版「マーフィーの法則」です。
 十数年前,アスキーネットのどこかで拾ってきて,加工して古いHDに眠っていたものを fortune 用に戻しました。どなたが訳されたのか分からなくなってしまいましたので,ご存知でしたらご連絡下さい。サーチエンジンで検索しても見当たらないようですので,ここに入れて置きます。
 使い方は同梱の README を参照して下さい。 → 
murphyjp.tgz (10kb)
PageTop
Sojin Project http://www.kgym.jp/
© CopyLEFT 2004, Sojin Project / Masaaki 'Jack' Kageyama